6月22日

IMG_0601
TATAMIZE    DOUBLE-BREASTED SHIRTS

color        インディゴ 

price        19800+tax 

SIZE        XS   /   S   /   M   /   L
IMG_0618
TATAMIZE    DOUBLE-BREASTED SHIRTS

color        オフシロ

price        19000+tax 

SIZE        XS   /   S   /   M   /   L

IMG_0625
TATAMIZEのらしさが一番出ていると思わせるシャツが”DOUBLE-BREASTED SHIRTS”
コックジャケットをイメージし、あえて”ジャケット”ではなく”シャツ”に仕立てたありそうでない1枚。
ちょっとした”クセ”のあるカタチやデザインは、自分と服との間に程よい距離感が合って、
どう着ようかとあれこれ考え、想像させてくれる時間を与えてくれるような気がします。
本当はすぐに着たいのですが、ちょっと眺めたり・・・とそんな部分もあって好きです。
今シーズンは展示会で見た時に一番に心を奪われた深みのある”インディゴ”と程よい厚さのリネンを
用いた”オフシロ”の2色で展開しています。
サイズに関しても女性にも着て頂きたいと思い最少サイズXS~Lまでと幅広く展開しています。
IMG_0627
小さく設定された衿元は、重ね着をした際にも見え方のアクセントとして一役買ってくれます。
シャツというメリットとして、カタチにもよりますがジャケットのインナーとして着た際にも意外とハマッたりもします。
見て格好良いと思うものと実際に着る事で格好良さを理解するものとありますが
“DOUBLE-BREASTED SHIRTS”は明らかに後者だと思います。
IMG_0633
パッチポケットは左胸の下目に付きます。
IMG_0634

IMG_0638

IMG_0641
“オフシロ”はリネン100%の目の詰まった程よい厚さと強さを兼ね備えた生地感。
クタクタになるまで着たいと思わせる魅力が詰まった素材感です。
真夏の暑い日はさすがに厳しそうですが、それ以外の季節はインナーとしても良いですし、
1枚でさらりと着たりと活躍の幅が広くワードローブに無くてはならない、そんな1枚になると思います。
IMG_0647
こちらは深く濃くインディゴ染めされたリネン100%の生地を用いた一枚。
1枚で着た際の圧倒的な存在感は、素材とデザインがマッチしているからこそで
インディゴならでは色の変化を楽しみにながら、徐々に身体に馴染んでいく過程も醍醐味の1つです。
IMG_0650

IMG_0653
“オフシロ”と比較すると素材は少し薄手になります。
シルエットに関しては、着丈が少し長めに設定されていてのでサイズ感によってはシャツジャケットの様な感覚で
着る事も可能です。インディゴに関してはインナーとして・・・というよりはシャツ1枚でコーディネートの主役として
合わせる方が向いていると思います。
IMG_0658

IMG_0662
私自身が今季購入したシャツの中でも一番着用率が高いのはDOUBLE-BREASTED SHIRTSのインディゴで
太いボトムスに足元はローファーもしくはビルケンシュトックとのコーディネートが気候と気温にマッチして好んでいます。
真夏のような気候になるまでの間は、何を着たら良いのか色々と悩んでしまいますが
“インディゴ”という季節感を感じさせるカラーと素材感。そして何よりも1枚で着た際の存在感は
この時期の服選びの難しさを解消している1枚になると思います。
現在、店頭には全サイズが揃っていますので、是非袖を通しにいらして下さい。

rasiku sasaki

PageTOP