2月16日

IMG_6265
A VONTADE    Organic Crew Zip Cardigan

color          GREY TOP

price         18000+tax

SIZE          S   /   M SOLD
IMG_6271
A VONTADEが独自のレシピで開発・改良を重ね進化し続けているしているスウェットシリーズ。
毎シーズン何型かリリースされていますが、rasikuでは初めての展開となるカーディガンタイプ。
素材にはオーガニックコットンの落ち綿を再利用し、吊り編み機でじっくりゆっくりと作製されるスウェットは
厚さは中肉でしっかりと目の詰まった適度な張り感としなやかな肌触りが特徴。
シングルライダースを連想させるクルーネックのスウェットカーディガンは、今時期はコートやアウターのインナーとして活躍しますし
暖かな気候になればジャケット感覚で着られる羽織り物として重宝するのではないでしょうか。
王道のフードやプルオーバータイプのクルーネックとは、また一味違ったコーディネートを楽しんで頂けると思います。
IMG_6273

IMG_6279

IMG_6282
この手の羽織のイメージとして真っ先に思い浮かぶのは、首元が上までくるハイネックタイプのデザインで
それを良い意味ですっきりとさせたA VONTADEらしいシンプル且つミニマムなデザイン。
首元はZIPをトップの位置まで閉めても、少し開きのあるデザインなので柄物やボーダーのTシャツを覗かせて
着るのも良いですし、あとは首の詰まっているクルーネックのTシャツが好相性に感じました。
IMG_6284

IMG_6288
ZIPは両サイドから開閉可能な″WALDES社″の艶消しのアルミタイプを採用。
両サイドから開閉が可能な事で、特にコートなどのインナーで使用した際の自由度が大きく増す事と
コーディネートした際に″軽さ″を出せる点がポイントだと思います。
両開きのZIPにしただけかもしれませんが、付属させるパーツの機能1つで善し悪し分かれるのも
洋服の面白さであり奥深さでもあると思っています。
IMG_6291
縫製に使用している″糸″は全て綿糸に拘り、フラットシーマ(4本針)と3本裏振りを其々に応じた箇所で
使い分ける工夫をしています。実際に着てしまえば殆ど分からない部分ですが、着ていてストレスに
感じなかったり着心地が良い服というのは、共通して見えない部分こそ手を抜かずきちんと作り込みが
されている事が多いです。
IMG_6300

IMG_6295
サイジングはインナーにシャツなどを着る事を想定しており、身頃はゆったりとした作りになっています。
着丈をすっきりした長さに設定しているので、全体のバランス感がとても良くインナー・アウターどちらでも
着用出来る汎用性の高さを感じさせてくれる1枚です。
IMG_6304
color       ANTIQUE NAVY

price       18000+tax

SIZE       S   /   M 

IMG_6343

IMG_6319
もう一色はネイビーを少しくすませた色目がより雰囲気を醸し出す″ANTIQUE NAVY″
何とも表現しにくい色ですが、そこに惹かれてセレクトしました。先程紹介したカラー″GREY TOP″は汎用性が高く
逆に″ANTIQUE NAVY″は1枚でコーディネートが成立する色だと感じています。
其々に良さがあり、着る人のイメージやお手持ちの洋服とのバランスで選んで頂ければと思いますが
僕自身は″GREY系″全般はフードやスウェットなどかなり充実しているので、今までに無い色目の
″ANTIQUE NAVY″に何だか惹かれてしまいます。
IMG_6323

IMG_6331

IMG_6340

IMG_6337

IMG_6338
今までのスウェットに在りそうで無かった″カタチ″で、僕自身の中では「お!」となる様な新鮮さと
「そうきたか・・・」と思わされる″A VONTADE″らしい真面目さと遊びを織り交ぜたオリジナリティ溢れる
デザインに仕上がっていると感じています。
特に首元のスッキリとした表情はここ数シーズン様々なアイテムにも取り入れられてブランドの″アイコン″の様な
イメージが定着しつつあると思います。
首元の表情は洋服を着る上でとても重要な要素の1つで、シャツであれば衿の高さであったりカットソーであれば
首の詰まり方やバインダーの細さや太さ、そういった事を色々とイメージを膨らませながら
スウェットの選択肢の1つとして″Organic Crew Zip Cardigan″を取り入れてみては如何でしょうか。

rasiku sasaki

PageTOP