2月26日

IMG_0462
秋の清々しい気候から冬の足音が聞こえてくる11月初旬。
仙台の定禅寺通りは黄金色に輝き、ひらひらと舞い落ちてくる落ち葉で灰色のコンクリートが
黄色に色づき始めていました。
風情を感じながらも内心はとある打ち合わせの事でいっぱい。
足早に向かった先・・・それはTATAMIZEの新アトリエ。
移転されてから伺えてなかったので、昨年に続き春の別注コートの打ち合わせも兼ねて足を運びました。
IMG_0469

IMG_0483
他のお取引先の春夏の展示会でもベージュ系のコートを色々と見て回ったのですが、
やはり秋冬以上に、春夏のコートは選択するのが難しい。
今の自分の感性も含め、この季節にこの街で自分が着たいと思うコートに巡り逢えなかった事と、
自分達も納得できる1枚をお客様に提案したいという気持ちもあり、そんな経緯もあって
今回も無理を承知でTATAMIZEの八重畑さんに相談した所、快く引き受けて頂きました。
こんな風にご相談出来、しかもアトリエで打ち合わせに伺えるという環境も中々無い事だと思いますし
自分の中のイメージを実際に八重畑さんが形にしてくれるという、夢の様な話。
とにかく感謝の気持ちと、自分の中でもしっかりと提案しようという気持ちも当然ですが高まります。
アトリエに着くと予め用意して頂いていた生地サンプルの中から、僕の頭の中にあるイメージとそれに合いそうな
生地を選び候補を絞る。最初はどれもこれも良く見えるのですが、具現化したいイメージをはっきりと
させることで徐々に候補が絞られていく。
色が抜群に良くても生地が薄かったり、生地が良くても色がイメージに合わなかったりを繰り返して
最終的に辿り着いた2つの生地サンプル。
最後は八重畑さんと僕が持っているイメージを擦り合わせながら完成した″今回の別注コート″
IMG_7299
僕の頭の中にあったイメージを整理すると・・・
1.カラーはベージュ 一言でベージュと言っても薄い色から濃い色までありますが、カーキに近い濃い色のベージュ。
 理由として着始めは少し濃く感じるかもしれませんが、着用を繰り返すうちに徐々に色がフェードしていく事を
 想定して着込んだ後に色目が薄くなり過ぎない色味。
2.1年前にも同型で綿麻素材で洗いをかけた風合いを重視のネイビーで作成して頂きましたが
 今回は洗いをかけずにバリッとした質感で、春の冷たい雨と風をしっかりと防いでくれる素材。
3.日常使い、ビジネスどちらでも着られるような汎用性の高いコートで、尚且つ春・秋共通して着られる事。

大きく分けてこの3つをクリアしてくれるコートを作製して頂きたいというお願いしたのですが、打ち合わせでは
詰め切れなかった細かい仕様の変更など、僕が想像するよりも遥かに上回る別注に相応しい素晴らしい
コートになったと思います。
IMG_7113
TATAMIZE    COAT

color        BEIGE   

price        45000+tax 

SIZE        XS   /   S   /   M   /   L
既にサイズ欠けが出ていますが2月と3月に2回に分けての納品の為
 次回は3月20日~25日頃にかけて再度全てのサイズが揃います。

※3月納品予定分も、全て予約で完売となりました。
IMG_7120

IMG_7122

IMG_7133
ベースになっているのは元々TATAMIZEでリリースされている″COAT”というモデルで、
2シーズン前にリネン素材・ブラクウォッチ柄でリリースされていました。
長すぎない着丈、衿の大きさがポイントで僕自身はチンストラップを閉めて着用した際の機能性とその見た目が
何とも言えず好みでした。肩の作りがラグランスリーブという事もあり、中に多少着込んでもストレスにならない
動き易さとそれを可能にする絶妙なパターン、バリッとした張りの強い素材で色カラーをベージュに置き換える事で
クラシックでモダン、且つオーセンティックになり過ぎない、僕がイメージするコート本来の形を具現化した1枚に仕上がったと
思っています。
IMG_7137

IMG_7174
今回用いた素材は60番手のスーピマコットンを2本撚りにし超高密度に織られたバーバリークロスを採用。
透湿性(蒸れを和らげる)を持たせる為にウレタンコーティングを施した生地は、肉厚ではないものの
しっかりと目の詰まったバリッとした質感から、雨と風を防ぐには十分な素材と言えます。
春先はインナーにニット等を着て保温性を確保し、コートで冷たい風を防げばそれだけで十分に機能的ですし
且つ持ち運びにも便利なので、気温の変化や天候が気になる旅行や出張などにもお勧めです。
IMG_7147

IMG_7154
前回までの仕様とは異なる部分も幾つかあります。
袖口の元の形はパイピングが施され丸みを帯びたデザインから直線的なパターンへとアップデートされています。
釦は経年変化が楽しめる素材で、釦が見た目のポイントになるように生地と同系色ではなく
あえて少し濃い目の色をリクエストしました。
この″COAT”自体が比翼ではなく釦が剥き出しになるタイプなので、釦も最大限活かせる作りになっています。
IMG_7165
ZIPは″WALDES”のヴィンテージライクなパーツを使用。
IMG_7188
両サイドにはアジャストテープでシルエットを変える事が出来ます。
IMG_7203
バックスタイルはサイドに入ったスリットの仕様で動きが表現されます。
IMG_7208

釦を留めた時と外した時の表情のちがい。
風を防ぐ為に、芯を入れた大きな衿とチンストラップ。
そして衿を立てない場合の、チンストの収まり方2パターン。
サイドをアジャストで少し絞ったときの横からの見え方。
風に吹かれた時、歩いた時の両サイドスリットの開きとその機能性。
言ってしまうと楽しみが無くなってしまうかもしれませんが、言わずにいられない
どれもこのコートの良さであり、全て好きな部分。
IMG_7221

IMG_7228

IMG_7239

IMG_7242

IMG_7245

IMG_7253

IMG_7258

IMG_7262

IMG_7273

IMG_7276

IMG_7277
春の冷たい風や雨からしっかりと防いでくれる、ある種″道具″の様な役割を果たしてくれるコート。
今回は未洗いの状態から素材が持っている機能性や風合いを楽しんで頂きたいという想いもありました。
着れば着る程に身体に馴染んでいく過程やハイテク素材とは一味違ったコットンならではの経年変化。
何年か後には自分だけのオリジナルの1枚になっていて欲しいという想いも込めて作製して頂きました。
僕の意見を尊重して頂きながらも、勝手な想いですが凄くTATAMIZEっぽいコートになったと
本当に勝手ながらですが、そんな事を思い、眺めています。
春の足音が近づいてきていますので、選択肢の1つとしてTATAMIZEが作るrasikuだけの″COAT”を
ぜひ店頭でご覧ください。お勧めです!

rasiku sasaki

定休日のお知らせ

IMG_7323
明日2月25日(水曜日)は、定休日となっております。
どうぞ、宜しくお願い致します。

2月23日

IMG_7094
今シーズンよりお取扱いをスタートしました″ASEEDONCLOUD”
私達も心待ちにしていました第一便が届き、毎日並ぶ洋服に触れてはどきどきと胸が高鳴る程、
その存在感は素晴らしく、洋服でありながら見ていて飽きません。
作業着の様で制服の様でもあり、けれども決して非日常的過ぎず、時にその空想の世界へと
迷いこんでしまいそうで、毎シーズン異なる表情を見せつつも揺るぎのないどれも力強く美しい洋服達。
どんな方が作っているんだろう・・・とずっと気になっていた洋服でした。
嬉しいご縁を頂き、今回展示会で初めて出逢わせて頂いたコレクションとデザイナーの玉井さん。
実際にお逢いし作品に触れて、さらに玉井さんの口から丁寧に紡がれる想像の世界が、
本当に目の前にあることを只々実感し世界観に酔いしれてしまいました。
どうにかこの時感じた想いが零れ落ちない様、身体全体で受け止めたいと想いましたが
あまりの興奮に言葉も出ず、ふわふわとした状態でいてしまったことを今鮮明に思い出し
恥ずかしく、悔しい気持ちでいます。
これから少しずつ時間をかけて、私たちなりの表現方法でASEEDONCLOUDという洋服の
魅力や面白さをお伝えし、少しでも盛岡・そして東北、また当店のBLOGを見て下さる
お客様の元へと繋がっていったら良いなと思っています。
IMG_6990
ASEEDONCLOUD   trench gown

color            ネイビー   

price            49000+tax 

SIZE            S SOLD 
IMG_7001

IMG_7013
今シーズンのテーマは“senkyousi”

宣教師でありながら、洗教師と染教師である兄弟のお話
二人は旅をしながら、出逢った人々の着古して汚れ忘れ去られてしまった服を
川で洗い、染め直し、新たな命を吹き込んでいきます。過去を赦し、未来を楽しむために。
兄は洗教師として、服が人と過ごしてきた過去に敬意を払いながら、無に帰しそして祈る。
弟は染教師として、兄の手によって真白くなった服に新たな色や柄を吹き込んでいく。
未来に祈りを込めるように。
人が忘れさっていく服の過去と未来を通して、洋服と人との付き合い方を考えていくコレクション。

IMG_7021

IMG_7024
ぎっしりと目の詰まったドビー織の生地に深いインディゴ染めを施した凛々しいガウンコート。
フロントの合わせはダブルですが、Vゾーンが深く設定されていますのでごく一般的にイメージする
″ダブル″の印象とは大きく異なる作りだと思います。
今までに触った事の無い柔道着にも似た生地の感覚と染めの力強さに震えました。
着てすぐにすっと馴染む服と言うよりは、時間をかけてこそ本当の良さに触れる事が出来る様で
誰にでも合うという服では無いのかもしれませんが、近づきたいと思う人にだけは
扉を開いてくれるような洋服にも感じます。
IMG_7029

IMG_7034
袖付けはラグランスリーブで、着るとそこまでの重さも感じず肩の可動もスムーズです。
それでも見た目はすっと見えるのは、パターンの巧さが成せる業だと。
IMG_7038
コートの魅力を物語るのは後ろからのシルエットだと思います。
トレンチコートのようにデザインされた線が美しいアンブレラカットや、動きを確保する為に背中部分と裾にかけて
2段階に分かれたあまり見る事の少ないインバーテッドベントを採用。クラシカルな見た目と動き易さの2つを併せ持った
機能美溢れる素晴らしい仕上がりです。
IMG_7057
そして裏側までもきりりと美しい。
IMG_7079

IMG_7060

IMG_7065

IMG_7070

IMG_7072
自分達の店が始まってからずっと、より深く考えるようになった人が洋服を纏うという事。
洋服が生まれ、ずっと大切に残り続ける服と消えて忘れさられていく多くの服。
今現在自分達にとっても、在りそうで無い答えを探す旅の途中に入る最中・・・
そんな人と洋服との繋がりを、「洗い染める」という方法で表現された今回のコレクションから
スタート出来たという事が、自分達にっとてもこのタイミングで良かったんだと心から思える程、
自分達も洋服を提案する者として、今一度どう在りたいかを考えるきっかけとなった様にも思います。
IMG_7103

IMG_7098

IMG_7287

IMG_7091
本日ご紹介したコートは佳い出逢いがあり旅立っていきましたが
第一便はジャケット・シャツ・ワンピース・ストール・ソックスが少量ですが入荷していますので
ぜひ実際に店頭でご覧ください。


*********************************************
ASEEDONCLOUD
アシードンクラウドというブランド名は、子どもの時に始めて創作した絵本の名前(くもにのったたね)から
由来しています。19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような、古い作業着の美しさを
生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーに、デザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを
織り交ぜてデザインされています。

2月22日

IMG_6931
SAINT JAMES   OUESSANT

color          NEIGE×GITANE   

price          10000+tax 

SIZE          T0  /  T1  /  T3  /  T4  /  T5  /  T6

IMG_6933
※color     ECRU×MARINE
IMG_6939
※color     GRIS×NEIGE
IMG_6941
※color     NEIGE×KIWI
IMG_6945
※color     NAVY×PIN
IMG_6954
※color     GITANE
IMG_6957
※color     GRIS
IMG_6962
※color     NEIGE
IMG_6965
※color     NOIR

IMG_6764
定番・ベーシック・普遍的な価値観、様々な常套句がこのカットソーには当てはめられている気がしますが
僕自身の中ではこのカットソーは、いつまでたってもずっと変わらない距離感で着られる服。
自分と洋服との好きな付き合い方の基本となる様なそんな存在です。
バスクシャツメーカーの中でも、僕は今までもそうであった様にこれからもブランドが消滅しない限り
″SAINT JAMES”を着続けると思います。
インポートの面白さや奥深さ、時に難しさを肌で感じるきっかけになったアイテムの1つに間違いありませんし
シンプルなデザインは昔から一切変わっていないのにも関わらず、毎回入荷する度に心躍る自分がいるのが
とても不思議なものです。良い意味で″インポート″らしさが消えていないアイテムだからだと思っています。
身体に添うようにであったり、決して着易いとは言い切れないこの絶妙なバランス感がインポート本来の
大きな魅力でもあり、取りつかれれてしまう理由だと僕自身は考えています。
20代の頃よりは少しは格好良く着こなせる気がしてきましたが、未だにさらっと″これ″を着こなせている
という実感はありません。自分が納得するまではきっと毎シーズン何だかんだと買い足し試行錯誤しながら
着こなしや気持ちの落としどころを探そうと思っています。

IMG_6787

IMG_6788

IMG_6790

IMG_6801

IMG_6807

IMG_6812

IMG_6817

IMG_6823

IMG_6844

IMG_6849

IMG_6860

IMG_6865
新色も少しだけですがセレクトしましたので、春の陽気に合わせた気分でカラーを選ばれるのも良いですし
今まで着ていてクタクタになった1枚を、また同じカラーで新調するも良しです。
一昔前であれば少しクタッとなったのが風合いがあって格好良いと思っていましたが、歳を重ねるにつれて
新品の状態の様なパリッとした感じが好みになってきました。どちらが良くて正解という訳でなく、
ご自身のライフスタイルや行く場所・会う人・コーディネートによって、それらをきちんと使い分けが出来れば
きっとそれがその人のスタイルとなって素敵に映るのだろうと思います。
個々其々の思う無くてはならなものの1つに″SAINT JAMES″のカットソーが、もし選ばれ加えて頂ける
のであれば、それはとても嬉しいことだなと思います。
届くたびに嬉しい気持ちと同時に、こうして当り前の様に届く事の有難さを噛みしめるカットソーです。
ぜひ、手にしてみて下さい。

rasiku sasaki

2月20日

盛岡の街から雪の姿はすっかりと消えて無くなりました。
日中の日差しからはうっすら春の気配も感じるほどです。
このまま春へ・・・というのは出来過ぎな気もしますし、油断できないなとも思うのですが
あわよくばこのままで!と心の中で願ってしまいます。
そう思うとまた寒くなったり大雪になったりするので、願わない様にしようとしても、
心揺さぶる素敵な春物が毎日届くと、ついつい、思わずにはいられないのです。
IMG_6903
そんな中TEMBEAからは、rasikuでも何度かご紹介してきたCLUB TOTEが届きました。
CLUB TOTEは習い事やジムやクラブに通う為のバッグをイメージして作られたモデル。
今シーズンより新たなサイズ”SMALL”も加わり、サイズ違いで選べるような展開となりました。
特に女性の方で元のサイズがやや大きいと感じていらした方には、SMALLですと持った時の
体型とバッグとのバランスも丁度良いと思います。
気に入った形であれば時に色違いで欲しくなったり、同じ形でサイズ違いがあればな・・・などと思う事も
無くは無い話です。使う目的によって大きさの選択が出来たり、カラーバリエーション豊富な中、迷いつつも
普段選ばないような色に挑戦出来たりする点もTEMBEAの良さだなと並べてみてしみじみ感じます。
大きさによってカラー展開が若干異なりますが、ぜひ選ぶ楽しみを感じて頂けたら。
IMG_6876
TEMBEA        CLUB TOTE

color          NATURAL×NAVY    

price          11800+tax 

SIZE          37×35.5×17

IMG_6882
※color          BEIGE×SLATE BLUE SOLD     
IMG_6904

IMG_6906

IMG_6911

IMG_6916
ハンドルとショルダーでの2WAYの仕様や外側に設けたポケットなど、シンプルな中にも使い勝手の易さが見られたり
TEMBEA特有とも言える生地の耳の使い方や、底の当て布を排し見た目に軽さを出している点など、
他のモデルとの違いをさり気なく感じさせてくれます。
またTEMBEAのプロダクト一つ一つの魅力は、用途や目的を明確にしたデザインで在る為に
実際に持ったり使ったりするイメージが自分なりにでも出来るという所。
決してその通りに使わなくとも、先ずは自分で使う姿をイメージする・考えるという所がとても
大切なことだと感じています。
IMG_6926
ノート数冊と筆箱などの文房具。
タオルと着替え、運動靴。
自分だったら何を入れるのに使おうか想像をしてみたりします。
実際にジムやお稽古事で使って下さっている方もいてくださったり・・・と、そういうお話が聞けるのも
とても嬉しいものです。マチも大き目ですので、容量も比較的しっかりとあります。
もちろん、普段使い用としてもショルダーバッグなので普段歩く方にも自転車に乗られる方にも
使い易いバッグなのではないかと思います。
IMG_6721

IMG_6728

IMG_6736

IMG_6739

IMG_6746

IMG_6751
軽めのジャケットスタイルにキャンバスのバッグ。
かちっとキメる部分と、すっと力を抜く部分。
こういったバランス感は言葉ではなかなか表現し難く、最終的には感覚の話になってしまうのですが
自分達が提案したいと思う事のひとつが、このバランスの表現だったりします。
このバランスの部分は、TEMBEAのプロダクトそのものともどこか通じる様な気がしていて
だからこそ、こんなにも惹かれるのだろうなとも思います。
IMG_6885
TEMBEA       CLUB TOTE SMALL

color          NATURAL×NAVY    

price          10800+tax 

SIZE          29.5×28.5×13.5

IMG_6891
※color         NAVY×RED SOLD
IMG_6895
※color         BEIGE×SLATE BLUE SOLD

IMG_6677

IMG_6681
新型のSMALLは、rasikuでは3色の展開となっております。
サイズは一回り程小さくはなっていますが、それでもしっかりと斜め掛け出来ます。
ショルダーの長さの調整は出来ないのですが、その分余裕をもった長さになっていますので
物の出し入れをする際にも、ストレスなくその動作が出来るは嬉しいことです。
IMG_6699

IMG_6703

IMG_6708
この他にも今シーズンの新しいPRINTシリーズや、定番のモデルなども少しずつ入荷し始め
TEMBEAコーナーも、賑やかさが増してきました。
ご近所のお店でも愉しい展示がSTARTしたり、お出掛け欲もふつふつと高まる週末。
ぜひ、中津川界隈から内丸へと足をお運びください。
お待ちしております。

rasiku sasaki

PageTOP