6月26日

IMG_0953
CROWN   DANCE JAZZ 

color       WHITE

price       10000+TAX   

SIZE       5  /  6  /  7  /  8  

IMG_0965
靴の聖地英国 ノーサンプトンで、1984年ダンスシューズメーカーとして創業した”CROWN”
“CROWN”のダンスシューズ自体は本来ファッションとしてではなく主に、英国の社交ダンス選手権や
英国国際ダンス選手権などでも実際にも使用されいる歴史と背景のあるブランドです。
生産に関しても、靴は特にですが・・・賃金の安さを求めアジア諸国に移行する
ブランドが多い中で、イギリス製での生産を貫いている希少なブランドでもあります。
IMG_0968
アッパーに使用されている革は、表情豊かなシボのある牛革を使用。
足を柔らかく包み込むのですが強さも持ち合わせた素材で、この手のシューズにしては
比較的、肉感があるように思います。
IMG_0997

IMG_0986
フィッティングに関しては、ダンスシューズの特徴として横幅がすっきりと狭目に設定されていますが
革が柔らかいために多少横幅は伸び余裕が出ます。ですが、基本的にはワイズが細いので
あまりに幅をぎゅうぎゅうで履いてしまうと、サイドから革が割れてきたり痛んでしまうので
フィッティングの際には足の幅に合わせたサイズをお勧めいたします。
IMG_0974

IMG_0977
ソールは薄手のウレタン素材を使用。3年前に購入し履いてきましたがソールの減りもそこまで早くない印象です。
今までも異なるブランドのダンスシューズは好んで履いてきましたが、頻繁に履くと大体一年ぐらいのサイクルで
履き潰してしまい、新しく買い換えてを繰り返していましたが、このシューズに関しては
一番ダメージが出易い部分の作りも耐久性を考慮した仕様になっている為、安心感もあります。
また、お客様から良くご質問頂く「丈夫ですか?」という事に対しては
この靴本来の目的と構造から考えると、毎日デイリーに履くような靴ではないという事と
例えばスニーカーの様に長時間歩くという時にも、向いていない作りだと思っています。
ちょっとしたお出掛けや足元に少し綺麗な靴を合わせたい時・・・革靴を気軽に履く事が出来る
そんな1足という提案をしています。シーンや服装に合わせた履き方と、大事に丁寧に扱う事で
長持ちもしますので、そういった事も踏まえてお選び頂けたらと思います。
IMG_1025

IMG_1029

IMG_1031

IMG_1035
カラー”WHITE”は、この潔い真っ白なカラーリングがコーディネートした際にも映えます。
ワンピースやスカートにも似合いますし、カジュアルでありながら綺麗な印象を与えます。
“白”は人によっては勇気も入りますが、白の取り入れ方一つで見え方だけでは無く
気持ちも変わる様な気がします。春から夏の装いにしっくりとくる靴です。

IMG_0959
color       BLACK

price       10000+TAX   

SIZE       5  /  6  /  7  /  8  

IMG_1002
“BLACK”はアッパーのシボがより鮮明に浮き出ていて、表面も少し光沢のある表情に映ります。
足元に革の”BLACK”の靴を合わせる事で、洋服全体に程よい緊張感を持たせ引き締める役割を果たしてくれます。
黒の革靴は万能なアイテムですので、今お持ちの洋服を更に活かしてくれる一足になるのは間違いありません。
IMG_1005

IMG_1016

IMG_1013

IMG_1020
サイズに関してですが、足の横幅によって多少前後する事はありますが
5=22~23  6=23~24  7=24~25  8=25~ となります。
足の形によっても合う合わないがありますので、サイズはあくまで参考にする程度で
実際に足を入れてみて、きちんと合うサイズをご提供出来たらと思っています。 

IMG_1050

IMG_1057

IMG_1062

IMG_1064
女性の足元を考えた時に、提案したいアイテムの1つが”DANCE SHOES”でした。
可愛らしさがありながらも、何処かすっとした緊張感のある靴。
こういったバランスの靴は探してみると案外見つからないものです。
未だに本国”イギリス”で作られている事にも惹かれましたし、ダンスシューズだからこその表情。
コストパフォーマンスにおいても十分に納得して頂けるクオリティと価格だと思っております。
“BLACK” の7以外のサイズは揃っていますので、是非試しにいらして下さい。

rasiku sasaki

PageTOP