定休日のお知らせ

IMG_1971
今日で4月も終わり、明日からは5月が始まります。
盛岡もようやく春の日差しが眩しく、桜も徐々に咲き始めました。
rasikuをOPENして、1年以上が過ぎました。日々色んな事を考え、想いを巡らせ
僕達が盛岡でやっている事の”意味”と”意義”がより鮮明になりつつあります。

IMG_1984
rasikuに来るお客様は、大半は20代後半~60代くらいで20代前半の若い方(特に男性)は正直少ないです。
品揃えもそうだし、ブランディングも僕(33歳)がしているから当たり前と言えば当たり前。
そんな中、昨日は珍しく!?来店して下さった社会人1年目の22歳、もう一人は2年目24歳の
男性のお客様に洋服を購入して頂きました。rasikuではあまり見られない稀な光景でした。笑
お2人共に、着こなしを見ても服が好きという事が伝わってきたので、普段あまり多くは話さない僕も
少しだけ力が入り、今の盛岡のファッション事情についてなんかを少しだけ話しました。
そんな僕の言葉に素直に耳を傾けて、じっくり考え購入して貰えた事がなんだか嬉しかった。
正直、個人の店に足を運ぶ事も精一杯という感じが、若い男性の現状だとずっと感じていましたし
(うちだけかもしれませんが・・・)
個人の店での、服の見方や人に対する接し方でも残念に想う事が度々ありました。
勿論、そういう方ばかりではありません。
そういった事の根本には、あまりにも服屋の選択肢が少なすぎる。
服と店とお客様との関係があまりにも平等では無い部分が多い。
という地方にはきっとどこにでもある根深い要素が在っての事だと思っていました。
来て下さった方はとても紳士な姿勢でしたから余計に、嬉しかったんです。
IMG_2001
rasikuにある服はベーシックなものが多いですが、その分スタイルや着こなし、人となりも含め
ある程度きちんと頑張らないと手が届かない洋服だと僕は思っている。
けれどそんなお洒落をしたいと思う人なら”頑張りさえすれば”手の届く洋服だとも思っている。
20代前半の人にとって今、所謂セレクトショップに並ぶ洋服に対して「価格」という一つのはハードルがある。
僕らが若い頃は古着屋で、ヴィンテージの「0」が一つ多い洋服を見てきたから
それ程値段に対してのアレルギーは少ないと思っている。
けれどファストファッションを見て育った世代の人は、それこそ「0」が1つ少ない環境で育っている。
その部分の差は明らかである。
そういった環境の中で育った若い人達に、僕らの様な洋服屋が洋服屋として出来る事は何だろうと考える。
インターネットの普及で画面を通して様々な物が不自由なく見れて、情報だけは頭の中にどんどん入ってしまう…
それは時代の流れだし、それはそれで否定もしない。メリットもわかるし、デメリットもわかる・・・
だからこそ実際にお店に行くっていうのは、ある程度の勇気もいるし特別な事なんだと思う。
しかも、こんな分かり難い場所にある店なら尚更だ。
IMG_2009
色々な事を含めて”頑張って来て、着て、買って頂いた”事が嬉しかった。
僕自身も勇気をもらったし、今まで以上に自分がやろうとする事をきちんと伝えようと思えた。
難しい事では無く、ただ服の事だけでも無く、自分達がこの土地を選んで発信していく意味を。
それを見ている人は近くにもいるし、遠くにも居るという事を充分に理解してるので責任も感じている。
だからこそちゃんとやる。シンプルだけどちゃんと。そんな事に改めて気付かされた一日でした。
昨日の若くてお洒落した2人の男性。ありがとうございます。
ぜひ、色々な店を自分の目で見て自分の意志で選択してください。
そして、いつもrasikuへ来て下さる方にも改めて感謝。
そして、明日は定休日。しっかり遊んで・休んで。
また木曜日の5月2日から、宜しくお願い致します。

4月30日

IMG_1870
A VONTADE   Cropped Sweat Eazy Pants

color         GREY MIX

price         18900-

SIZE         S / M / L
IMG_1876
今シーズンは、ボトムスのバリエーションを少しずつ広げたいという思いがあり
以前レディスでは何度かセレクトしていたのですが、メンズでは初めてのスウェットパンツの展開となります。
IMG_1881
旧式の吊り編み機で作られたスウェットパンツは、履き心地は勿論の事、膝も出にくく型崩れし難いのが特徴。
rasikuで展開しています、カットソーに定評のあるFilMelangeにも負けず劣らずの生地感は
穿いて頂ければ頷いてしまう・・・そんな履き心地です。
シルエットはやや細身で丈は穿く方の身長にもよりますが、クロップドなので8分~9分丈に収まります。
裾がテーパードしてスッキリと見えるので、それこそ靴とのバランスが重要になってくるパンツです。
※身長178センチ 体重63キロ Lサイズ着用

IMG_1897
ウエストはベルトループ+アジャスト可能な白のコットンドローコードが付きます。
僕は普段穿くサイズより気持ちゆとりのあるサイズを選択し、紐で調整して穿くのが好みですが
ジャストサイズで合わせて穿くのもスタイリッシュで、より街中で履いてもだらしなさを感じさせずに
きちんとスタイルとして魅せられると思います。
IMG_1900
バックは箱ポケットが左右に付きます。
スウェットパンツでありながら、シルエットだけではなくディティールにも工夫が施されています。
IMG_1884

IMG_1888
一枚目の写真にあるように、スプリングコート+シャツ+ローファーの合わせは程よいルーズさに品がプラスされ
スウェットパンツをきちんと見えるようハズシで履く。rasikuが提案したいコーディネートでもあります。
冒頭に足元が重要になる・・・と書きましたが、こういったスタイルの場合
足元に革靴を履く事で、全体が引き締まって見えるので取り入れて頂きたいアイテムの1つです。
IMG_1901

IMG_1914
こちらもお勧めな、マウンテンパーカー+スニーカーのコーディネート。
自転車を乗られる方や、スポーティーなスタイルが好みの方にお勧めです。
先日紹介しました、ハイテク系の素材のモノに合わせるのも良いのではないでしょうか。
IMG_1918
最後はワークジャケット+チェックシャツの組み合わせ。まぁこちらもやはりお勧め。笑
ベーシックな着こなしに”ハズシ”の要素として取り入れてみるのも面白いと思います。
デニム・チノ・カーゴなど、基本のボトムスが揃っている方には是非挑戦して貰いたいです!

IMG_1934

IMG_1937
少しずつではありますが、ベーシックなアイテムだけではない品揃えをしてきたいと考えています。
1年目よりも面白いお店で在れる様。
基本となる商品は常に店頭にあるというのがスタンスとして当たり前に出来ての話ですが
rasikuへ足を運んで下さるお客様には、凝り固まらずに様々な着こなしの提案をして
それぞれのスタイルを見つけて楽しんで貰いたいという気持ちがあります。
デイリーに着る”日常着”とそうではない”ファッション”という側面の両方を自分達らしい目線で。
岩手・盛岡と言う街で過ごしていながら日々感じる事も含めて、服で表現し提案したいと思うのです。
rasiku  sasaki

4月28日

昨日、GW連休の初日は、久しぶりに遠方からのご来店が多く続き、
とてもとても嬉しい時間がたくさんありました。
遥々ご来店頂きました皆様、誠にありがとうございました。
raumさんでのF/style展やhinaさんでのogg labo展へ行かれてからrasikuまでよって下さった方も・・・
まだ少し肌寒い中でも、盛岡のお店を巡って頂きとても嬉しいです。
内丸は、石割桜も近いですし桜山もあともう少しで見頃になるはずです。
中津川散歩も気持ちが良く、盛岡の景色や風や香りに包まれながら
その余韻に浸りつつふっと一息つくには・・・素敵な場所もございます。
GW、お気に入りのコースで街を歩くのもいいかもしれません。
IMG_1782
homspun   9.5OZネップペインターデニム バインダーPK SK

color      ブルー

price      18900-

SIZE      S  /  M SOLD

IMG_1799
前回、同素材を使用したパンツをご紹介致しましたが続いてスカートを。。。
素材や細かいディティールに特徴があるため、全体のシルエットは至ってシンプルな膝丈の台形型。
程よくスッキリと腰回りに沿うような形は、とても控えめに普段の着こなしの中に
すっと馴染んでくれる、そんなスカート。
ボリュームのあるタイプが苦手な方にも、また小柄な方にもお勧めできます。
IMG_1812
横から後ろから見ても、一切無駄の無い形。気持ち良いぐらいすっきりです。
スリットが入る事で腰回りがタイトでも動き易く、何より嫌味なく女性らしを感じます。
IMG_1822

IMG_1838
バインダーポケットからのちょろ・・・が。ニクイ演出ですよね、とお客様もにやりと。
ネップの感じも、着れば着る程馴染んでいくので、何年後までも楽しみ。
IMG_1844
前と
IMG_1854
後ろ。
ogg labo展でも今期はスカートが充実してるようです。スカート向上委員会始動中。
靴下と靴までどんな組み合わせにしようかと、考えるのも楽しいのです。
スカートってだけで、可愛らしくなれる(気がする)ものです。
トップスはシンプルでいいですし。カットソーにパーカーやカーディガンで十分です。
他のブランドの物も、少しですがスカートが入荷しました。
ぜひ、試してみて下さい。
なんだか少し、気分が変わる、そんなアイテムです。

rasiku sasaki

4月26日

IMG_1703
A VONTADE   Stand Collar Railman Jacket

color         INDIGO

price         26040-

SIZE         S / M / L
IMG_1705
朝夕と日中の寒暖差がある時期に何かと重宝するライトアウター。
その中でも、かしこまらずに着る事が出来るワークジャケットは着こなしの幅を大きく広げてくれる1枚です。
ここ数シーズン、この手のジャケットはリリースされていましたが、今期はレイルマン(鉄道員)が着用していたモノを
デザインソースとして、より現代の雰囲気に合うように作製されています。
IMG_1723
カラー”INDIGO”ですが経・緯糸共にインディゴを糸を使用。
インディゴの深みのある色合いとワークウェアらしい張りある生地は、オリジナルで作製された別注デニム。
新品の状態も勿論良いですが、生地が少し馴染んだくらいの方が着易く愛着も湧いてきます。
IMG_1726
ポケットは全部で3つ。
IMG_1730
見た目のアクセントになる白糸でのカンヌキ止め。

IMG_1731
スタイルに関しても、ボーダーのTシャツ+ワークパンツという至ってシンプルな合わせ。
こういったベーシックなスタイルがやはり好みですし、汎用性の高さなどを考えても
その日の気温や気分に応じてスニーカーや革靴、サンダルといった具合に、足元に変化を出す事で
幅広いコーディネートを楽しめる、全てを受け止めてくれるような、そんなワークジャケット。
IMG_1741
color      BLUE

price      26040-

SIZE      S / M / L
IMG_1755
もう1色は”BLUE INDIGO”に”GRAY”を打ち込んだ”BLUE DENIM”
INDIGOと比較すると、ぱっと明るいブルーから爽やかで柔らかい印象を受けます。
着こなしに関しても、やっと桜がちらほら咲き始めた盛岡では先取りしすぎた印象でもありますが・・汗
IMG_1767
ジャケット×ショーツの組み合わせはrasikuでもこの春提案したいコーディネート。
さらには、ややクセのあるカモフラと一緒に・・・というのは誰にでも、という訳にはいかないかもしれませんが
きっと好きな方には伝わる・・・そんなスタイルであると思います。僕は好きですしお勧めもしたいです。

IMG_1772
ジャケットと一言で表しても、その種類は多種多様。
その中でもワークジャケットは、コーディネートにも取り入れ易いですし実際に持っていると季節の変わり目は
特に出番が多くなります。困った時の・・・という訳ではないのですが、ワードローブにあると
どこか安心感があったり、今時期では、今か今かと気温をチェックしては明日いけるかも・・・と
着れる日を狙う様なそんな存在でもあります。
なんだか良い、位置にいる服です。
気になる方は、ぜひ。

rasiku sasaki

4月25日

盛岡名所の一つでもある、石割桜。わいわいと花開いてきています。
お花見を楽しまれる方も増えてきましたね。
冬を越えて、外で動ける事がこんなにも気持ちが良くて愉しいという事を、
仕事前に陽を浴びながら公園まで出ると、とても幸せだと実感するこの頃です。
春の装いも日に日に楽しくなりますねぇ。
IMG_1588 (427x640)
homspun   9.5OZネップペインターデニム バインダーPK PT

color      ブルー

price      19950-

SIZE      S / M  SOLD
IMG_1599 (640x427)
本日もとても温かく過ごしやすい一日。こんな日に気になるのは、白いシャツとデニムです。
homspunのネップデニム。こちらのシリーズは個人的にも大好きですが、特に生地が魅力的。
メンズライクなやや強さのある、9,5オンスのデニムは始めこそ固さがありますが、
徐々に身体に馴染んでいく過程まで、楽しめることは間違いありません。
IMG_1602 (640x427)

IMG_1606 (640x427)
ポケットに施されたバインダーがそのまま伸びて、伸びて、飛び出ました。
何だろう・・・これは。と謎めいていてくすっとしてしまう、
こういった斬新な、でも至って真面目な遊び心もhomspunの素敵な部分ですが
それだけではなく、穿いた時のシルエットや履き心地、縫製の美しさも負けずに良いという点が
やはり年代問わず支持される理由だと感じています。
IMG_1619 (640x427)

IMG_1623 (640x427)
身長にもよると思いますが足首が見える、八分丈。
季節がすすめば、足首は出したくなります。きっと。
今は、靴下で遊ぶことも考えます。そして靴も。
スニーカーは白でも、ネイビーでも。選ばず合いそう。
かちっとした革靴と白いシャツで、ジャケット合わせてマニッシュな着こなしにも。
IMG_1656 (640x427)

IMG_1668 (640x427)
後姿までもが格好良い。
同素材の膝丈スカートも届いています。
ぜひ気になった方は、お早めに手に取ってみてください。
お待ちしております。

rasiku sasaki

PageTOP