4月3日

IMG_5125
今シーズンから新たにお取扱いがスタートしました”STYLE CRAFT WORDROBE”
rasikuでは既にSTYLE CRAFTのレザーアイテムを展開させて頂いていますが、このプロダクトは
デザイナーである南埜さんが普段着たい洋服を・・・というテーマで立ち上げられ、ある意味
本当に必要とする方に着て頂けたらそれで良いと思える、そんな大人の日常着として
rasikuでも少しずつ展開をスタート致しました。
取扱い店舗も僅かで、無理に広げず展開しているので、目にする機会も少ないかと思います。
STYLE CRAFTと言えば、妥協の無い物作りと装飾を極力抑えた機能美は唯一無二の存在で
洋服ライン”WORDROBE”に関しても同様の物作りと素材の良さを最大限生かした完成度の高さと、
無駄を無くし、デイリーに着られる程よいリラックス感を取り入れた美しいアイテムばかりです。

IMG_5025
STYLE CRAFT WORDROBE   SHIRTS ♯1

color        COTTON WHITE

price        22000+tax 

SIZE        Ⅰ(S)  /  Ⅱ(M)  /  Ⅲ(L) SOLD

※身長178CM 体重64キロ 着用サイズⅢ(L) 
IMG_5037
着用している”SHIRTS ♯1″ですが、衿元はレギュラーカラー・全体的に作りがゆったりとしています。
裾のラウンドも特徴的で、着方としてはタックアウトしてカジュアルに着るのがベターだと思います。
素材はコットン100%のブロード地、適度な張りと柔らかさの両面を持ち合わせている贅沢な生地で
普段目にするブロードとはまた違った印象を受けます。白いシャツのバリエーションが揃っている方にとっても
新しい感覚や着こなしの幅を広げさせてくれる1枚です。
IMG_5039

IMG_5049

IMG_5051
ワイドに開いた衿元、、左胸にパッチポケット、前立てはステッチが表に出ないフレンチフロントを採用。
釦は小ぶりならも厚みがしっかりとあり、存在感抜群のシェル釦が7つ並びます。
作り自体もそうですが、パーツ1つ1つにも拘りを感じる洋服は着ていて気持ちが良いのは当然です。
IMG_5052

IMG_5057
裾は通常のシャツと比較すると大きくラウンドしているのが特徴で、個人的には特に好みなディテールの1つ。
アメリカ古着のシャツなどに良く見受けられるカタチで、程よく癖があり特にこういったソリッドなシャツには
独特の表情が生まれ、1枚できても存在感が増して雰囲気良く着て頂けると思います。
着丈に関しては、Ⅰ=71CM Ⅱ=72.5CM Ⅲ=74CM でタックアウトしてバランス良く着て頂ける長さに
設定されています。この長さとシルエットを考慮すると夏場にショーツとも相性が良さそうです。
IMG_5058

IMG_5066
ある人(体型や着方)にとってはとても着易く、ある人にとってはとても着難いシャツ。
誰にでも合うという訳ではありませんが、ベーシックなアイテムをたくさんお持ちの方やある程度
年齢やご自身のライフスタイルを意識した服装選びを心掛けている方にお勧めしたい1枚です。
IMG_5078
STYLE CRAFT WORDROBE   SHIRTS ♯3

color        STRIPE

price        20000+tax 

SIZE          /    /  
IMG_5080

IMG_5093
続いてのモデル”SHIRTS ♯3″は、見た目は”SHIRTS ♯1″と大差がない様にも見えますが
大きく違う点は、衿元の仕様が隠しボタンダウンになっている点。その他にも左胸のパッチポケットの
形状や背中に入るダーツなど、細かな仕様の部分で違ってきます。

IMG_5090

IMG_5099

IMG_5102
素材に用いられている白とグレーの”STRIPE”は希少なデットストックの生地を使用。
この素材がとても柔らかく、シャツのゆったりなシルエットと相まって雰囲気がより一層引き立ちます。
夏場でもさらりと袖を捲くって、足元は”ローファー”との合わせはいかがでしょうか。
IMG_5107

IMG_5114
“STYLE CRAFT WORDROBE”の洋服は、型にはまったデザインやイメージではなく
ただ純粋に着たい洋服を作るというデザイナーの想いが1つのカタチになって表れています。
縫製に関しても従来使われるような縫製工場ではなく、家族で縫製業を営まれている方に
お願いをして1点1点丁寧に作られています。僕自身は今までにない洋服に出逢ったという
新鮮な感覚があり、自分のこの先の洋服との関わり方に深く繋がっていく様な・・・
そんな想いにもさせてくれる洋服だと思っています。
今の自分が出来るrasikuらしい提案で、じっくりゆっくり関わらせて頂きたいと思いますし
お客様へご覧いただけたらと思っています。
ぜひ、気になった方は試しにいらして下さい。

rasiku sasaki

PageTOP