7月29日

よし、いつもの独り言を書こうかなとカレンダーを見ると、ふと・・・
今月の29日。。オープンからちょうど半年が経つんだと気が付く。
オープン当初の、想像をはるかに超えた、盛岡の凍えるほどの寒さが大分昔の事の様に感じていて
梅雨明けと共にやってきた、暑い暑い夏・・・めまいするほどの暑さに
あの冬の寒さが少しだけ恋しい。でもきっとすぐに冬がやってくるんだろう・・・

お店をオープンし、最初の半年間、僕自身が一番に心掛けていたこと。
それは、先ずお店を知ってもらい、実際に足を運んで貰うということ。
これだけインターネットが普及し、家から一歩も出ずに情報が手に入り、洋服でもなんでもが購入出来る時代。
勿論、利便性という面においては、これ以上に楽な事はないですし、
いちいち出掛けずに、人とコミュニケーションを取らずしてモノが手に入れられる。
価格という面においてもポイントサービスや送料無料など・・・
店舗で購入するよりメリットが多いというのも頷ける理由です。

そんな便利な時代だからこそ、大切にしたいと思う事が明確になってくる。
僕自身もそうであったように、実際に時間をかけて自らの足でお店に行くということは
画面上で見たり、聞いたりする情報よりも遥かに確かで、勉強になる。
お店の方との会話をし、建物や内装から漂う空気感を肌で感じる
そして、自分には想像もしなかった新しい提案や発見がある。
そこで人との繋がりが広がる事もあるし、
そういった場所で出逢い気に入って、やっとの思いで手にした洋服やモノは
少し背伸びをしたり、贅沢であったとしても想い入れが強い分、大切に出来ると僕自身は思っています。

僕にとって洋服屋は、そういう場所であったからこそ
自分がこうしてお店を持った以上は、ここに来ることが楽しいと
思って頂ける様な場所で在りたいと思いますし、少しでも服を好きになってお洒落を楽しんで
いつもの日常が幸せに感じられたり、出掛けることが楽しくなったりしてほしいと思います。
そんな人が増えたら、盛岡はもっともっと素敵な街になる・・・
だからこそ、自分自身も服屋としての責任感を常日頃からもち
自分がセレクトした商品、お取引き先のブランドのイメージや想い
モノの本質をきちんと伝えられる店で在り続けたいと思います。

今こうして、半年が経ち
何度も足を運んで下さる方、また秋田・仙台・青森・関東などの遠方から
わざわざ何時間も時間をかけ、ここまで来て下さる方。
また、私達以上にこのお店の事をお客様に紹介してくださったり
BLOGに載せてくださる周りの人たちの優しさと支えを、日々感じています。

今後、自分の目で見て良いと思ったモノをrasikuのフィルターを通して
この場所から発信し、来て頂いたお客様がより楽しめる空間を創っていくこと
それが自分達の役割と、精一杯今出来る事なのかなと思います。
今季の秋冬からは、僕自身オープン当初からいつか必ず店に並べたいと思っていたブランドが
念願叶ってお取扱いする事が決まり、また新たに立ち上がった新ブランドも展開が始まります。
今まで少なかった小物も充実する予定ですので、何より自分達が楽しみで仕方ないですが・・・
これからゆっくりじっくり紹介していきたいと思いますので
今後のrasikuにどうぞご期待ください。。。

店主   佐々木 高広

PageTOP