12月15日

homspun/kvivitの今期オーダーの最終便が届きました。
kvivitのコートは特徴として、袖が7分・8分と短いという点があり
盛岡の冬の事を考えると、オーダーをするかしないか少し迷いました。
ですが、この見た目の他に類を見ない構造と、可愛さにしびれ・・・
堪らずオーダーしてしまいました。
自分ならどう着るか、またどの様に着て頂けるかを考えるのも、
そんな話をする事も、楽しみでもあるかなぁと思っております。

kvivit         ハーフフードC.O

color          カーキ

price          47250-

SIZE          F


生地は見た目にも重厚感のある目の詰まったメルトン地ですが、そこまでの厚さが無いので
女性が着るにも疲れない程よい重さ。
何と言っても頑丈なメルトンは着ていく事で生地に風合いが出てくるので
少し経った時からが、コートも馴染んできて着易さと生地感を共に楽しめるのでは。

身頃・袖幅はややタイトな作りで、中に沢山着込むといったイメージでは無く
温かいインナーにニットを着て、そして冬小物をプラス・・・といった着方がベスト。
ちらっと見える袖部分は、色で遊んだり柄を見せたりと様々に楽しんで頂きたい。

Kvivitの洋服の面白さは、そのデザインにもあります。
一目見たら人の記憶に残るような、そんな服。それがkvivitの洋服。
写真で伝わればいいのですが・・・パーツごとにじっくり見て頂ければと思います。

本体の重厚な雰囲気にも引けを取らない、品のある大きな釦。
手袋したままでも留めやすそうです。

フードの端に付いたチェックの布からも、自由な遊び心が伝わってきます。
付けてみたかったので付けてみました・・・そんな具合で。

小人の帽子の様なフードの形も。。

内側まで・・・

ベーシックで安定感のある洋服は勿論良いんです。
芯は残しつつぴりっとした部分や、可愛らしさが見え隠れする
そんなkvivitの服は、見ても着ても楽しいのだと思います。
ぜひ、気になった方はお早めに!

rasiku sasaki

PageTOP