12月14日


ATHENA DESIGNS     CREW NECK

color                NAVY   /  NUTMEG  /  LT GREY    

price                29400-

SIZE               38 / 40     38 / 40    38 / 40

前回レディースでもベストタイプのモノをご紹介しましたが、メンズではクルーネック・襟付きカーディガンを展開しています。
冬の寒さも本格的になってきましたが、そういった厳しい冬が当たり前にやってくる環境だからこそ本当の意味でニットを必要とし、その良さも知っているのが北国で暮らす人々なのでは・・・。
天気予報を見ては、朝の氷点下の気温にやや緊張しながら、身を以てニットの保温性を体感しています。

程よい重みがあり、ざっくりと編み込まれたローゲージタイプのニットは決して”着易い”とは言えません。
表現の仕方としては”徐々に身体に馴染んで慣れてくる”というのが正しい言い方の様に感じます。
ですが保温効果は抜群で、元々は北欧やアイルランドの漁師たちが着た防寒用の手編みセーターであり、現代のようにファッションという捉え方ではなく、寒さから身を守る”道具”に近い感覚で着ていた背景を考慮してもその機能面(暖かさ)というのは、特に北国の方には十分に伝わるのではないでしょうか。

クルーネックの首元は少し高く設定されているので、B.Dシャツとの相性が良いです。

袖口は風などが入りにくい設定で、テンションがきつめですが着ていると徐々に馴染んできます。

続いて・・・

ATHENA DESIGNS   CARDIGAN WITH COLLAR

color              NAVY    /   NUTMEG   

price              31500-

SIZE              38          38

同素材を用いたウッド釦が特徴の”CARDIGAN WITH COLLAR”
ざくっと被るだけで、着方も選ばないプルオーバータイプも良いですが、
着回しが効き、様々なバリエーションでスタイルを楽しむとなればこちらのタイプをお勧めします。

着方としてはコーディネート写真のようにシャツ+タイに合わせてJKT感覚で綺麗に着るのも良いですしカジュアルにボーダーTシャツ等の上からカーディガンとして羽織るの勿論お勧めです。

本格的な冬のシーズンは、Barbourのようなオイルドジャケットのインナーとしてクラシックなスタイルで着るのもここ盛岡という土地においては、決してオーバースペックではありませんし、むしろ寒さ故に出来る格好を、この際楽しんだ方が良いのでは?・・・と思う様にしています。笑

ここ最近は、様々なブランドがこぞって温かさをうたったインナーなどをリリースしていますが
そういったモノとは無縁の、クラシカルな”ハンドメイドニット”で冬の寒さを乗り越えてみるというのも
本当の意味でのモノの価値や機能性が分かる、一つのきっかけになるのではないでしょうか。

私自身もここ最近の寒さで、耐えきれずにコチラを購入しましたが温かさがまるで違います。
手の温もりが伝わるニット、気になった方は是非、店頭で実際にご覧になってみてください。
週末、お待ちしております!

rasiku sasaki

PageTOP