4月26日

IMG_1703
A VONTADE   Stand Collar Railman Jacket

color         INDIGO

price         26040-

SIZE         S / M / L
IMG_1705
朝夕と日中の寒暖差がある時期に何かと重宝するライトアウター。
その中でも、かしこまらずに着る事が出来るワークジャケットは着こなしの幅を大きく広げてくれる1枚です。
ここ数シーズン、この手のジャケットはリリースされていましたが、今期はレイルマン(鉄道員)が着用していたモノを
デザインソースとして、より現代の雰囲気に合うように作製されています。
IMG_1723
カラー”INDIGO”ですが経・緯糸共にインディゴを糸を使用。
インディゴの深みのある色合いとワークウェアらしい張りある生地は、オリジナルで作製された別注デニム。
新品の状態も勿論良いですが、生地が少し馴染んだくらいの方が着易く愛着も湧いてきます。
IMG_1726
ポケットは全部で3つ。
IMG_1730
見た目のアクセントになる白糸でのカンヌキ止め。

IMG_1731
スタイルに関しても、ボーダーのTシャツ+ワークパンツという至ってシンプルな合わせ。
こういったベーシックなスタイルがやはり好みですし、汎用性の高さなどを考えても
その日の気温や気分に応じてスニーカーや革靴、サンダルといった具合に、足元に変化を出す事で
幅広いコーディネートを楽しめる、全てを受け止めてくれるような、そんなワークジャケット。
IMG_1741
color      BLUE

price      26040-

SIZE      S / M / L
IMG_1755
もう1色は”BLUE INDIGO”に”GRAY”を打ち込んだ”BLUE DENIM”
INDIGOと比較すると、ぱっと明るいブルーから爽やかで柔らかい印象を受けます。
着こなしに関しても、やっと桜がちらほら咲き始めた盛岡では先取りしすぎた印象でもありますが・・汗
IMG_1767
ジャケット×ショーツの組み合わせはrasikuでもこの春提案したいコーディネート。
さらには、ややクセのあるカモフラと一緒に・・・というのは誰にでも、という訳にはいかないかもしれませんが
きっと好きな方には伝わる・・・そんなスタイルであると思います。僕は好きですしお勧めもしたいです。

IMG_1772
ジャケットと一言で表しても、その種類は多種多様。
その中でもワークジャケットは、コーディネートにも取り入れ易いですし実際に持っていると季節の変わり目は
特に出番が多くなります。困った時の・・・という訳ではないのですが、ワードローブにあると
どこか安心感があったり、今時期では、今か今かと気温をチェックしては明日いけるかも・・・と
着れる日を狙う様なそんな存在でもあります。
なんだか良い、位置にいる服です。
気になる方は、ぜひ。

rasiku sasaki

PageTOP