11月27日


-NOR’EASTERLY-
1929年創業の、スコットランド北東部にある伝統的なニットファクトリー。
厳選された良質の国産シェットランドウールによるニットウェアを手掛けるメーカーです。
旧くは漁師たちの着る高品質なニットウェアを作っていました。
シェットランドウールとは、 スコットランドの北シェットランド諸島に生息する羊からとれるウールで
冬の寒さの厳しい地域に生息する為、自然とウールの質も保温性の高い物となります。


NOR’EASTERLY     L/S CREW NECK

color         Oyster     /     Nutmeg

price         12600-

SIZE         34 / 36         34 / 36
color         New Navy    /    Petrel    /    Ocean Force

price         12600-

SIZE         34 / 36         34 / 36        34 / 36


rasikuでは、数ある型の中から今シーズンはクルーネックタイプをセレクト。
何変哲もない、このベーシックなデザインこそが最大の魅力でもあり、
この良質なシェットランドウールという素材こそが、このニットの魅力だと思います。
シェットランドの特徴として、軽くて保温性が高いのが挙げられます。
インにシャツを合わせシンプルに・・も勿論良いですが、あえて潔く薄手インナーの上にさらりと。
どちらかと言えば、カットソーを着る様な感覚で着て頂ければと。

着始めは、ややテンションがきつく感じるかも知れませんが、着ていくうちに身体に馴染んできますので
ジャストサイズまたは少し小さめを選択される事をお勧めいたします。
着方の好みはあるとおもいますが、ジャストサイズで着た方が雰囲気は断然いいです。
軽くて肩も凝らず、アウターの中でも嵩張らない程よい厚さ。
女性にとっては嬉しい、加減の良さがこのニットにはあります。


特に、ここ盛岡や雪国には欠かす事の出来ないニット。
ニットをお探しの声も多く頂いています。厳しい冬の環境下で暮らす人々にとっては
やはり保温性のあるニットは、暮らしの中に必要不可欠なモノだと改めて感じました。
ですが、今や日本ではニットを生産できる工場はとても少なくなってきており
それでいて雰囲気の良いモノを探すと、価格とのバランスが難しくセレクトするにも悩むアイテムの一つだったりします。
NOR’EASTERLYに関しては、コストパフォーマンスに優れ、またカラーバリエーションも豊富で
定番として、まずは一枚持っていて間違いないアイテムだと思います。
定番カラーと差し色の全5色ご用意しましたので、ぜひ着比べてお好みな色を手にしてみてください。

rasiku sasaki

PageTOP