2月5日

IMG_5394
A VONTADE    Aviator Jacket

color          DEEP NAVY    

price          32000+tax 

SIZE          S   /   M   /   L 

IMG_5418
まだ春を感じるには早い盛岡の気候と気温ですが、少しずつ店内にも定番アイテムやジャケット・コートの類が
入荷し始め、先ずはゆっくりこれから先の装いのイメージを想像して頂けたらと思います。
A VONTADEの新型ブルゾン″Aviator Jacket″は、すっきりとした丈感とマットなナイロンの質感が特徴。
素材には″割繊メモリタフタ″という、しっとりとした質感でシワになりにくい特殊生地を用いた1枚で
如何にも″ナイロン″というチープな雰囲気というよりは、何処か洗練されていて落ち着いた印象を受けます。
この手はどちらかと言えば子供っぽく見えがちなアイテムで、僕自身もあまり手が出ぜずにいましたが
そういった印象を払しょくする素材と絶妙なフィッティングが、このブルゾンに大きく惹かれた理由です。
※割繊メモリタフタ・・・ポリエステルのマイクロファイバー(極細繊維)に熱処理加工を施し、ハリ感と微起毛による
ソフトタッチを実現した形状記憶の特殊生地になります。
IMG_5420

IMG_5427
フライトジャケットをデザインソースにA VONTADEらしいミニマムなデザインに仕上げています。
シルエットはフライトジャケットの良さを消さない程度に程よくモディファイドされており、極端に着丈が短かったり
アームホールが太かったりする事はありません。あくまでもファッション性やタウンユースで着用するという目的を
一番に考慮し、野暮ったさであったり着難さを感じないという点においても″A vontade″が
手掛けるからこその、落としどころの巧さを感じずにはいられません。
IMG_5429

IMG_5432

IMG_5458
パーツにも拘りを感じます。″WALDES社″のマットな質感のシルバーのZIPが付きます。
ボディの質感に合わせたZIPとの組み合わせは見た目の派手さはないものの、洋服好きな方には
納得のいく作り込みではないでしょうか。
IMG_5434

IMG_5438

IMG_5443
首元・袖・腰回りのリブ使いが「フライトジャケット」らしい仕様で、フロントに付く三角スナップタブも良いアクセントに映ります。
リブはクラシックな2段リフを採用し、見た目もさる事ながら風の侵入を防ぐ役割を果たしてくれます。
IMG_5466
裏地には速乾性の高い鹿の子(COTTON50%・POLYESTER50%)を採用。
脇下に菊穴を付ける事で熱がこもりにくくなります。決してハイテクな素材や高機能という訳ではありませんが
街着としての着心地であったり快適性においても色々工夫がされているのが良く見てとれます。
IMG_5404

IMG_5408

IMG_5451

IMG_5455
今まではこういったブルゾンタイプのアウターを展開してきませんでしたが、少しずつ提案していければと
思っています。個人的にも太めのボトムスを穿く機会が多いので、ブルゾンの様な着丈の短めのトップスとの相性は
良く感じましたし今までとは違った新鮮な表情にも映りました。着る着ないがはっきりと分かれる
カタチにはなりそうですが、着てみると案外良いかも・・・となるかもしれません。
ある程度の年齢を重ねた方が、お気に入りの少し色の落ちたデニムにコットンキャンバスの白いスニーカー
インナーには綺麗なカットソーを合わせて着ていたら素敵だと・・・勝手に想像してしまいます。

rasiku sasaki

PageTOP