2月17日

IMG_2004
A VONTADE      Old Potter Jacket

color            DEEP NAVY

price            35800+tax

size            S   /   M   /   L    
IMG_2020
クラシックな佇まいながらも、その着用した時の程よい抜け感のある表情と絶妙なサイズ感
A VONTADEのアイテムの中でも長きに渡り、愛され作り続けられている”Old Potter Jacket”
撥水加工を施した超高密度のオックス地を使用し春・秋・冬の3シーズンに対応出来る万能な1着です。
深みのある”DEEP NAVY”は黒に限りなく近いので、汎用性も高くコーディネートにも取り入れ易い。
きっと見た目の力強さだけでは無く、クローゼットに1枚あるとコーディネートの幅や選択肢の一つとして
男性にとって力強い味方になってくれるのは間違いありません。

IMG_2027
ジャケットの顔とも言える”ラペル”ですが返り線はあえて設けずに、スタンドにして着るのも良し
自分で折り返して着用する事も可能です。インナーとの合わせ方、シャツの場合はラペルを設けたり、
カットソーであればスタンドにして着たりと気分や着こなしで自由に変えられる点も魅力です。
IMG_2034

IMG_2040
フロントに付いているポケットは合計4つ。バックスタイルはセンターベントを採用しています。
前丈と比べて後ろ丈が短いのも特徴の1つ。タックアウトしたシャツは大抵の場合出てしまうと思います。
気になる方はインシャツでのコーディネートをお勧めします。
IMG_2035

IMG_2042

IMG_2047
表地と裏地(生成)を貼り合わせてから製品洗いする事で、生地同士の縮率の違いから
空気を含んだ様なやや吊れた表情に変わり、それがそのままに良い味として残されています。
裏地に使用されているコットン生地も目が詰まっていて、着始めこそ少しストレスを感じるかもしれませんが
徐々に身体に馴染んでいく感覚が手に取るように分かると思います。
IMG_2053

IMG_2054

IMG_2064
“Old Potter Jacket”の最大の特徴は肩ひじ張らずにジャケットを着る事の出来る”気軽さ”と
それでいて”きちんとした雰囲気”を演出できる点です。
堅苦しくなくさっと羽織れるジャケットはちょっとした食事の席や、会議等の場に
出席する際に、スーツを着る・・・とまではいかない微妙な時などに大いに活躍してくれると思います。
僕自身は仕事柄そういった場面は殆どありませんが、ほんの少し贅沢に美味しい食事を食べに行く時には
ジャケットを着用する癖を付けています。そういった服装を見て不快に思う人はいないと思いますし
僕にとってはその場にふさわしい装いをしていく事は最低限のマナーと、その空間や頂く食事に対しての
敬意の表し方だと思っているからです。単純に格好付けたいだけってのもありますが。笑
とにかく、そんな風にいざと言う時ジャケットという存在は心強くて・頼もしい。
普段ジャケットを着ない方やお持ちでない方にもお勧めしたい1着です。是非。

PageTOP