1月23日

内装を作り上げていく中で、無くてはならない・・・必要不可欠だったもの。

それが、ヨーロッパのアンテイーク什器でした。

ネット等で色々と探してみても、やはり実際に見てみないことには

状態や質感が分からないのでイメージが湧き辛く、なかなか購入までに至らず。。。

悩んでいたところ、仙台にあるHYGGEさんという

ヨーロッパのアンティーク家具を取り扱うお店を紹介して頂きました。

実際に店舗に足を運んでみると、そこはまるでヨーローッパの古民家を思わせるような

空間が広がり、それは私たちが求めていたイメージそのものでした。


これらは、店主の沼倉さんが実際に一人でヨ-ロッパまで足を運び、

一点一点自分の目で見て、触れて厳選された家具たち。

中には自らの手で修理をし、新たに命を吹き込んだモノもあります。

それは、私たちが取り扱う洋服にも精通している部分があり、

着れば着るほどに愛着がわき、クタクタになり

穴が開いても修理してまで着たくなるような・・・

そんな長きに渡って、大切にされる洋服を提供したいと強く思います。

HYGGE沼倉さん、受け継いだ家具は大切に扱わせて頂きます。

rasiku sasaki

PageTOP