4月7日

IMG_5371
trippen     POT

color       BLK 

price       44000+tax  

SIZE       40  /  41  /  42  /  43  /  44
IMG_5358
trippenの”CUP”コレクションと言われるシリーズの中で、一番最初に作られたカタチが”POT”になります。
先ずは見た目にも独特なフォルムと、最大の特徴とも言えるつま先・踵で分離されたソールで作られている点。
スニーカーに近い感覚で履ける柔らかな質感とON・OFFどちらにも対応できる汎用性の高さが挙げられます。
僕自身も早速購入して履いていますが、スタンダードな革靴とは全く種類の異なるモノである事は確かです。
今までに感じた事の無い足を包み込むような履き心地とソールの感覚。履いている本人は楽な感覚にも
関わらず、周りから見た際のきちんと感を演出してくれる良い意味でのギャップ。
革靴を普段から履かれていて、ある程度の種類をお持ちの方には特にお勧めしたい1足です。
IMG_5365

IMG_5373
甲と踵はどちらも低めに設定。アイレットがあるので脱げるような感覚は一切ありません。
ワイズも広めに設定されているので、ある程度幅広い方に対応出来る作りになっていると思います。
サイズ展開に関しても40(約25CM)~44(約29CM)まで幅広くご用意しています。
IMG_5379

IMG_5374
アッパーに使用されているシボの牛革は、何と言ってもその柔らかさが最大の特徴。
トゥが長めに設定されているので、つま先はある程度余らせて履くようなイメージになります。
全体的にはシャープな印象ですが、靴自体に長さがあるのに加え、トゥにもボリュームがありますので
太いボトムスに合わせた際にも負けずにバランス良く見えます。シャープな靴にありがちなデメリットを
“POT”は上手くカバーしていると思います。
IMG_5380

IMG_5382

IMG_5389
“POT”はソール交換が可能ですが、中敷きは取り外せない構造になっています。
この中敷きに”trippen”ならではの構造と拘りがあります。土踏まずのある中央あたりから踵まで
鉄の板が埋め込まれていて、靴全体の柔らかさに対して型崩れをしにくい構造になっています。
これにより包み込むようなフィッティングを実現しています。trippenのラインナップの中でも長年に渡り
人気を博してきた理由が傍からは見えない部分に隠されています。
IMG_5300

IMG_5311

IMG_5319

IMG_5308
軍パンをロールアップして、今の季節はソックスとの合わせを楽しみます。
季節が移り変わればショーツとの合わせて、ソックスは足から出ないアンクルの見えないタイプを選びます。
それともう1つ、ジャケットを着て綺麗なスタイルの時にも”あえて”この靴をというのも良さそうです。

IMG_5342

IMG_5338

IMG_5331

IMG_5332
足元の選択肢が1つ増えるたけで、その何倍も今までと違った服装を楽しむことが出来ます。
「お洒落は足元から」と良く言われますが、僕はまさにその通りの言葉だと思っています。
足元を蔑ろにする人にお洒落な人はいない・・・とまでは言い切れませんが、僕自身が人を見る際に
一番気にする部分は洋服よりも靴だと断言できます。言い換えれば、僕自身も装いの中で一番大事に
する部分が靴です。その時の季節やその日の気候、そして場所や服装に合わせた靴を選択し
履いている方は言うまでもなく素敵です。これから盛岡は一番良い季節になります。
雪が溶け澄んだ空気に心が弾み何と言っても街歩きを楽しむ事が出来ます。
そんな春の装いを楽しむ為に、先ずは足元の選択肢を広げてみるのも良いのではないでしょうか。
きっと歩いて街をまわる事がより楽しくなると思いますよ。

rasiku  sasaki

PageTOP