9月20日

IMG_6086
A VONTADE   No Collar Coach Jacket

color         DK.NAVY   

price         29800+TAX

SIZE         S   /   M   /   L SOLD

IMG_6092
光沢の無いマットな表情のナイロン素材を用いた″No Collar Coach Jacket″
素材に使用されている″割繊(かっせん)メモリタフタ″は、しっとりと吸い付くような手触りで
シワになりにくいのが特徴。光沢が無い分、表情に重みが出て存在感が際立ちます。
IMG_6095

IMG_6101
裏地には速乾性の高い鹿の子素材を使用。背面にはベンチレーションヨークを用いてる事で通気性も確保し
アウトドアブランド程は高機能ではありませんが、街着で考えれば十分過ぎるくらいのスペックを完備しています。
通常のコーチジャケットより着丈を短めにして、アウターとしてだけではなくミドルレイヤーとしても着れる設定。
袖もあえてカフスを付ける事で上品なデザインに映ります。コーチジャケットというスポーティーさを保ちつつも
それだけでは無くファッション性なども損なわずに、絶妙なさじ加減の仕上がりと言えるのではないでしょうか。
IMG_6010

IMG_6022

IMG_6026

IMG_6032
今時期にピッタリのインナータートルとのコーディネート。
首元が特徴でもあるノーカラーに対してタートルネックは好相性で見た目にも映えます。
タートルネックで言えばかちっとしたジャケットが合わせとして思い浮かびますが、あえてナイロン系で合わせるのも
意外性と機能性どちらも相まって◎です。
IMG_6036

IMG_6030

IMG_6042

IMG_6064

IMG_6074

IMG_6075
ジャケットやコートのインナーとしても着る着方もお勧めです。
着丈が短く設定されているので、ジャケット等を合わせた際にもスッキリとした見え方になります。
これから更に気温が低くなってきた時に、ジャケットのインナーに何を着るか・・・といった場合の
選択肢の1つとして着こなしの幅がぐっと広がりますし、何よりも見た目において
何処か洗練された雰囲気と表情に映ると思います。
IMG_6047

IMG_6050

IMG_6059

IMG_6062
最後はイメージが沸き易いフードとの合わせ。
より秋が深まる頃に、裏毛のスウェットパーカーとの合わせは保温性、機能性を兼ね備えた合わせで
一番使えるコーディネートかもしれません。このジャケットの最大の特徴である″ノーカラー″である事によって
フードがしっかりと主張出来るので、見た目におけるバランスの良さが際立ちます。
気温の変化に対応出来る汎用性の高さに加えて、着こなしの幅を出せる″No Collar Coach Jacket″は
派手さはないものの、ワードローブの心強い味方になってくれるのではないでしょうか。
お勧めです。是非。

rasiku    sasaki

PageTOP