TATAMIZE

IMG_5220
昨日の定休日を利用して、今シーズンから取扱が始まるブランド“TATAMIZE”のデザイナーの方に
お逢いする為に、朝7時半出発で一路仙台へ!
IMG_5227
TATAMIZEのデザイナーさん、ご出身がなんと紫波。
自分達がずっと『お店に展開したい』と思っていた服を実際に作っている方が
岩手出身であり、そして有難いことにご縁が繋がり、お取扱いを始められるという事、
しかも仙台という比較的近い場所でお仕事されていて、こうしてアトリエにお伺いしたり
直接お話が出来るという事も、僕達にとっては、とても幸せな事だと感じています。
IMG_5253
その前に少し寄り道を・・・
先ずは、仙台市泉区にある”泉プレミアムアウトレット”へ。
私が5年くらい前に、泉に住んでいた頃に出来た大型ショッピング施設で、
久しぶりに足を運んでみたくなり、ほぼ開店と同時に入店。笑
まだ人も疎らな館内を1時間くらいぐるぐると回り、掘り出し物も数点見つけてきました。
IMG_5298
お昼頃、今回の目的である、TATAMIZEのアトリエがある”仙台マンション”へ
このビルには様々なテナントがありますが、その中でも仙台を代表するセレクトショップ“On The Earth”さんが
入っている事で有名です。私も仙台に住んでいた頃は、良く足を運ばせて頂いたお店の一つで
特に”SAINT JAMES”の品揃えに関しては圧巻の一言です。
仙台に行く機会があれば、是非足を運んで頂きたいショップの一つです。

IMG_5275
TATAMIZEのアトリエはビルの3階にあります。
アトリエですので、商品の販売は行っていません。あくまでも、アトリエです。
TATAMIZEの服は一階下のOn The Earthさんにて購入が出来ます。
ただ、入口を見ても既に、何かただならぬ雰囲気が伝わってくるので、
何をしている場所なのか、気になる方は少なくないはず・・・だと。
IMG_5257
今回はお願いして、TATAMIZEが生まれるアトリエを撮影させていただきました。
IMG_5260

IMG_5262

IMG_5266
隅々まで、どこを見渡しても世界観の感じられる空間。
作業場と言うと、何か雑多でごちゃっとした様なイメージですが
とても綺麗で、コンパクトな中にも、表現したい物がぎゅっと詰まっているような
それでいて気になるセンスある小物がさらっと置いてありました。(イエモノもありました♪)
IMG_5267

IMG_5271

IMG_5279

IMG_5282

IMG_5284

IMG_5290
今お取扱いしている他のブランドもそうですが、
TATAMIZEというブランドも、人との繋がりがあってこそお取扱いする事が出来ました。
札幌に居る頃から気になっていたTATAMIZE。
お店を始める前に福岡へ旅をした時にも、とあるお店の方から「良いですよ」とお勧めされたり。
お店を始めてからも、何人かのお客様がTATAMIZEを着ていらっしゃるのを見たり、
お話を聞くうちに、またTATATMIZEさんのBLOGを拝見していく程に、
この方が創る服を、着てみたい、取扱いをしたい。そんな想いが膨れあがっていったのです。

TATAMIZE (タタミゼ) はデザイナー自身がパターンを引き、生地を裁断し、縫製し
仕上げるブランドとして2004年にスタートしました。
現在は、工場生産にしていますが、パターンと工場へのサンプルは、デザイナーが手掛けています。

『ハンドメイド』というのが、どこからどこまでの事を指すのかはわかりませんが
紙の上のデザインが製品となるまでには、様々な工程があり、
その工程の数だけそれに携わる人の手があります。
物をデザインする方法というのは1つではございませんが、TATAMIZEのデザインは
そのモノが作られるまでの工程や手の感覚をデザイナーが理解する事から生まれていく事を
大切にしております。
素材、パターンと縫製、その全てがその商品にとって最良のモノである事で、
初めてブランドらしさが生まれ、初めてデザインできるのだと思っております。

毎シーズン特定のテーマを持たず、定番商品を出来る限り多く作っていく事を大切にしております。
良い商品は継続して生産し、定番化して修正しながら永く愛されるモノ作りを心掛けています。
※TATAMIZE資料より

2013S/Sより、rasikuでも展開スタートとなりました。
僕自身も率直に、TATAMIZEの服を手にし、着て、とてもワクワクしています。
ですし、とても想いの込められた服だと感じます。
rasikuとしても、自分達らしく丁寧に提案し、盛岡の方々に気に入って着て頂けたら・・・
そんな風に思っております。

PageTOP