7月24日

いよいよ夏本番?
かと思いきや、涼しい・・・むしろ肌寒い。また別の日はじとじと雨降り・・・
どんな服を着たらいいか、もはや今、何が欲しいのか分からない。
なんて声もちらほら聞いたり聞かなかったり。
という事で、お勧め?というか今、自分の中で気に入って穿いているボトムのご紹介を。

A vontade  Classic Chino Trousers Ⅳ

color      BLUE INDIGO

price      18690-      

もうBLOGで何回も紹介してきました、こちらのPANTS。
僕も週に2回は必ず穿いている、ワードローブに欠かす事の出来ないアイテムの一つです。
INDIGO BLUEは今期の新色で、上記の写真は3か月前に購入したモノを
丈詰めをし、着用を繰り返した私物になります。

色も少しずつ落ち始めてきて、生地も購入時よりも柔らかくなり
自分の身体のラインにも馴染みよく、良い具合にやれてきました。
穿き心地の良さも穿くほどに増し、こうなると愛着も湧きますよね。 
僕の中では、5ポケットのデニムと同じような感覚でコーディネートする事が多く
革靴、スニーカー、サンダルと特にスタイルを選ばずに穿けるという所も
このPANTSを気に入っている理由の一つです。


着用アイテム
EEL         バイオリンベスト  
FilMelange    DIZZY
ALDEN       V-TIP

着用アイテム
FilMelange   JHON2
ADIDAS     GAZELLE

FUJITO      Stand Coller Shirts 
FUJITO      Leather Belt Narrow
paraboots    CHAMBORD

EEL          陶器釦のポケTEE
BIRKENSTOCK  ZURICH


通常の状態

一折した状態

二折りした状態

案外重要なのが、PANTSの丈。
店頭で接客をしていて、特に男性の方は、購入時のままの丈で穿いている方が多い様に感じます。
裾に大きな溜りが出来てしまい、靴とのバランスやシルエットも台無し・・になってしまうんです。
足元だけでの写真で、分かり辛いかもしれませんが同じPANTSと靴でも
丈の長さだけでも大分、雰囲気変わると思います。

勿論、すべてを丈詰めしなきゃいけない何てことはありませんが
穿く方の身長やスタイル、そしてPANTSの特徴に合わせた「丈」ってあると思うんです。
小さな事かもしれませんが、逆に言いえば、そういった小さな事で
全体のバランスの良し悪し(格好良いか悪いか)が決まる。・・・と思っています。

ちなみに僕は「Classic Chino Trousers」は気持ち短めくらいが好みで
足を上げると、踵が少し見えるくらいに丈詰めをして穿いています。
そんなPANTSの丈事情も含めて、今日は僕の今の一押し商品のご紹介でした。
是非、店頭でご覧になってみて下さい!!

rasiku sasaki 

PageTOP