2月20日

盛岡の街から雪の姿はすっかりと消えて無くなりました。
日中の日差しからはうっすら春の気配も感じるほどです。
このまま春へ・・・というのは出来過ぎな気もしますし、油断できないなとも思うのですが
あわよくばこのままで!と心の中で願ってしまいます。
そう思うとまた寒くなったり大雪になったりするので、願わない様にしようとしても、
心揺さぶる素敵な春物が毎日届くと、ついつい、思わずにはいられないのです。
IMG_6903
そんな中TEMBEAからは、rasikuでも何度かご紹介してきたCLUB TOTEが届きました。
CLUB TOTEは習い事やジムやクラブに通う為のバッグをイメージして作られたモデル。
今シーズンより新たなサイズ”SMALL”も加わり、サイズ違いで選べるような展開となりました。
特に女性の方で元のサイズがやや大きいと感じていらした方には、SMALLですと持った時の
体型とバッグとのバランスも丁度良いと思います。
気に入った形であれば時に色違いで欲しくなったり、同じ形でサイズ違いがあればな・・・などと思う事も
無くは無い話です。使う目的によって大きさの選択が出来たり、カラーバリエーション豊富な中、迷いつつも
普段選ばないような色に挑戦出来たりする点もTEMBEAの良さだなと並べてみてしみじみ感じます。
大きさによってカラー展開が若干異なりますが、ぜひ選ぶ楽しみを感じて頂けたら。
IMG_6876
TEMBEA        CLUB TOTE

color          NATURAL×NAVY    

price          11800+tax 

SIZE          37×35.5×17

IMG_6882
※color          BEIGE×SLATE BLUE SOLD     
IMG_6904

IMG_6906

IMG_6911

IMG_6916
ハンドルとショルダーでの2WAYの仕様や外側に設けたポケットなど、シンプルな中にも使い勝手の易さが見られたり
TEMBEA特有とも言える生地の耳の使い方や、底の当て布を排し見た目に軽さを出している点など、
他のモデルとの違いをさり気なく感じさせてくれます。
またTEMBEAのプロダクト一つ一つの魅力は、用途や目的を明確にしたデザインで在る為に
実際に持ったり使ったりするイメージが自分なりにでも出来るという所。
決してその通りに使わなくとも、先ずは自分で使う姿をイメージする・考えるという所がとても
大切なことだと感じています。
IMG_6926
ノート数冊と筆箱などの文房具。
タオルと着替え、運動靴。
自分だったら何を入れるのに使おうか想像をしてみたりします。
実際にジムやお稽古事で使って下さっている方もいてくださったり・・・と、そういうお話が聞けるのも
とても嬉しいものです。マチも大き目ですので、容量も比較的しっかりとあります。
もちろん、普段使い用としてもショルダーバッグなので普段歩く方にも自転車に乗られる方にも
使い易いバッグなのではないかと思います。
IMG_6721

IMG_6728

IMG_6736

IMG_6739

IMG_6746

IMG_6751
軽めのジャケットスタイルにキャンバスのバッグ。
かちっとキメる部分と、すっと力を抜く部分。
こういったバランス感は言葉ではなかなか表現し難く、最終的には感覚の話になってしまうのですが
自分達が提案したいと思う事のひとつが、このバランスの表現だったりします。
このバランスの部分は、TEMBEAのプロダクトそのものともどこか通じる様な気がしていて
だからこそ、こんなにも惹かれるのだろうなとも思います。
IMG_6885
TEMBEA       CLUB TOTE SMALL

color          NATURAL×NAVY    

price          10800+tax 

SIZE          29.5×28.5×13.5

IMG_6891
※color         NAVY×RED SOLD
IMG_6895
※color         BEIGE×SLATE BLUE SOLD

IMG_6677

IMG_6681
新型のSMALLは、rasikuでは3色の展開となっております。
サイズは一回り程小さくはなっていますが、それでもしっかりと斜め掛け出来ます。
ショルダーの長さの調整は出来ないのですが、その分余裕をもった長さになっていますので
物の出し入れをする際にも、ストレスなくその動作が出来るは嬉しいことです。
IMG_6699

IMG_6703

IMG_6708
この他にも今シーズンの新しいPRINTシリーズや、定番のモデルなども少しずつ入荷し始め
TEMBEAコーナーも、賑やかさが増してきました。
ご近所のお店でも愉しい展示がSTARTしたり、お出掛け欲もふつふつと高まる週末。
ぜひ、中津川界隈から内丸へと足をお運びください。
お待ちしております。

rasiku sasaki

PageTOP