11月28日

IMG_1968
TATAMIZE    DUFFLE COAT

color        ネイビー

price        71000+TAX

SIZE        S   /   M   /   L   /   XL
IMG_1973
color        キャメル

price        71000+TAX

SIZE        S   /   M   /   L   /   XL
IMG_1915
昨シーズンに引き続きTATAMIZEが作るダッフルコートも店頭に並びました。
嬉しい事に、入荷前よりお問い合わせ頂くお客様もいらして下さったこのコート。
デザイナー八重畑さんの言葉をお借りするならば、rasikuにとっても
『今年も提案する事が出来て、本当に良かった。』コートを実際に目の前にし、そんな想いでいます。
今シーズンは″ネイビー″と″キャメル″の2色展開、サイズはS~XLサイズまでフルサイズでご用意しました。
東北の厳しい寒さを肌で体感してきた方が作るコートは、格段に固さも重さも違います。
ある意味で道具に近い感覚のダッフルコート、飽きのこないデザインや作り込みの良さがあるからこそ
毎シーズン展開していきたいと思える1枚です。
IMG_1922

IMG_1926
TATAMIZEのダッフルコートの最大の特徴は生地感にあります。
ぎゅっと目の詰まった(WOOL90%・NYRON10%)の厚地のメルトンを用いる事で見た目における重厚感と
機能面で言えば保温効果・防風性を高めてくれます。生地が厚くなる分、重みは勿論ありますが
それを差し引いたとしても、この素材ならではの雰囲気の良さとコートが馴染んでいく過程は
愛着も一入ですし、格別です。感動してしまう程といっても良いと思います。
盛岡の様な冬の気候が厳しい土地であれば尚更に寒さから身を守ってくれるコートの存在は大きく、
袖を通して頂ければ洋服に対する価値観すら変え得る、そんな出逢いになってくれるはずです。

IMG_1933

IMG_1937

IMG_1934
フロントの合わせはトグル(木)に麻ロープの組み合わせ。
コート全体のバランスからすると、やや上目に3つ釦が付いているのが特徴です。
麻のロープも太く厚手のメルトン生地に負けないくらい存在感を放っています。
1つ1つのパーツの組み合わせ方で、全体の仕上がりに大きく影響してくるのは言うまでもありません。
IMG_1941

IMG_1938
首元の寒さを凌ぐ為に付けられたチンストラップ。使用しない場合は逆側に釦が付いているので収納が可能。
こういったさりげないディティールにTATAMIZEらしさを感じてしまいます。
普段、巻物をしない方はチンストラップをするだけで保温性が大きく変わってきます。コートのディティールの中では
重要視する部分の1つで収納出来るという点においては″機能美″という言葉がしっくり当てはまる気がします。
IMG_1945

IMG_1949
フード部分にも仕掛けがあります。
ダッフルコートと言えばバケツ型の大き目なフードが思い浮かびますが、そういった印象をガラリと変える作りで
パラフィン加工を施したコットン生地をフードに用いる事で見た目にも大きなアクセントになります。
そのフードは内側に折り込む事で収納が可能。襟元をショールカラーに変更出来ます。
※カラー ネイビーのフードに付くパラフィン生地はブラックになります。
IMG_1952

IMG_1954
左胸にパッチポケットと中央に小さなツールポケット、下の左右にハンドウォーマーポケットの合計4つのポケットが付きます。
IMG_1957

IMG_1958
コートに求められる条件の1つとして風を防ぐ事が挙げられます。
ダッフルコートの場合、フロントの合わせがトグルのみでちょっとした隙間から風が入ってくる事があります。
それを防ぐ為に、トグル+釦の2重の前立てにする事によって風の寒さを防ぐと共にコート自体がより身体に
フィットする事で保温効果を高める2つの役割を果たしてくれます。
ハイテクな素材や高機能なディティールとは言えませんが、そういった類のモノにも遜色のない機能ですし
洋服にきちんと意味を持たせている点では、他とは一線を画すコートだと僕自身は思っています。

IMG_1961

IMG_1965
2011年にリリースされてから4年間変わらずに作り続けられているTATAMIZEのダッフルコート。
これだけの完成度の高さの物を作り続けるという事がどれほどの事か。
と同時に、だからこそ求められ支持されているのだとも僕は思っています。
昨年はこのコートを着たTATAMIZEの八重畑さんと盛岡の街を歩きました。
その姿を見て、自分も絶対買おうと思い購入し冬を過ごしました。
今シーズンも既に何度か着用しましたが、今時期は足元にスニーカーを合わせて着合わせを考えます。
雪が降って根雪になってしまえば、そういった合わせは外では中々出来なくなるので、
この時期ならではのダッフルコートの楽しみ方です。
毎年冬が来る度に、出して着てはいいなぁと思えるコートが在って、冬を待ち構える事が出来るのは
とても心強い味方の様にも感じますし、気持ち、冬の寒さを楽しめるとも思っています。
入荷から既に出てしまったサイズもありますが、大きいサイズは残っていますので、
気になった方は週末のご来店をお待ちしております。
本格的な冬がやって来る前に、そろそろしっかり冬支度を始めませんか。

rasiku  sasaki

PageTOP