1月12日

IMG_4210
FilMelange    UMBERTO

color        dark navy      

price        22000+tax

SIZE        3    /    4 SOLD

IMG_4223
冬のコートやジャケットに着るインナーと言えば何でしょうか?
BLOGでも色々とご提案してはいますが僕自身はやはりこの時期は一番にニットを着ます。
ですが中にはニットが肌に合わないという方もいらっしゃいますし、逆にニット以外のバリエーションとして
着られる物を探される方もいらっしゃいます。そんな時の選択肢としてお勧めしたいのが
これから春先にかけて活躍するアイテムの1つでもありますスウェット。
その中でも裏毛のタイプは保温性も高く着られる期間が長いので気温の安定しない日や、
休日を心地よくリラックスした服装で過ごしたい時、また旅行などで動き易い格好をしたい日など
様々なシュチュエーションによって使いまわしの効く万能で、重宝する一枚だと思います。
IMG_4226

IMG_4227

IMG_4243
素材にはアフリカのタンザニアで育てられたオーガニックコットンを用い、特別な番手に紡績した糸を
じっくりと吊り編み機で編みたてて出来た裏毛を贅沢に使用しています。
フィルメランジェらしい柔らかな着心地もさることながら生地にハリとコシがあり、それにプラスして
表面のシャリ感があるというのが大きな特徴でもあります。
きちんと物作りされたアイテムを身に纏っているだけで気分は高まりますし、ストレスのない幸せな着心地と
考え抜かれた絶妙なシルエットは、カットソーを得意とするブランドならではの価値を存分に感じて頂けると思います。
IMG_4233

IMG_4237
″UMBERTO″はシルエットにも大きな特徴があります。
袖付けを脇から一直線にとる事により大きく肩線が下がり、全体のシルエットに程よい落ち感が生まれます。
身幅をゆったりと着丈はすっきりとした長さに設定し、ルーズになり過ぎない絶妙なバランス感と新鮮さを
生み出すシルエットは流石の一言。新しい事に挑戦し続けているフィルメランジェらしさでもあり、
特に洋服好きの方には、今までのスウェットとは一味違ったシルエットを体感して頂きたいです。
IMG_4230

IMG_4240

IMG_4242
首元は太めのリブで高さがあり、袖は少しテンションがきつめの印象を受けます。
シンプルさが苦手は方はインナーにB.Dシャツを挟んでも良いと思いますが、僕自身も年齢を重ねるにつれて
こういった素材ありきのアイテムを、潔くすっきりと着こなす事に抵抗が無くなってきたように感じています。
個人差はあるので一概には言い切れませんが、素材の良さを最大限に活かす着こなしであったり
そのままを楽しむというのもファッションという面では大事な要素の1つになるのではないでしょうか。
IMG_4259
color        melange     

SIZE        3    /    4 SOLD
IMG_4261

IMG_4263

IMG_4264
もう一色は汎用性の高い″melange”をセレクトしました。
王道な一枚ですが、杢目がはっきりとした深みのある色合いと前述にも書いた通りシルエットの新鮮さが
目を惹きます。同じクルーネックのスウェットでもサイズ感であったり色目で幾つか違うタイプを持っておくのも
コーディネートの幅をぐっと広げてくれますし、その日の着こなしによって使い分けるというのもお勧めです。
着写で合わせたインナーダウンは、比較的取り入れ易くそれでいて保温効果もぐっと高まりますので
今時期からでも直ぐに実践出来る着こなしではないでしょうか。
IMG_4265

IMG_4266

IMG_4268

IMG_4272

IMG_4270

IMG_4271
これと言って派手さであったり、目を引くようなデザインはありませんが、ベーシックで良質なアイテム程
実際に着てみて自分の肌に触れてこそ良さがじわじわと実感できるものです。
そういった物に対する自分なりの価値観や好みが分かってくると洋服を見る、着る、選ぶ事がより
楽しくなってくる気がしています。
僕自身も今まで何気なく着ていた王道アイテムが、本当の意味で良いなと感じるようになったのは
つい最近の事です。こういったミニマムなアイテムを身に付ける日程、自分なりの「どんな風に着たいか」
というイメージを膨らませた着合わせを考える事で、洋服をより楽しく着られるようになりました。
それは、洋服に限らず自分の生き方にも通じてくるとも感じています。
なんとなくですが、今期の僕自身の服屋としてのキーワードは『楽しむ』になっている様な。
楽しみたいですし、楽しませたいですね。

そんな訳で、スウェットという王道アイテムですがぜひ自分らしく楽しんで着て頂けたら。

rasiku sasaki

PageTOP