5月5日

IMG_2638
FUJITO    Wide Trousers

color      ID.Blue

price      24150-

SIZE       S   /   M   /   L
IMG_2642
FUJITOから12AWでもその良さをお伝えしました”Wide Trousers”ですが、
前回の厚地の暖かなメルトン素材から、今シーズンは春夏に相応しく深みのあるインディゴへ変更。
濃く深みのある藍色から、男らしい雰囲気の漂う1本に仕上がっています。
IMG_2646
シルエットは商品名の通り、やや太めではありますが余計な野暮ったさは全くと言って良いほどありません。
裾にかけてストンと落ちるシルエットには上品さがあり、カジュアルでありながらもその見た目と履き心地は
男っぽさが巧く洗練され、FUJITOらしさが滲み出る1本に仕上がっています。
IMG_2661
バックにはデザインと機能面の両方を兼ね備えた真鍮のシンチバックが付きます。
この様な使用に男心擽られる方、居ると思います・・・
IMG_2655
rasikuでは他のブランドではありますが、スタンダードなデニムも扱っています。
好みは其々あるとは思いますが、FUJITOのこのトラウザーはその手のデニムとは当然一味違い
カジュアルでありながらも、どこか品がありとても紳士的な印象を抱きます。
どこか子供っぽくなりがちな、またはコテコテなデニムスタイルに少しだけ変化を付けたいという方がいれば
こういったデニムのトラウザーはとてもお勧め。一度程よい太さに慣れるとクセになると思いますよ。
さらにコーディネートにもあるようにジレやジャケットなどを取り入れたりすると、
なんだか、好感のもてる人に見えますね。
この合わせは、もう少し気温が上がったら僕は確実にやりますよ。笑
IMG_2663
FUJITO    Gilet

color      Beige Stripe

price      25200-

SIZE       S   /   M   /   L

IMG_2672
今シーズンのラインナップの中で、個人的に一番目を惹いたアイテムがこちらの”Gilet”
それもそのはずで、イタリアのファクトリーに眠っていたヴィンテージファブリックを用いて作られたこのジレ。
ベージュのボディに赤のストライプがクラシック且つ、服そのものが持つ雰囲気ってありますが
醸し出すそれは、他のアイテムとはまた一線を画す独特な雰囲気を放っています。
IMG_2681
フロントにはポケットが3つと、内側にも2つ付きます。
この内側のポケットのつくりも、あえて写真は載せませんがすごく格好良い。
実際に見て頂きたいです。
IMG_2679
釦も生地に合わせやや濃いブラウンがアクセントとなっているナット釦を使用。
こういった所のセンス、さじ加減も重要なポイントだったりします。
IMG_2684
バックスタイルは生地が切替しになり、落ち着いた色目のBEIGEになります。
IMG_2694
背中には表地を使用したアジャスターが付きます。
写真でも分かるように、背中に身幅の広がりを無くす為のダーツが入っている事で
もたつきがなくなり、着用時の綺麗なシルエットが生まれます。
IMG_2690
コーディネートに関しては、シャツとの合わせも勿論良いですが、シンプルに潔く”カットソー”に合わせるのがお勧め。
気温の上昇と共に、着こなしがどうしてもシンプルになるこれからの季節は、こういったアイテムが一枚あると
コーディネートのマンネリを簡単に解消してくれるはずです。
カットソーにベストを合わせるだけなので、難しく考えずに比較的取り入れ易いというのも良さではにでしょうか。
今シーズンは特に力を入れているアイテムですので、ぜひ手に取って頂きたいですし
何より、やはり生地が・・・。デザイナ―藤戸さんの手によって眠りから目覚めたこの生地を。
ぜひご覧くださいませ。
rasiku sasaki

PageTOP