3月22日

春のコートを着て、どこか出掛けたい。
その想いが強まる様な、あたたかな春の陽気。それだけでしあわせな気分です。
遠方から遥々のご来店も多く、それもまた春の訪れを感じます。
ご来店頂き、ありがとうございます。
IMG_9141
KVIVIT     馬布丸衿CO

color       ダークネイビー 

price       36000+TAX

SIZE       F SOLD
IMG_9147

IMG_9157
KVIVITからも春のコートが届いています。
あたたかい!と言ってもまだまだ夕方からはぐんと冷えてしまう東北の春。
薄手でも、しっかりと高密度で風を防ぐ様な生地感のコート、もしくは程よくゆとりを持たせた
中に着込めるタイプのコートが何より今時期から4月末、ぐらいまでは着ると思います。
今回選んだコートに関しても、ぱりっとハリのある馬布を使用したスプリングコート。
KVIVITらしい大きな丸襟がポイント。個人的にこの襟でひとまずぐんと気分が高まります。
IMG_9162

IMG_9163
この丸衿、恐らく見た目の印象だと「え?可愛過ぎない?」となる方もいるはずです。
確かにインパクトもありますし、その方のキャラみたいなものもあるので、誰にでも絶対合います!
とは言えません。ですが、可愛いな・素敵だな・着てみたいな・好きだな・ときめくな
という気持ちがあれば、どうぞご試着ください。
KVIVITもhomspunも不思議なのが、この丸衿が決してどどんっと目立つ事なく、
可愛いだけではなく、きちんと大人としての可愛さを感じさせてくれるところ。
それは、衿以外の部分で特にシルエットや色味などでバランスがとれる様考えられているから。
IMG_9168

IMG_9175

IMG_9177
トップの釦はむき出しで、あとは比翼になっているので前から見た時の印象も
物凄くシンプルで、その生地の質感からもメンズライクな雰囲気すら漂います。どこかレインコートの様にも。
濃い目のネイビーがとても落ち着いた色目なので、だからこそ丸衿がアクセントとして映えます。
普段パンツスタイルが多い方にも、ベーシックなアイテムが多い方にも、もしほんの少しでも気分転換を・・・
と思うのであれば、大きく変化をせずとも単純に衿の形が変わるだけでも、雰囲気が変わります。
手持ちのアイテムとも、意外とすんなり、いえむしろばっちり合うはずです。
個人的にも太めのパンツや、紳士なパンツなどと組み合わせたいな、と。
IMG_9183

IMG_9185

IMG_9187
袖付けもセットインスリーブなので、小柄な方や細身の方以外ですと中に沢山着込むのも限度があります。
身頃などもそこまでゆったりではなく、すっきりとしたシルエットで程よくさり気なくAライン。
インナーには、やや厚みのあるカットソー一枚か、シャツに薄いカーデ、が丁度良いサイズ感です。
IMG_9191

IMG_9196

IMG_9204
見えないところの、にやにや。内側に施された丁寧なパイピングはネイビーチェックでした。
この時期のコート選びのお客様の中には、カジュアルだけではなくちょっと畏まった装いにも羽織れる
コートをお探しの方も普段と比べると、若干ですが多いです。
季節的にも・・・ですが、年に何度もある訳では無い行事の度に、上から下までトータルで揃えるのは
本当に焦りますし、大変です。いざと言う時にも対応可能なこの時期着れるコートがあれば、
ある意味、本当に心強い味方となってくれるのでは無いかなとも思いますので、
先々の事も考えつつ、そんなコートをお探しの方には、是非是非お勧めしたい一着です。
IMG_9214
color       アイボリー 

price       36000+TAX

SIZE       F SOLD

IMG_9222

IMG_9224
お色違いで選んだのは、淡くそして何とも表現し難い独特な色のアイボリー。
うっすらとグレーを帯びた不思議な色は、白ともまた違った潔さの中に上品さも含んでいます。
いっそのこと全体も、グレ-の繋がりと広がりで楽しんでみたり。
IMG_9232

IMG_9235

IMG_9236
静かにゆっくりと訪れる北国の春の様に、眠りから覚める様な柔らかな色目が一面に広がると
どこか新鮮で、わくわくと胸の高鳴りを感じさせてくれます。
装飾などの派手さは無くとも、明るい色を着るだけで、なんだか新たな世界へと踏み出してみたり
颯爽と外へと出掛けたくなります。
IMG_9240

IMG_9246
ブルーのシャツをちらりと。そしてこちらの見えないところのにやにやは、グレーチェック。
なかなか手放せなかった重いアウターを脱ぎ捨て、コートを新調するだけで春がSTARTする様な気もします。
それだけで、やる気が満ちてきたり、足取りも軽くなったり。
洋服の力をまたあらためて、感じられた今日でした。
春のコート、ぜひお探しにいらして下さい。

rasiku sasaki

PageTOP