information

IMG_8381
TRIPPEN 展

2015.3.26 thu — 3.30 mom

At  rasiku

詳細はまた後日に。

3月9日

春!!と思わずにはいられない程の良い天気に恵まれた昨日。
店内にも二回ほど、ハチがご来店。春感じましたー
そして今日は一転してどんよりな空模様、今週は天気がちょっと不安です。
春の陽気に浮かれた気持ちを、今一度引き締めて、また今週も宜しくお願いします。
尚、今週は明日・明後日と二連休となりますので、お間違い無いようお願い致します。
IMG_8284
trippen      SPACE-WAW

color        ESP-SM 

price       42000+tax

SIZE       35  /  36  /  37  /  38  /  39       
IMG_8288

IMG_8295
春夏シーズンにオーダーしたTRIPPENも店頭には全て揃いましたが、ご紹介がまだでした。
秋冬に初めて展開したKAFKAが個人的にも凄く気に入っていたので、春夏でもミドルカットのモデルを
一型はご提案したいなという気持ちがあって、オーダーを決めたモデル ″SPACE″
カラーを黒も捨てがたいと迷いましたが、春の装いに似合う足元を想像しベージュや白との合わせや
カラフルなソックス履きも良いなと思い、今回はエスプレッソブラウンを選択しました。
決して明るすぎない焦げ茶なのでほぼ通年履けますし、柔らかな色のワンピースやスカートと靴下を合わせて
足元は少しだけ締まる色を。チノパンと靴の間から杢の靴下がちらっと見える感じも良いです。
装いをイメージするだけでとてもワクワクしてしまうのは、昨日があまりにも春を感じさせる陽気だったから?

IMG_8308

IMG_8303
日本の折り紙に触発されて考案されたというデザインは、わ!なるほど。と思わせられるような
確かにユニークな形状で、特徴があります。
3枚の皮から構成されているのですが、外・内の羽部分は折り込まれる様なあまり見る事の無い
独特なカタチで、トゥの形状も少し変わっています。
この独特なデザインがTRIPPENの魅力でもあり、他には無い特別感が感じられる部分でもあります。
IMG_8297

IMG_8299
アイレットは二箇所で紐を思いきり緩めた状態でも、足を入れる際にベロが広がらないので
履き口が若干狭く感じるのですが、足がすっと全て入ってしまえば横幅自体は狭くはないです。
おそらく、甲の部分にシワも入り自分の足に馴染んでくると足入れはし易くなるのではと思いますが、
多少、足の形状によって合う・合わないがはっきりとした靴の様にも思います。
IMG_8312
Pamirという名称のソールは馬の蹄の様な形状になっており、レディスサイズのみの仕様となっています。
雨の日に濡れると若干滑りやすくなりますが、滑らかで洗練されたデザインの1つとして気に入っています。
IMG_8314
TRIPPENでは常時、故障や修理にも細かく対応可能です。
何年も前にTRIPPENを履いた事があったけど、知らなかった・・・という方も意外と多く
お客様の元に渡って終わりでは無く、その経過やアフターケアの事もお伝え出来る様な
この街のお店としての役割も担っていきたいなと改めて感じます。

IMG_8362

IMG_8328

IMG_8334

IMG_8339

IMG_8357

IMG_8359
流行の波とはおそらく無縁の靴だと思います。
ですが、TRIPPENが誕生してから約20年、その時代時代にフィットしている様にも感じます。
どの角度から見ても美しく、そして履く人を楽しませてくれる靴。
TRIPPENは男性にもぜひ履いて頂きたいですし、なかなか革靴は・・・手が出にくいと
思っていらっしゃる女性にも。決して気軽に!とはいかないかもしれませんが、
いざという場面や、きちんとした場面にも対応が出来、そして出来るだけ永く履き続けたい
という想いにはきっと応えてくれる靴だと思います。
ぜひお試しくださいね。

rasiku  sasaki

PageTOP