3月7日

IMG_7520
1793年 イギリスにて発祥。
JABEZ CLIFF(ジャベツクリフ)は、英国で200年以上の歴史と伝統をもつ 馬具メーカー。
馬具以外にも、熟練した職人が最高品質の革・材料を使い、 鞄やベルトを製造。
1990年には製品の質の高さが認められ、英国王室御用達の証がエリザベス女王2世より授与されました。
オリンピック馬術競技のイギリス代表チームが使用する馬具のオフィシャルサプライヤーでもあります。

IMG_7509
JABEZ CLIFF      LEATHER BELT

color            BLACK         /         HAVANA

price            8925-                 

SIZE           30 / 32 / 34 / 36         30 / 32 / 34 / 36
IMG_7516
rasikuでベルトの取り扱いは、昨年の春夏にFUJITOのレザーベルトを展開して以来になりますが
今回はイギリスで200年以上続いている馬具メーカー”JABEZ CLIFF”の28mmタイプをセレクトしました。
何と言っても特徴は、ベルト本体に厚さ5㎜のブライドルレザーを用いている点。
バックル部分には、レザー同様に経年変化が楽しみな雰囲気抜群の真鍮を組み合わせています。
IMG_7513
ベルトの穴には一つ一つ数字が刻印されています。
これは左右の鐙(あぶみ)の高さを合わせる為の馬具用品のデティールとしての名残だそうで
こういった点も、心を擽られる部分の一つではないでしょうか。
IMG_7517
この厚みが他にはない強さと、しなやかさを生み出します。
“質実剛健”という言葉がぴったり当てはまりそうな、見た目・品質・耐久性のどれをとっても
非常にバランスの良いベルトだと思います。
IMG_7480
デニム・チノ・カーゴ等々どんなボトムスとも相性が良いうえに、ベルトの幅も同じくどんなボトムスにも合う様
万能サイズの28mmに仕上げてあるので、ベルトループに通らないという心配も要りません。
IMG_7489
個人的にも現在2本を愛用していますが、3本目(BLACK)を購入しようかと検討中です。
そう思わせるくらい、私にとって今や無くてはならないモノの一つです。
特に男性で、ベルトを付ける習慣がある方ですと、勿論拘りの在る方もいれば、
中にはなかなか選ぶ基準も分からず、気に入ったモノに出逢えず、また選択肢も無いまま
「とりあえず」で済ませている方も実際多いのでは?と思います。
特に、小物は後回しにしてしまいがちです。前回のFUJITOのベルトを展開した時も感じた事ですが
実際に見れる場所があって選択肢がある事、そして僕自身が使用しrasikuとしてのスタイルで提案する事。
それによって興味を持ち、選んで下さり実際に使用して下さる方が多くいらっしゃいました。
今までベルトを付ける事が無かった方にも。。
自分に出来る事は、こういった事なんだと強く思っています。
ぜひ、店頭でお試しください。

rasiku sasaki

PageTOP