5月13日

DSC_0418 (640x430)
岩手・盛岡。
街を歩いていて、街が綺麗だなと心から思った。rasikuをオープンさせた理由の一つ。
この街の魅力は、飾らずシンプルだけど奥深い、余計なモノが無い。
この街の様な洋服を、提案していきたい。と思っている。
その点に関しては、この街にはまだまだ可能性が大いにあると思った。これが理由二つ目。
僕達が提案する洋服はあくまで暮らしの中の一部分だ。
過剰な宝飾やブランドネームに頼って着飾る事には、まったく興味がないし心が動かない。
心地良いと感じる服を着る。肩の力を抜いて深呼吸して、無理せず必要なモノを。
だけど、行く場所によっては気合も入れる。
予定が決まると、そこ行くための服装を数日前からあれこれ考える。小学生の時から変わらない事。
野球のユニフォームですら、着こなしに小さな拘りがいっぱいあった。その延長の今。
DSC_0423 (640x430)
着用アイテム
JACKET   FUJITO×PHENIX VAPOR JKT
PANTS    EEL   ベルボーイパンツ
SHOES    NB 1500 UK
BAG     THE NORTH FACE
IMG_3648
いつも通る橋の上で見るいつもの景色は、変わらないようで少しずつ変化する。
その変化を楽しむように、服もそうであったら良いと思う。
地元の人が急ぐ足を留めて、空や川を見ている。山に感動している。格好良い事だ。
そういう街に溶け込む服が提案したい。
DSC_0414 (640x430)

IMG_3679

IMG_3717

IMG_3734

IMG_3743

IMG_3753

IMG_3762

IMG_3792

IMG_3801

IMG_3823

IMG_3833

IMG_3842
今回、撮影に協力してくれた彼は生まれも育ちも岩手。
一度離れたからこそ分かる、地元の良し悪しを僕らよりもきっと感じている。
し、もっと何か出来るはずという想いが一致して今回の企みを一緒にやってくれた。
僕らが提案したい服と盛岡の街。そこに共感してくれる人がいる喜び。
少しずつでも、両方を外へ広げていけたら。
IMG_3844
今回着用している物は、全ての商品がrasikuに並ぶアイテムではなく、古着等も組み合わせています。
飛び抜けて難しい事や奇抜な事を提案するのではなく、その人の”暮らし”仕事や趣味などを踏まえた
心地いい提案がちゃんとしたい。そんな頭の中のイメージが少しでも伝われば。
なので、当たり前ですが、魅せ方には拘ります。
場所は盛岡。ある方には見慣れた場所で、ある方には懐かしかったり気になったりする場所です。
今日と明日の2日間色々な着こなしで街を歩く姿、BLOGでお見せしていきたいと思っています。

PageTOP