7月2日

IMG_7718
FUJITO     Gilet

color       Indigo Blue

price       19950-

SIZE       S  /  M  /  L

IMG_7725
FUJITOらしさを感じるアイテムの一つでもある”Gilet”
僕自身も好んで着ますし、また僕が提案したいと思うスタイルの中の一つにもこの「ジレ」という存在は
欠かす事が出来ないと思っています。そう思える程、魅力を感じるアイテムなのです。
今回は、仕立ての良さが見るからに伝わってくるデニム素材を使用。
あえて洗いをかけずに、ノリの残るごわっとした生地感は個人的にも好みですし
水を通さずに綺麗なバランスのままコーディネートに取り入れてみて頂きたい、そんな一着です。
IMG_7727
Vゾーンは、やや深めの設定でフロントの釦は全部で5つ。
見た目はクラシックで大人な雰囲気が漂いますが、カットソーなどと合わせる事でカジュアルダウンして
日常のコーディネートへも取り入れる事が出来ます。
また、仕事柄きちんとした格好をする事が多い方にも、ジャケットのインに挟んだり、
スラックスパンツと合わせたりと、取り入れるだけでもそれとなくキマるジレはお勧めです。
カジュアルとしても、また少し畏まった場にも通用します。
接客業・・・特に、人に見られるお仕事をされる方などが着ていても、
ちょっと気が利いていて素敵だなと感じますが、いかがでしょうか。
IMG_7729
丈は比較的短いので、トップスとボトムスのバランスを考慮して着る事をお勧めします。
着用写真では同ブランドのカットソーで合わせてみましたが、着丈の長いカットソーであったり
シャツを着る場合はタックインするとコーディネートし易いかと思います。
IMG_7737

IMG_7732

IMG_7733
裏地に感しても見えない部分ではありますが、一切の妥協はなく
赤のストライプ地がセンスの良さを感じさせる組み合わせで、こういった所に魅力を感じてしまいます。

続いてshortsも・・・
IMG_7747
FUJITO     Gurkha Shorts

color       Navy

price       17850-

SIZE       S  /  M  /  L

IMG_7755
商品名(Gurkha Shorts)とあるように、軍モノのアイテムをベースにデザインされたショーツは
目の詰まった打ち込みの良い生地に心惹かれたのを覚えています。
膝が少しだけ隠れる長さにワイドなシルエットで、裾はダブル幅4.5センチに処理されています。
デザインソースに軍モノのアイテムを用いながらも、そういった雰囲気を上手く落とし込みファッションとして
洗練された仕上がりになっているのは流石の一言です。
IMG_7757
一般にはあまり流通しない”医療用”の生地を用いて作られた”Gurkha Shorts”は
後染めで色を入れる事でより目が詰まり、独特なハリと色合いを醸し出しています。
その生地が本来は作業着(働く人の為)として使用されている事が
実際に手に取って頂ければ、感じて貰えると思います。

IMG_7796
ウエストはアジャスターが付きますが、前面のみでの調整が可能。
個人的にはショーツはベルトレスで穿きたいので、こういった部分が意外と重宝します。
IMG_7801
フロントはZIPで処理
IMG_7806
ウエストはベルトの他に、内側に釦が付きます。
IMG_7761

IMG_7766

IMG_7788
洗練された大人なカジュアルを提案する”FUJITO”は、良い意味での緊張感と抜け感が程よく調和され
日常とファッションの両方を提案していきたい僕にとっては欠かせないブランドの1つになっています。
決して何方にも”着易い”とは言い切れないのかもませんが、少しずつ着てみたいな・・と思って頂ける様な
そんな提案をしていけたらと思っています。
僕自身にとっても、これから先着てみたい、挑戦してみたいと思えるスタイルのあるブランドだからこそ
毎回お客様へ提案しながらも、一緒にわくわく出来る事が嬉しいです。
ぜひ、ジレもショーツも店頭でお試しください。

rasiku sasaki

PageTOP