6月17日

IMG_0213
STYLE CRAFT WARDROBE   JACKET♯3

color        INDIGO TWILL

price        43000+tax 

SIZE          /    /   SOLD

IMG_0222
贅沢なリネン素材にインディゴ染めされた素材は、店内においても圧倒的な存在感を放っています。
シルエットは身体に沿うというイメージよりは、古いワークジャケットのような”あえて”狙った直線的なシルエット。
サイズの選び方や着こなし方次第で大きく見え方が変わってくる1枚で、普段から古着を好んで着る方や
洋服好きな方にとっては、どう着ようか心を擽られるのではないでしょうか。
使用されているリネンは通気性に優れていますので夏場でも十分に着られますし、リラックスして羽織れるくらいの
少しゆったりとしたサイズでの着用がお勧めです。
※身長178CM 体重63キロ  着用サイズⅢ
IMG_0226
ジャケットの顔とも言える”ラペル”ですが、小さ目に細く設定されています。
きっちりとしたイメージよりは、その見た目からもカバーオールを着る感覚に近いと思います。
IMG_0228

IMG_0244
ボタンの雰囲気も抜群に良いです。
袖口は写真の通り1つだけ大き目な釦が付きます。
IMG_0230

IMG_0234
フロントのポケットは左右にパッチポケットが2つ、バックスタイルは浅く設定されたサイドベンツ仕様。
IMG_0253

IMG_0241
コーディネートに関しては、素材の雰囲気からインナーにシャツを選択するよりもカットソーで軽さを演出する方が
僕自身は良いと思っています。ルールとかそういった事は一切無いのですが、このジャケットのゆらりとした
素材感からコーディネートのイメージを膨らませた時に、僕が一番しっくりくるのがカットソーとの合わせでした。
半袖Tシャツ1枚では物足りなさを感じたり、温度調整が難しい気候などにも重宝しそうですし
TPOに合わせた洋服の着こなしをされる方、普段からジャケットを着る事を習慣にされている方にも
一度袖を通して頂きたい1枚です。肩ひじ張らずに着られて趣味の良さを感じさせるジャケットだと思います。
IMG_0259
STYLE CRAFT  WARDROBE  COAT♯12

color        INDIGO TWILL

price        44000+tax 

SIZE          /    /   SOLD

IMG_0273
同素材を用いたこちらも負けず劣らずの雰囲気抜群のコート。
素材の良さを最大限に引き出す為に削ぎ落とされたシンプルなデザインは、流行などとは無縁の存在で
恐らく年齢を重ねるごとに着こなしが板についてきて雰囲気が増し、袖を通す度に
洋服を着る事の楽しさや喜びを感じさせてくれる、唯一無二の1枚になりえると思います。
IMG_0275

IMG_0278
“JACKET”と同様にラペルは小さく細く設定されています。
IMG_0281

IMG_0295
袖口は先に行く程に細くなりますが、釦などの付属は一切なく筒状の仕上がりになります。
IMG_0283

IMG_0285
前身頃のみにNAVYの裏地が付きます。
IMG_0287
バックスタイルはセンターベントを採用しています。
IMG_0289

IMG_0293
ワーク、ミリタリー、ドレスそういった類の、カテゴリーに捉われない物作りからは作り手のオリジナリティを強く感じます。
“STYLE CRAFT WARDROBE”のウェアは、見た目の雰囲気もさることながら、袖を通した時の意外性や
ギャップに様々な想像を掻き立てられます。その独特なシルエットや空気感は、誰にでも合うといった物とは
決して言えないのですが、自分だったらどう着るかなと想像したり、意外性を愉しんだり、
そしてゆっくりとじっくりと洋服と付き合っていきたいという方には、ぜひ着てみて頂きたいですし
ワードローブに残る洋服だと思っています。
僕達自身も、じっくりゆっくりと少しずつ大切に提案していきたいと思っております。

rasiku sasaki

PageTOP