11月14日

銀世界へと一変した北海道の街の様子をニュースで見た朝。
盛岡の寒さも一段階と厳しさを増した様にも感じます。
昨晩は確かに一瞬雪を見た様な・・・
アウターをお探しになるお客様が増えたのも、いよいよ冬が現実味を帯びてきたからでしょうか。
IMG_0931
A VONTADE   Wool Over Coat

color         DK.NAVY        

price         49000+TAX    

SIZE         ONE SOLD
IMG_0934
A vontadeより届いた新型のWool Over Coat はレディスのみオーダーとなります。
ゆったりとしたオーバーサイズで仕上げられたコートは、マントに袖付けをしたイメージでデザインされています。
シャツに厚みのあるスウェットを重ねた上からでも羽織れる、しなやかなウール素材。
軽いメルトン地はコート特有の重さに対するストレスも感じず、フリースの様な感覚でさらりと羽織って頂けます。
IMG_0938
フロントは比翼仕立てで、前から見た印象は極々すっきりとシンプルな作り。
身幅のゆるりとしたシルエットに対して、袖が若干細めになっている事で綺麗なバランスを保ち
アウターですが、もこもことし過ぎず着られた感の無いようなシルエットに抑えれています。
フード付きのスウェットやタートルとも好相性で、また帽子やマフラーといった小物遣いも映える様なデザインは
アウター一つで完結してしまいどこか物足りなさを感じてしまう冬の装いも、
自分なりに楽しんで演出して着る事が出来そうです。
IMG_0946

IMG_0948
バックスタイルは正面の潔いシンプルさとはまた異なる印象で、トレンチコートの様な雰囲気漂うインバーテッドベントを採用。
デザインを利かせて目を惹く作り、前後の印象の違いもとても魅力的です。
シンプルながらもどこか凛とした雰囲気を引き立てるのも、この様なさり気ないデザインが
あるかないかで決まってくるのだと思います。
IMG_0955

IMG_0959
着丈はショート丈では無いですが長すぎず、動き易さに配慮した長さです。
小柄な方が着ても恐らく長すぎるという事は無いと思いますが膝にかかるぐらいの
長さにはなるかと思います。
IMG_0962

IMG_0974
衿は通常はレギュラーカラーですが、保温性を高める場合はスタンドにして上から巻物などを
プラスすることでぐっと暖かさも増します。
吹雪きの日などは、あまり使う事が無いと思っていた仕様もその実力を大いに発揮するので
単純にデザインとしてだけではなく、機能性の元に生まれているのだと実感します。
IMG_0987
ポケットは両サイドにスラッシュポケットが付きます。
IMG_1008

IMG_1013
内側は左胸に一か所。何を忍ばせようかと妄想を掻き立てられる部分。
裏地は身頃はコットンバーバリーツイルを、そして袖にはキュプラがそれぞれ丁寧に貼られています。
すべりのいい素材はニット等を着た際にも、するりと袖を通す事ができ煩わしさが軽減されます。
IMG_1018
また袖付けはスプリットラグラン仕様になっていますので、肩の動き難さも十分に解消され
コートでありながらも、コートを着ている感が無く動けるのもとても嬉しい部分です。
IMG_1031

IMG_1036
冬のコートとしていつも考えるのは、やはり冬の厳しい寒さにも十分に耐え得るもの。
そういった目線で選ぶことが殆どですが、ウールの温かさを残しつつ綺麗な印象の在る
コートも選択肢として展開したいと考えていた所でした。
そんな時に出逢えた、このA vontadeのオーバーコート。
軽さや丈感といった面から見ても、外を沢山歩かれたりする方よりも車移動等が多く
さらりと着れて、尚且つ、程よい厚みと保温性もあり見た目にも暖かさを求める方に
お勧めできるコートだと思います。
ぜひお試しください。

rasiku  sasaki

PageTOP