SO-EN


盛岡市菜園にあるApartmentさんが8月号の装苑に掲載されています。
店主の小山さんは東京出身で、旅で訪れた盛岡に魅せられ移住しApartmentとという場所を創り上げました。
僕自身も神奈川県出身で、この土地に何か感じるものがあり移住を決めた・・・そんな似た境遇であった事と、
店を始める前に縁あってお話を伺った時に、テイストは違えどファッションや文化に対する想いや
目指す方向性(盛岡に今までに無いモノを提案する)は、自分のやりたい事と通じる部分があり
Apartmentというお店と、小山さんご夫婦にあの時出逢えたことで
独立するにあたり、改めて気持ちが引き締まった様に感じています。


洋服だけに限らず、店内に並ぶアートブックやファブリックケアアイテム
最近ではMorris Kitchenのオーガニックシロップが7月に入って販売が始まったりと
そこに行けば、何か見つかる・・・そんなワクワクが目一杯詰まった空間。

僕自身も、なんだかおもしろいと思う店を目指していますし
またこういったお店が盛岡に更に増えていったらいいなと思うのです。
実際に足を運び、自分自身の目で見る・感じる事って大事です。
是非!!

7月7日

夏の青空の下、
一際、力強く元気一杯に咲く
HIMAWARIのような・・・
夏の青空が似合うシャツ
EELより届いています。

EEL       HIMARARI SHIRTS

color      青/白水玉    紺ギンガム    緑/紺ギンガム

price      14490-

size          S    /    S    /    XS
色鮮やかなブルー。
着るだけで、まずは外へ出掛けたくなるような
とにかく夏が似合うシャツ。
むしろ夏だからこそ、このぐらい明るい色を着て気分をあげるというのも
夏の洋服の楽しみ方の、一つなのかもしれません。


白く厚みのある貝ボタンも好印象
衿の立ち方、ロール具合
ご覧の通り、とても綺麗なので
カジュアルな中にも品の良さが伺えます。


半袖の袖はダブルの仕様、バックにはプリーツが入っていて
プルオーバーでありながらもスッキリとしています。
スタイルも黒やネイビーのダーク系なボトムに靴も革靴・・・というような
思い切りシャツが主役な着こなし、素敵だと思います。


お色違いで、紺ギンガムと緑/紺ギンガムがあります。
どちらの色合いも年代は問わず、ベーシックなパンツやスカートと合わせて
着て頂けるカラーリングだと思います。
スタイリング写真では土っぽさのある軍パンを合わせてみましたが
ネイビーのチノパンなんかも良いですし・・・
デニムでも・・・きっと良い。

サイズはすでに欠けていて偏りがございますが
HIMAWARI SHIRTS、ぜひお試しください。
rasiku sasaki

PageTOP