12月7日

IMG_2559
STYLE CRAFT WARDROBE  COAT♯14

color      H.B.CHARCOAL

price      62000+TAX 

SIZE         /      /    SOLD
IMG_2568
昨日に引き続きSTYLE CRAFT WARDROBEのコートをもう1型ご紹介します。
COAT♯14はシンプルなハーフコートの様なイメージで作成されていて、ON/OFFを問わない汎用性の高さと
STYLE CRAFT WARDROBEらしいどしっとした打ち込みの良い素材感は、着る程に馴染んでいく
その過程をイメージするのも楽しみな程に、素晴らしい仕上がりになっていると思います。
肩の力はどこかすっと抜けている雰囲気がありつつも、上質な素材ときちんと仕立てられた洋服には
存在感がありますし、着ると身も心も引き締まる・・・そんな印象を抱きます。
IMG_2574

IMG_2578
素材はWOOL75%・RINEN15%・NYRON10%を掛け合わせた、ばりっとした生地の強さを感じる
ツィードだと思います。身体にしっくりと馴染むまでには多少の時間は掛かりそうですが
そういった類のコートは、勿論ですが愛着が沸いてきますし経年変化の良さは言うまでもありません。
打ち込みの良い素材はコートに必要な条件である雨・風の侵入を防いでくれますし、保温性においても
高機能素材に負けず劣らずの暖かさを感じて頂けると思います。
IMG_2579

IMG_2585

IMG_2588

IMG_2602
フロントのボタンは全部で3つ。
ポケットは左胸の箱ポケと左右のハンドウォーマーポケットが付きます。
ラペルは折り返して着ても良いですし、写真の様にスタンドにして保温性を高める着方も◎です。
IMG_2590

IMG_2592

IMG_2597

IMG_2595
袖付けはスプリットラグランの仕様で、厚手のニット等を着込んでも動き易く見た目と機能性を重視した
作りになっています。袖裏には滑りの良いナイロン生地が張られていますので、コートを着る際の袖通りに
関してもストレスは一切ありません。
IMG_2601

IMG_2599
バックスタイルは動き易さを重視した深く切り込みの入ったセンターベントを採用。
袖は肩口はゆったりとした構造ですが、袖口にかけて強くテーパードしています。
この袖付けのバランスが″STYLE CRAFT WARDROBE″らしさでもあり、最大の魅力。
そのほかのデティールに関しては無駄の無い削ぎ落とした作りですが、その分その独特のシルエットや
素材の良さを最大限に引き出しているコートと言えます。
袖口も筒袖のシンプルな仕様ですが、袖口の裏にはリブが付いていますので袖口からの風の侵入にも
さり気なく対応している配慮などからは、やはり真摯な物作りが言わずとも伝わってきます。
IMG_2606

IMG_2607
裏地は総裏で落ち着いたブラックのナイロン生地が貼られています。
あまり畏まりすぎずにも羽織れるコートですが、この1枚で着る人の雰囲気を創り出します。
ある程度年齢を重ねるにつれて、日々装いについて深く考えるようになりました。
僕自身もまだまだ試行錯誤の中にいますが、きちんとした格好で出掛ける・人に逢うというのは
30代も過ぎればそれなりに意識しても良いのではと思ったりします。(早い分に越したことは無く)
それは仕事にせよプライベートにせよ、簡単に言ってしまうと様々な場面で人に見られる立場に在る人も
出てくる年齢だからではないかと想像しています。
洋服は自己表現でもあり基本的に自由だとも思いますが、それがカジュアルな装いであってもある程度、
対峙する相手を想う気持ちも服装に込めてみる。それだけでも相手に与える印象は随分と違うと思いますし、
装いを丁寧にする事で、それで損をする事はないと思っています。
気負わずに着れて、それでいて凛とした表情にも映るSTYLE CRAFT WARDROBEのコート。
愉しむ事以外にも、装う事の大切さを気付かせてくれる1枚になるのかもしれません。

rasiku  sasaki

PageTOP