6月30日

ここ数か月、自分自身の中に新たに発見した事・・・と書くと大袈裟かもしれないですが
改めて感じている事を書こうと思います。

盛岡に来て、僕自身の今までの考え方を変えるキッカケになる店・人との出逢いがありました。

キッカケとなったのは、盛岡ではもうお馴染みの家具屋「Holz」さん
そして店主の平山さん。更にはHolzで購入した「PePe Sofa」との出逢いでした。
恥ずかしい話、今まで『家具』という物に関して何か強い拘りがあったわけでも無く
何となくで揃えれば良いかなぁ・・・ぐらいにしか思っていませんでした。
何でも良い訳では無かったのですが、家にある家具で想い入れのある物は無かったのです。

札幌から盛岡へ引っ越す際に、以前使用していたソファーが壊れてしまい
捨ててきたのを機に、盛岡へ来てから購入しようと考えていました。
たまたま僕の友人が平山さんと知り合いだったこともあり、すぐに紹介してもらい
店のオープンに関しても、物件を紹介して頂いたりと非常にお世話になりました。
また、自分の人生の中でもこういった個人で『家具屋』を経営する方との出会いは初めてに等しく
平山さんとの話(家具以外のことの話も沢山)は、今まで自分の中で広がる事の無かった部分が
開かれていくような感覚。。
また、店内にある家具の一つ一つが平山さんの拘って選び抜いたものである事も
その空間からは十分に伝わってきました。
自分たちが提案する対象は『服』。その対象が違うだけで、やりたい事や伝えたいことには
共通している所や、そう在りたいと思える部分が多々あり、
一瞬にしてHolzという店と店主の姿勢は自分たちの憧れの店となったのです。
そういう理由からも、せっかくソファーを買うんだった、Holzで選びたい!
という気持ちで、引っ越してきたその日にHolzへ伺いました。

予習は必要だ。。と、前もってHPで調べてはみたものの
その時は正直、家具ってこんなに高価なんだ・・・と思ってしまいました。

ですが、そういった気持ちは実際にモノに触れてみてすぐに消え去りました。
今まで自分が使用していたモノとの、あまりの差に衝撃を受けたのを鮮明に覚えています。
腰を掛けてみて、思わず顔がニヤリとしてしまう程。
「全然違う・・・」
家具に関しては全くの素人の僕にでも、その差はハッキリと判りました。


オーダーをして約2か月後に自宅に届いた時は、嬉しくて仕方ありませんでした。
今では家に帰ってソファーに座る度に、幸せな気分になります。
普段の何気ない暮らしの中に、少しの幸せがあるっていう事は素敵だと
服以外の事で、新しい感覚を手に入れた瞬間でした。
と同時に何故今までこういう服以外のモノへ目が向かなかったのか。。
ほんの少し悔しい気持ちにもなりました。


その事をきっかけに、「衣・食・住」自分たちの暮らし方について考えるようになりました。
洋服にも言える事ですが、ただ価格が高価だから安価だからという判断ではなく
どんな物でも『モノ』として、フラットな目線で見れるようになり
自分がそれをずっと愛着を持って使い続けたいと思うかどうか・・・
自分の価値観やライフスタイルに合ったものなのかどうか・・・
暮らしにまつわる様々な物に対し、自分たちの心と体が豊かになれるものに囲まれて暮らしたいという想い。
それと同時に、そういったものを生み出す生産者やお店を支持したいという気持ちが強くなりました。


有難いことに私の周りにはHolzさんをはじめ、そういった本質と向き合ったお店や
モノの価値を大切にしている方々、丁寧な暮らし方をしている人が沢山います。
そういった環境や人との出逢いは、自分たちにとって生活に変化が生まれる程の刺激にもなっています。
それでいて、自分達のお店をどうしていきたいかという勉強にもなり、目標でもあります。
本当に幸せな場所にいると思えるのです。

勿論、rasikuも洋服を通してモノの価値をキチンと伝えられるお店でありたいと思っています。
洋服を着るという当たり前の日常に小さな幸せを感じて貰えたら
rasikuと服との出逢いの中で、何かしらの心の満足を感じて貰えたら
私達にとって、そんなに嬉しい事はありません。

昨日(29日)でオープンから5か月
まだまだ勉強と考える事が沢山の日々ですが、頭の中にあるイメージを一つ一つ実現し
なんだか面白いお店と感じてもらえるように、
僕自身がアンテナを張って、様々な事に興味を持ち続けていきたいと思っています。

店主    佐々木 高広

PageTOP