9月25日


昨日のBLOGでご紹介した、Tricker’s
本日はレディス様にオーダーしました、monkey bootsをご紹介いたします。

Tricker’s       6077

COLOR        BOX CALF(MOCCASIN BROWN)

price         65100-

size          5  /  5H  /  6  /  6H 

Tricker’sのラインナップの中で、カントリーシリーズに次いで人気のあるレースアップシューズ〝monkey boots″
アイレットが7ホールと9ホールの2種類あるのですが、今回は履きやすさを重視し7ホールのタイプでオーダー。
rasikuが提案する洋服のイメージは格好良さと可愛らしさの両面を持ち合わせた女性。。。
そのどちらのスタイルにも似合い、雪国に耐えれる強さと上品さがあるこの靴は
イメージにぴったりだと思います。

monkey bootsの特徴として、トゥ部分がやや細身に出来ています。
FITTINGもメンズが「5」に対してレディースは「4」という幅で仕上がっています。
履き込むうちに徐々に広がってきますが、最初のうちは少し我慢が必要かもしれません・・・
大きく突き出しているの「コバ」も特徴の一つです。。


ソールはメンズ同様に、コマンドソールを採用。
冬場に雪道でもタフに穿く事を想定しているのと、monkey bootsとの相性の良さも考慮しています。
これさえあれば、盛岡の冬でも足元をお洒落して出掛けられますね。


LEFT  新品                                            RIGHT  私物

履き始めてから一ヵ月、大分、足に馴染んできました。
適度に柔らか味を帯びた革は、フィット感も歩行性も良くスニーカーに近い感覚で履けます。
但し、最初の1週間くらいは我慢が必要です(笑)
磨いていると、革が生き生きするのも分かるので、靴磨きにも力が入ります!!


メンズ同様に、幾つかテイストの異なるボトムで合わせてみました。
個人的には女性でもWOOLのPANTSで渋く合わせて、トップスにはマウンテンパーカー・・・
なんていうのもしてみたいスタイルです!
雪の降る土地では、どうしても足元は防寒・防水が重要になってくるので
足元にまで気を遣っても・・・と思ってしまうかもしれません。
ですが、そういった厳しい環境だからこそ、Tricker’sのように外見と機能を兼ね備えた、
俗に言う「一生モノ」と言われる靴を手にしてみるというのも
またこの季節を一緒に過ごす、相棒の様な存在で良いのかもしれません。

愛着もってお手入れして頂ければ、10年以上もしくは次の世代まで確実に履いて頂ける逸品です。

rasiku sasaki

PageTOP