「SWITCH」 春夏→秋冬

いつもrasikuへ足をお運び頂き、有難うございます。
店頭ではお知らせさせて頂いておりましたが、
rasikuは明日7月30日(水曜日)~8月3日(日曜日)までお休みさせて頂きます。
東京出張も兼ねて、その足で少し ”これから”に繋がる出逢いを求めて旅してきます。
上記の期間、ご来店を予定されておりましたお客様には大変ご迷惑お掛けいたしますが
どうぞご了承くださいませ。
尚、8月4日(月)から通常通り10:30~OPEN致しますが、
この週に関しましてもやや不規則な営業日程になります。
また、お知らせがありますので以下の方ご確認頂けたらと思います。

********************************************

梅雨明けとなり、からっと青空が広がっています。
これからが夏本番といった所ではありますが、rasikuにも既に秋の品々が続々と届いております。
秋物とは言っても、今からでも着れる様な晩夏アイテムが多いですが、お盆に入る前のこのタイミングで
一度店内の模様替えをし、気持ちも新たに次のシーズンの洋服達を心地よくお披露目できたらと考えております。
秋冬では新たに3つのブランドがrasikuの店内に仲間入り致します。
少しずつ届き始めた、新顔達に胸が高鳴って仕方ありません。
早くお見せしたいなという気持ちと、喜んで頂けるかなという想いでそわそわしています。
IMG_3081

IMG_3089

IMG_3103

少しずつではありますが、自分達が自分達らしい洋服屋としてやりたい事がカタチになってきています。
そうなる為に、お取引させて頂くブランドにも多少の変化がありました。
決して気軽な気持ちで始めたブランド達では無いので、悩みに悩んだ末の決断ではありますが、
よりお客様に喜んで頂く為の、そして自分達が納得して前へ進む為のステップだと捉えています。
この様な事も踏まえ、今回商品入れ替えの前に期間限定で今季以外の商品の中からピックアップし、
8月8日(金曜日)~10日(日曜日)までの3日間限定で、
ご来店下さった方には何かしら満足して頂けるよう、お客様へ提供したいと思います。
【内容は若干メンズアイテムが多くなっております。ご了承くださいませ。】
イベントは3日間のみとなります。そして告知もこちらHPのみのお知らせとなりますので、
このページをご覧下さりご都合の合うお客様は、ぜひ、掘り出し物を見つけにいらして下さい。
夕方からは冷たいお飲み物(ソフトドリンク・ビール)などをご用意したいなと考えています。
じっくりゆっくり楽しんでご覧頂ければと思います。

*************この期間に関しての注意事項****************
1.クレジットカードはご使用いただけません。現金のみの対応とさせて頂きます。
2.ショッピングバッグは用意していますが、出来る限りエコバックのご持参をお願い致します。

今後の日程になります。
4日 (月曜日) 10:30~19:00
5日 (火曜日) 10:30~19:00
6日(水曜日)定休日
7日(木曜日)イベント準備の為 臨時休業


8日(金曜日)10:30~19:00
9日(土曜日)10:30~19:00
10日(日曜日)10:30~15:00


11日(月曜日)臨時休業 秋物商品を中心に入れ替えの為。     
12日(火曜日)10:30~19:00(通常営業)
13日 (水曜日) 10:30~19:00 (お盆の為、営業致します。)

以上、不規則な日程となり分かり難いですが、ご確認の上お間違い無いようお願い致します。
夜営業は、7月で一度終了となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

7月28日

ついに梅雨明けの様です!
ここ数日の暑さに、もっぱらショーツの出番が増えました。
ショーツは夏の装いを楽しむ為のアイテムの一つであり、やはり心地良く涼しく過ごせるアイテムですので
ぜひ男性の方に向けて、少しでも「試してみたいな」という気持ちが湧いてくるような、
そんな思いも込めてコーディネートしてみましたのでご覧ください。
IMG_3059
A VONTADE  Classic Chino Shorts

color        HUNTER CAMO

price        15800+tax

SIZE        S   /   M   /   L

IMG_3062
A VONTADEを代表する”Classic Chino Trousers”から踏襲されたモデル”Classic Chino Shorts”は
ラフになり過ぎないバランスのとれたシルエットと、幅広いコーディネートに対応できる汎用性に優れたショーツです。
IMG_3067
夏の単調になりがちなコーディネートにアクセントを与えてくれる迷彩柄。
好みがハッキリと分かれる柄ですが、”ダックハンター”と呼ばれる迷彩柄はミリタリーらしい一面を持ち合わせながらも
癖はありますが、明るめのトーンが柔らかな印象でコーディネートにも意外とすんなり溶け込んでくれる気がします。
フルレングスと違いショーツの場合は生地面積が少ないので、迷彩柄を取り入れ易いのもショーツならでは。
迷彩にチャレンジしてみたい方には、特にこのショーツは形が好く完成されたシルエットだからこそ
この柄をお勧めしたいとも思います。
IMG_3069

IMG_3063
Classic Chino Shortsの特徴として美しいシルエットが挙げられます。
ヒップラインにダーツを入れ立体的な曲線を作り上げる事で、バッグスタイルがすっきりと綺麗な印象を与えます。
丈は膝上になりますが短すぎず、比較的ショーツの種類の中でも真ん中に位置する様な
安心感のあるデザインとシルエットですので、照れる事無く穿いて頂けるのではと思います。
IMG_2985

IMG_2987

IMG_2995

IMG_3003
カットソーにニューバランスのスニーカーを合わせて、スポーティーなイメージで着こなすのも今の気分に合います。
バッグはリュックやメッセンジャータイプが雰囲気に合うのではないでしょうか。
僕自身、休日ちょっと出かける時はこういった格好も良くします。
これから夏休みなどで外へ出掛ける機会が増えたりもするのでは?
動き易さの中にも、自分が気に入ったアイテムを取り入れるとやはり気分も違います。
夏休みのレジャーに、この様なスタイルは如何でしょうか。
IMG_3006

IMG_3008

IMG_3049
A VONTADE  Classic Chino Shorts

color        INDIGO

price        15800+tax

SIZE        S   /   M   /   L

IMG_3051
もう1色は深みのあるインディゴを用いたタイプ。
8OZの軽めのデニムで柔らかな素材感ですが、生地にしっかりと腰があるのが特徴。
迷彩柄とは大きく印象が異なり、よりシンプルにスッキリとしたバランスで穿いて頂けると思います。
IMG_3054

IMG_3056
ライトオンスのデニムは通気性にも優れているので、夏場の暑い時期には最適な素材。
少しずつ色落ちを楽しみながら穿くというのも醍醐味の1つですし、夏らしいマリンをイメージしたスタイリング
ボーダーTシャツにサンダルを合わせて、何てことない合わせですがいざ着てみると、
この「普通」な感じも、やっぱり良かったりもします。
IMG_3022

IMG_3031

IMG_3033

IMG_3037
半袖シャツに革靴のコーディネート。
リラックスした雰囲気というよりも、何処か上品さがあってカジュアルになり過ぎないショーツスタイルをイメージしました。
こういった合わせも”Classic Chino Shorts”ならではの、ふり幅があるからこそ成せる
コーディネートだと思いますので、気分や気候、場面に応じて使い分けて穿いて頂きたいです。
IMG_3039

IMG_3040
僕自身も数年前まではショーツに抵抗があり、夏でもフルレングスのパンツのみで過ごしていました。
何となく頭の中で「子供っぽさ」が出るのが嫌で穿くのをためらっていましたが
一度穿いてしまえばそういった事は、全く気にならなくなりました。
穿けるようになった分、夏の装いの幅は格段に広がりましたし一番のメリットは夏を涼しく
快適に過ごす事が出来ます。
まだ夏はこれからが本番です。ショーツを穿いて夏の装いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

rasiku sasaki

7月26日

じっとしていても汗がにじむ、蒸し蒸しとした暑さが続いています。
梅雨明けはしたのか、していないのか、しないのか・・・。
暑い暑い~とは思っていても、この暑さも意外と短いのが北国の夏。
今のうちに、この夏を堪能しておかないと!とも思いますね。
熱中症に十分注意しつつ、盛岡だからこその夏の遊びを楽しみましょう。
IMG_2814
JUJUDHAU    INDIAN SHIRTS

color        GINGHAM

price        17000+tax

SIZE        F SOLD

IMG_2820
秋冬のデリバリーも始まっていますが、まだ夏の真ん中。
やはり湿度が高いと、リネンの洋服に手が伸びます。
着ると自然と気分も明るくなりそうな、赤と生成りのギンガムは派手すぎず、でもちょっと他には無い
特別感のある独特な色味で、夏の装いに華を添えてくれるような存在。
いつもとは気分を変えた着こなしを楽しんでみたい、という方にお勧めしたい一枚です。
IMG_2822

IMG_2833
今回初めてオーダーしたモデル、INDIAN SHIRTS
衿元のデザインや、パッチワークのような生地の繋ぎ合わせ等の要所要所に、さり気なくjujudhauらしい
エッセンスが見受けられます。着丈がそこまで長くない分、見た目はコンパクトな作りに見えるのですが
着てみると意外と身幅にも余裕があり、中に一枚インナーも挟むことが出来そうな程。
実際に見た時と着てみた時の違い、そこに感動出来たりするのもjujudhauの服の魅力ですし
洋服そのものの醍醐味の一つとも言えると思います。、
IMG_2840

IMG_2844

IMG_2857

IMG_2851
正面から見て左右に配置されたポケット。
手を入れて横に動かすと、ぐるっと腰を通り過ぎて後ろまで。
シンプルな中にもさり気なくアクセントにもなるポケットのデザイン、つい手を入れてしまいたくなりますね。
ゆったりとしたボトムやスカートがとても似合うSHIRTSです。
先ずは、店頭でお試しください。


IMG_2859
JUJUDHAU    PATCH UP DRESS

color        GINGHAM

price        26000+tax

SIZE        F SOLD

IMG_2869

IMG_2872
rasikuでは何度か展開している、こちらのPATCH UP DRESSもギンガムの生地でオーダー。
INDIAN SHIRTS同様に、同素材で継ぎはぎの様に生地を繋ぎ合わせています。
広げると贅沢な程に生地を使っていますが、不思議な事に着るとそこまでのボリュームには見えず
すとんと下へと落ちるシルエット。ですので細身な方や、小柄な方にも生地の膨らみをそこまで気にせずに
着て頂く事が出来るのではと思います。
IMG_2878

IMG_2880
裾には生地の耳を使用しています。
こうした細やかな拘りも、全く前に押し出てこない控えめな感じでそこが良いなとも思うのですが
お客様が見ていて、あっ!と気付いて頂けるととても嬉しくなって、つい、にやりとしてしまいます。
IMG_2900

IMG_2904

IMG_2886
フロントは前開きになるので、薄手のTシャツの上からさっと羽織りとして着るのも良いです。
開けていても、閉めてもどことなく様になるワンピース。
その時々で、異なる着こなしを楽しんで頂けたらなと思います。
IMG_2897
このギンガムの生地はBLOGでも何度かご紹介してきましたが、その都度
赤という色や、ギンガムチェックが苦手な方にも着易いイメージが浮かぶような着合わせを・・・
とコーディネートを考えたりしていましたが、デニムやチノ、白いパンツやスカート、ベージュ、黒。
思っていた以上に色んな種類のボトムと相性が良かったのは発見でした。
この明るすぎない柔らかな色合いだからこそ、だとは思うのですが
ぜひ気になった方には、一度お試し頂けたら嬉しいです。
rasiku  sasaki

夜営業のお知らせ

IMG_2785
明日25日(金曜日)は営業時間が12:00~21:00までとなります。
翌日26日(土曜日)はcygのイベントに参加する為、通常通り10:30~19:00までの営業となります。
皆様のご来店をお待ちしております。

7月24日

IMG_2717
SHOES LIKE POTTERY  LOW-CUT

color                WHITE          /         BLACK         

price                7500+tax

SIZE       WHT    22  /  23  /  24  /  25  /  26  /  27  /  28
           BLK    22  /  23  /  24  /  25  /  26  /  27  /  28
IMG_2720

IMG_2723
シーリングワックスに見立てたターコイズブルーのマークが特徴的なスニーカー。
最近でも、とある音楽イベントにて「このスニーカーを履かれている方を見かけて、気になって見に来ました。」
と言うようなお客様が居たり、時には県外からも遥々スニーカーを求めて来て下さる方もいたり。
少しずつでも、ここに来ればスニーカーが在る・見れるという事が浸透しつつあるのかなと嬉しく思います。
rasikuでもゆっくりじっくり丁度良いペースで販売をさせて頂いています。
今回も、欠けていたサイズが再入荷致しました。
お待ちいただいていたお客様、大変お待たせいたしました。 
WHITEの23CMだけはメーカーにも在庫が無くご用意出来ませんでしたが、それ以外のサイズは揃えています。
IMG_2737

IMG_2735
SHOES LIKE POTTERY
1873年九州は福岡県の久留米市で創業した老舗靴メーカー”ムーンスター”で生産されています。
国内でも極僅かな工場でしか生産することの出来ない”ヴァルカナイズ製法”を用いたスニーカーは
熟練した職人の手仕事によって生み出される精巧で美しい作りの良さと、何処か懐かしさを感じさせてくれる
雰囲気と佇まい。
そのどちらに偏ることなくバランスの良いデザインが今の時代にも見事にマッチして人々を魅了しています。
IMG_2731

IMG_2726
スニーカーを選ぶ条件は人によって其々だと思いますが、”SHOES LIKE POTTERY”はバランスの良さが
際立ちます。特にローテクスニーカーは見た目・耐久性・価格のバランスが難しく、何処かが良ければ
何処かを目をつぶる・・・そんな事が多い様に思います。
ですがそういった条件を十分に満たしてくれる”SHOES LIKE POTTERY”は色違いでも
揃えたくなりますし、履き潰して駄目になった時にもまた買い換えたくなる1足だと思います。

IMG_2745
SHOES LIKE POTTERY  HI-CUT

color                WHITE          /         BLACK         

price                7900+tax

SIZE       WHT    22  /  23  /  24  /  25  /  26  /  27  /  28
           BLK    22  /  23  /  24  /  25  /  26  /  27  /  28

IMG_2749

IMG_2759
カラー”BLACK”はトゥのゴム部分の色が白ではなく黒なのがポイント。
この配色により全体の印象もより引き締まって見えるので、洋服とのコーディネートもし易くなります。
“BLACK”のHI-CUTタイプはrasikuでは女性にも人気の高いカラーです。
IMG_2775

IMG_2776

IMG_2763
ソールを一周巻いた際にゴムの継ぎ目が出てしまうのをカバーする為に、側面にムーンスターのロゴの刻印が
押されています。このブルーがある意味アイコンの様な役割を果たし、機能性だけに限らず
デザインとしても一役かっています。
僕がこのスニーカーを目の前にして想う事は、誰かと被る被らない等と言う事はナンセンスな話で
誰が履いていも良い靴で、洋服との着合わせやその人自身のセンスで”差”を出すモノだと
思い提案しています。rasikuで展開している”SAINT JAMES”のボーダーのTシャツ等も同じ意味合いが
強いですが、履く人・着る人によって色が出せるアイテムだと思っています。
IMG_2773
古き良きモノと新しい感覚を繋ぎ合わせ、残していくそんな存在。
僕の中では”SHOES LIKE POTTERY”は、そんなイメージがぴったりと当てはまる気がしています。  
気になっていた方は、是非一度お試し頂ければと思います。
rasiku  sasaki

PageTOP