10月24日

IMG_4793
trippen       NOMAD

color         BLK

price         42000-+TAX

SIZE        36  /  37  /  38  /  39 SOLD
IMG_4800
今シーズンの秋冬からお取扱いスタートとなるドイツのシューズブランド”trippen”
ドイツの自社工場とイタリアの工場の2箇所で徹底的な管理・製造体制の元に作製される靴の一つ一つ。
靴を眺めていると、職人の方々の丁寧な仕事ぶりとブランドに対しての真摯な姿勢と誇りを
じんわりと感じ、靴を履けば更に足元から伝わる・・・そんな靴。
IMG_4810
前回はローカットタイプの定番”HAFERL”をご紹介しましたが、この季節一番に想像したのは盛岡の雪道。
雪国でも対応できる靴を・・・と考えてオーダーをしたハイカットタイプ”NOMAD”
女性らしい曲線の多いフォルムと踵全体を包み込むレースアップブーツは、trippenのラインナップにおいても毎シーズン
必ずリリースされ、多くの方から支持を集めているモデルの1つです。
また、trippenの靴の中ではボリュームを抑えたシャープなバランスに見えるブーツだと思います。
IMG_4814
ソールから踵の一番高い所まで約18センチあります。
足首をスッポリと包んでくれる高さで、雪道を想定した際にもこれくらいの高さがあると
雪深い場所や除雪の入っていない場所、雪が溶けてどろどろになった場所を避ければ、
ある程度の行い道でも大丈夫。
シューレースで足首まで固定され、一歩一歩にもしっかりと力が入ります。
IMG_4817
アッパーに使用されているオイルを多く含んだ牛革は、シボがあり履き始めからでも足に馴染み易く
さほど時間を掛けずに、すんなりと足にフィットして履いて頂けると思います。
“ステッチダウン製法”を採用している為、大きく突き出る”コバ”も特徴の1つで雨や雪の侵入を防ぐ
役割も果たしてくれています。
IMG_4824
アイレットの数は全部で6つ。
足の甲から足首まで革がひだの様に重なる様なデザインも美しくてユニーク。
IMG_4825
ソールはこちらもまたユニーク且つデザインが光るトリッペンソール。
自社工場だからこそ出来るカタチは見ているこちらが思わずニヤケてしまいます。
IMG_5018

IMG_5023

IMG_5048

IMG_5051
これから季節が進むにつれて、北国と言う土地柄、履く靴も自然と制限されてしまいます。
昨年、私達も盛岡の冬を過ごしてみて実感させられましたし、それ以前に
靴の選択肢が少ないという声もお客様からたくさん聞いてきました。
僕らは靴屋を営んでいる訳ではないので、自分達の力で現状の全ては解消出来ないと
思っていますが、今自分達が出来る最大限の提案はしていくつもりでいます。
IMG_5070

IMG_5096
ドイツらしい質実剛健な作り、天候を気にせずに履けるコンフォートシューズとしてお勧めしたい1足です。
盛岡で過ごす冬の足元のお洒落が、少しでも楽しいと感じて頂けたら嬉しいです。

rasiku sasaki

PageTOP