11月29日


EEL       オーロラマンコート2.5

color      ネイビー

price      52990-

SIZE      S / M / L


EELから、毎シーズン定番としてリリースされている”オーロラマンコート”
その名が示す通り、オーロラを見に行っても耐えうるだけの暖かさを備えたコートを作りたいという
デザイナーの想いがカタチになったヘビーアウターで、今回はバージョン2.5として登場です。


超高密度に織られたコットン100%に、撥水加工を施した素材を使用。
生地を触った感じは60/40クロスと間違えるくらいの張りがあり、雨風は間違いなく防いでくれそうです。
但し、GORE-TEXのように半永久的なモノではないですが、街着としては十分な機能を発揮してくれます。

フロントには大小合わせて4つのフラップポケットを完備。
このポケット機能面は勿論ですが、なんとも”らしい”デザインで遊び心を擽ります。

このコートの特徴として、開けてきた場合と締めてきた時の表情の差が大きく出るあたりが面白く
特に締めた場合は、クラシックなマウンテンパーカーのような雰囲気で、ここ盛岡の冬を過ごす事を考慮すると
このバランスで着る機会の方が、実際には多いのかもしれません。


マチ付の大きなポケットは、ハンドウォーマーポケットになっていて
この機能があるないでは、大きな差が出ると個人的には思っています。

ライナーは身頃のみで、ZIPで簡単に取り外しが可能。
僕自身も、この手のアウターは好みで色々と着てきましたが、最大のメリットとして着用出来る期間が
長い事が挙げられます。中に着込めば真冬も対応できますし、3シーズン対応可能な万能アウターは
基本の一枚として、押さえておいて間違いないと思います。

お客様と接客をしていて盛岡という土地柄、アウターに対する考え方や拘りが強いと感じています。
北国であればそれは当たり前じゃないのか。とも思われそうですが、
自身、転勤を繰り返してきて、同じ雪国でも考え方は異なるんだなと感じたのです。
それは実際に住んでみて分かった事ですが、中途半端なアウターが通用しない気候である事
アウター=防寒着としての機能、これが優先でデザインやファッションとしての側面が2の次3の次になってしまうのは
ある意味仕方のない事だとも、寒さを直に体感し理解しています。

ですが、僕らは洋服屋なので、自分達が最大限提案できるファッションとしての側面も伝えながら
盛岡の冬をより温かく大切に過ごす、『装い』をきちんと提案していきたいと思っています。
今週末にもアウターが入荷予定なので、是非自分自身のライフスタイルに見合ったお気に入りの一枚を
見つけにいらして下さい。

rasiku sasaki

PageTOP