定休日のお知らせ

IMG_4570
見えないところでパタパタとなんだか忙しなくなっていた6月。
あっという間に一年の半分が終わり、明日から7月。
素敵なお知らせも出来そうです。お楽しみに。
明日7月1日(水曜日)は定休日となっております。
どうぞ、宜しくお願い致します。

6月30日

IMG_4554
JUJUDHAU   DOUBLE BUTTON SHIRTS 

color        LINEN COTTON BLACK 

price       16000+tax

size        F SOLD

IMG_4548
color        LINEN COTTON BLUE 

price       16000+tax

size        F SOLD

IMG_4480
jujudhauより幾つかのアイテムが入荷致しました。
ネパールで起きた地震により、生地を織る工場の全壊であったり、唯一の国際空港の閉鎖・・・など
生産再開は難しいとすらされていた中で、この度仕事が再開に至ったという知らせを頂きました。
ほっとした気持ちと嬉しい気持ちと、まだまだ以前の様にとはいかない環境と、いつ何があっても
おかしくない状況でありながらも、なんとか洋服を届けようと動いて下さっている方々の事を思うと、
本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。
一日も早くネパールで暮らす方々の元に、落ち着いた日々の生活が戻る事を願います。
ゆっくりですが、私達に出来る事と言えば引き続き皆様へお楽しみ頂けるように、jujudhauの洋服を
ご案内する事と思いますので、ぜひ店頭で見て手に触れてみて頂けたらと思います。
IMG_4483
rasikuでも何度か展開していました″DOUBLE BUTTON SHIRTS″
広げると肩から脇下まで一直線に繋がるT字型のシャツは、着ると印象が変わります。
ゆったりたっぷりとした身頃の広さも、着丈の短さもあって意外と気にならずコンパクトにまとまります。
IMG_4490
首元の開きは広すぎず、詰まり過ぎずで丁度良い。
IMG_4491

IMG_4494
美しいブル-の生地に二列に並ぶ白いボタンが気持ちいい程ぱっと映えますね。
こちらの生地は以前メンズでご紹介したシャツと同様の生地を用いていますが
店頭に並ぶシャツに目を留めるのは女性の方が多かったのです。
気持ちも晴れやかにしてくれるような鮮やかな色は、それだけでも存在感があって
自然と視界に飛び込んできます。
IMG_4496

IMG_4498

IMG_4500

IMG_4504
シャリシャリッと肌に触れて涼しい生地は長袖ですが、夏にぴったりです。
暑かったり寒かったり、落ち着かない気候の日は薄手で羽織になる物があると安心です。
色落ちしたデニムや軍パン。白いパンツに、綺麗な色のスカート。
何を合わせようかと心弾む色と生地。
洋服が着る人の心にささやかでも力になったり、希望になったり。
そうであったら良いなと思います。
IMG_4566
JUJUDHAU   WIDE PANTS 

color        LINEN COTTON BLUE 

price       17000+tax

size        F SOLD

IMG_4557
color        LINEN COTTON BLACK 

price       17000+tax

size        F SOLD

IMG_4511

IMG_4517

IMG_4526
同様の生地でWIDE PANTSも届いています。
ただただ涼しくて快適。ウエストもゴムの仕様ですが紐も付くのできゅっと調節が可能。
そして楽なだけでは無く、自然に寄せられるギャザーが魅せる表情で合ったり
横から見たシルエットであったりが、シンプルな中にも絶妙に計算された姿かたちで
どこか大胆さもあり、リラックスした感じだけではなく、凛とした雰囲気も漂わせます。
IMG_4527

IMG_4531
独特な縦のシルエット・・・好みです。
写真の様に短いトップスの合わせだけでなく、ワンピースなどと組み合わせても良く合います。
裾がややきゅっと細くなっているのと、足首が見えるやや短めの丈なので、
重ね着をしても、そこまで重苦しく見えません。
あとは、足元で変化を加えるとより印象も変わってきますね。
IMG_4539

IMG_4534

IMG_4537

IMG_4544
意外とこういった類のイージーパンツですとポケットが無かったりもするので、ポケットも沢山で嬉しい。
季節ごとに様々な生地展開の中から、これ!と思う物を選ぶのですが、
毎回届いてから、改めて良いなぁと実感するjujudhauの洋服。
着ていく過程で、生地がより身体に馴染んでくるのも楽しみのひとつですし、
何よりも、力まずに着て動いたり生活できるというのが一番の良さかもしれません。
そんなjujudhauの洋服、ぜひ一度袖を通してみて下さいね。

rasiku  sasaki

6月28日

IMG_4436
TATAMIZE   MOUNTAIN HAT 

color        INDIGO 

price       8000+tax

size        F SOLD
IMG_4445
color        ECRU SOLD
IMG_4440
color        DENIM SOLD
IMG_4447

IMG_4450

IMG_4456
TATAMIZEから今季新作のMOUTAIN HATが入荷してきました。
4枚剥ぎで構成されるクセのないシルエットは展示会で見た時に一目惚れをし、これなら自分も被れるかも
と思いオーダーをしました。
僕自身HATが似合わないと思い込んで、今まで被る機会が無かったのですが、こうして気に入って被れる
アイテムが増えると着こなしの幅までもがぐっと広がります。
なので最近は気に入って″WORK CAP″と併用するかたちで良く被っています。
実際にHATを被ってみて思った事は、夏の暑い日差しを殆どシャットアウトしてくれるので何よりも機能的です。
これには本当にビックリしました。想像では分かり切った事も体現すると感動すら覚えます。
時期的にもアウトドアで使用する際にも良さそうですし、僕自身は普段使いと庭の草むしりの際にも
被ろうと思っています。真面目なのにちょっとふざけた見た目も良し◎
ブランドロゴなどは一切入っていませんし素材もコットン100%なので、如何にもアウトドアブランド!!という
のが苦手な方や、スタイルを重要視する方にはとてもお勧めです。
IMG_4410

IMG_4415

IMG_4420

IMG_4458
TATAMIZE   WORK CAP 

color        INK         /         NAVY 

price       6000+TAX

size        S  /  M              S  /  M

IMG_4460
color        OFF×INDIGO         /         OFF WHITE 

price       6500+TAX

size        S  /  M                      S  /  M

IMG_4462
color        SEERSUCKER         /         INDIGO SUCKER 

price       6500+TAX

size        S  /  M                      S  /  M
IMG_4463
color        SAX OX         /         DENIM 

price       6500+TAX

size        S  /  M                  S  /  M

IMG_4465
color        INDIGO(別注) 

price       6500+TAX

size        S  /  M                     

IMG_4467
僕がTATAMIZEというブランドを知るキッカケになった″WORK CAP″
帽子というジャンルの垣根を無くしてしまうくらい自由気ままで、ある意味型にはまらない
ジャンルレスなアイテムです。手にした方のリピート率が高いのもなんだか頷けます。
今回は″MOUTAIN HAT″で使用されていた″INDIGO″の生地が、程良い厚みと固さがあって
僕好みだったので、その生地で別注という形で特別に製作して頂きました。
イメージしていた以上に素晴らしい仕上がりになりましたので、最初は多少の色落ちもあると思いますが
ガシガシと洗濯を繰り返して頂ければと思っています。
最近はSサイズを女性の方が購入されるケースが増えてきてとても嬉しいです。多少マニアックな?というか
不思議なカタチではありますが一度被るとクセになると思いますので、気になる方は是非一度
正解を求めずに、お試しを頂ければと思います。
既に店内で展開をしていますが、別注を含め現在は9色程ご用意しております。
IMG_4469

IMG_4471

IMG_4421

IMG_4423

IMG_4428

IMG_4430
帽子はサイズもそうですが、好みがはっきりとするアイテムですので、誰にでも似合うという訳ではありません。
ですがぴたっと合うモノや、被り慣れてくると、それがその人のアイコンにもなるケースが多々あります。
僕自身もTATAMIZEの″WORK CAP″を被っていない時は「珍しいですね」とお客様から良く言われます(笑)
それくらい僕もほぼ毎日と言って良い程良く被っていますので、被り方は幾らでも説明できます。
先ずは一度挑戦してみてください。
rasikuにとっても、僕にとっても今や無くてはならない存在です。

rasiku sasaki

6月27日

IMG_4400
FilMelange   WILBER

color        forest green  

price       12000+tax

size        3   /   4 SOLD

IMG_4368
FilMelangeから新型のTシャツを2型ご紹介致します。
大き目のポケットとゆったりとしたボックス型のシルエットが特徴の″WILBER″
アフリカのタンザニアで育てられたオーガニックコットンを特別な番手に紡績した糸と世界各国のオーガニックコットンをブレンドして
作られた生地は柔らかくもしっかりとしたコシがあります。今までのFilMelangeのイメージであった
″マシュマロの様な肌触りに身体を包込む様な・・・″を良い意味で裏切る、ガシッ!とした生地感が特徴です。
僕らの世代で言えば″GOODWEAR″などが近いイメージにあたると思いますが、あそこまでゴワゴワした感じで
あったりストレスになるような着心地では全くりませんのでご安心を(笑)
IMG_4372

IMG_4374
身幅が程よくゆったりとしていて、肩線の位置も身頃に対して直線的に付いています。
ドロップショルダーまではいきませんが、これによりTシャツに程良い落ち感が生まれます。
昔は身頃に関してはあまり意識をしていませんでしたが、歳を重ねるにつれて身体と服との間に
ある程度のゆとりや空間のある洋服に惹かれるようになってきました。
勿論、洋服なので気分もあると思いますが、動いても無理のないバランスの洋服というのは着ていて
心地が良いですし、FilMelangeの洋服は気付くとついつい手が伸びてしまう魅力が沢山詰まっています。
IMG_4376
首元はしっかりと詰まったクルーネック。今の気分にピッタリではないでしょうか。
IMG_4378
ポケットはFilMelangeらしい遊び心でリップストップの生地が張り付けられています。
ボディに用いられている″forest green″との組み合わせも、この際どい感じに惹かれます。  
IMG_4381

IMG_4380
コーディネートに関しては、デニムとの相性は抜群に良いです。足元に真っ白なスニーカーを合わせましたが
BIRKENSTOCKのサンダルなども自然とイメージが湧いてきます。
Tシャツ自体が、がしっとした生地感なので男臭い雰囲気のアイテムはぴたっとはまりますね。
さらっと、ショーツでも勿論良いと思いますが。
KHAKI以外のパンツであれば、すっと馴染むと思いますので是非お試し頂ければと思います。
IMG_4404
FilMelange   ANEALE

color        ozone white × blue 

price       13000+tax

size        3   /   4 SOLD
IMG_4402
color        ozone white × black

size        3   /   4 SOLD

IMG_4387
続いて、夏に相応しい清涼感を感じるピッチの太いボーダーTシャツ″ANEALE”
太ボーダーTシャツはレディースで幾つかのブランドからリリースされているので展開してきましたが
メンズでは初めての展開となります。つるっとした滑らかな肌触りは、エジプト綿の高級素材
″GIZA45″を贅沢に使用。
化学肥料や殺虫剤・除草剤を一切使用せずに、手摘みで丁寧に摘み取られコットンを紡績して
作られた天竺素材は、光沢ある見た目の美しさとストレスを一切感じさせない肌触りを実現させています。
これからの季節は着こなしがどうしてもシンプルになりがちです。インパクトのあるTシャツがあるとそれ1枚だけで
十分にサマになるので、マンネリしがちが夏のスタイルにとって心強い味方になるのではないでしょうか。

IMG_4390
首回りはヴィンテージのTシャツに見られるバインダーを使用し型崩れを防止する役割を果たしてくれています。

IMG_4393

IMG_4394

IMG_4395
ステッチワークも特徴の1つ。
首元・肩口・袖口・裾の各所に2本針の白いステッチは古き良きアメリカを意識したディティールの1つで、
太いボーダーのピッチに負けないくらいの存在感があります。
IMG_4396
どちらのTシャツもFilMelangeらしさが光る、素材使いやディテールに拘りつつも、一方で今までと違った
アプローチとしてカットソーに新鮮な風を纏わせた洋服は、ブランドの進化を感じさせてくれました。
夏の季節は特に、洋服が直接肌に触れる機会が多いだけに、見た目と着心地の両方を妥協することなく
バランス良く物作りするカットソーブランドは希少な存在と言えると思います。
袖を通して頂ければその違いを実感して頂けると思いますし、どちらも間違いなく夏の主役になる
Tシャツですので、お勧めです。ぜひ。

rasiku sasaki

6月25日

散々着てきてるし、持っている・・・と思っていても、
結局のところ手にしてしまうのです。そして、着るのです。ボーダーを。
毎日の生活の中で、気付けば手にしていて当たり前の様にそれを着て生活する。
それを着ると落ち着く、自然な自分でいられる。
そういったものが所謂スタンダードなものなんだと思います。
DAILY WARDROBE INDUSTRYが手掛ける洋服はそのブランド名にもある様に
まさに”日々の服”
本日ご紹介するアイテムも、きっとついつい手が伸びるはずですよ。
IMG_4363
バスクシャツといえば幾つかの老舗メーカーが思い浮かぶと思いますが、その中のひとつとして
知る人も多い、”Le minor”は1936年、フランス・ブルターニュ地方で誕生。
海軍への配給をおこなうなどの実績もある、信頼の高いフランスの老舗メーカー。
IMG_4335
Le minor by DAILY WARDROBE INDUSTRY   TUNIC

color       WHITE×MARINE

price       14000+TAX

Size        XS   /   S

IMG_4342
color       WHITE×BLUE

Size        XS   /   S 
IMG_4347
color       WHITE×YELLOW

Size        XS   /   S
IMG_4269

IMG_4279

IMG_4283
rasikuでは初めての展開となる、DAILY WARDLOBE INDUSTRYとLe minorのWネーム企画アイテム。
Le minorとのWネームアイテムは既に定番として毎シーズンリリースされていますが、このTUNICに関しては、
今回が初めて製作され、よくあるバスクシャツと比べても、身幅のゆったり具合であったり、肩の落ち感、
首の開き方など、女性の方がより着易いシルエットであったりデザインを考慮して作成されています。

IMG_4292

IMG_4294

IMG_4287

IMG_4290
よくあるバスクシャツ程、生地も厚すぎずで、個人的に夏場でも比較的半袖よりも七分袖や長袖を
着るのですが、直接地肌に日差しを受けるよりも袖物を着ている方が涼しい気もします。
シャリっとした生地感は、汗をかいてもジャブジャブ気兼ねなく洗えますし、着用を重ねる程
次第に生地がくたっと馴染んできた頃に、一番この手のアイテムの良さを実感します。
またシルエットも見頃に余裕がある分、身体からふわっと離れて涼しく感じます。
季節が進めばその余裕の分、中にシャツなど挟むことも出来ますし、
長い季節に渡って、着方に変化を交えながら着続けられる良さもあります。
IMG_4296

IMG_4300
スタンダードなアイテムなので、着方に関しては誰がどう着てもボーダーはボーダー!だと思いますし
こう着なきゃというのも無いのですが、”何を″合わせるかでその人の意図だったりが伝わるのは、
スタンダードなアイテムの醍醐味かもしれません。
自分達もボーダーを着る日は、これ!というテーマがあってそこをとことん追求するか、
はたまた、朝起きてから何を着ようか考えてしまい何も思い浮かばなかった時・・・
のどちらかです(笑)
ぜひ、その時のシチュエーションに応じてボーダーの着こなしを楽しんで頂けたらなと思います。

IMG_4357
Le minor by DAILY WARDROBE INDUSTRY   ONE PIECE

color       WHITE×MARINE  

price       20000+TAX

Size        XS   /   S
IMG_4353
color       WHITE×BLUE

Size        XS   /   S  
IMG_4360
color       WHITE×YELLOW  

Size        XS   /   S
IMG_4303

IMG_4308

IMG_4314
同素材のワンピースタイプも同カラーで。
WHITE×BLUEの配色も、BLUEが水色に近い青なので着ていても爽やかで気持ちの良い色。
綺麗な色目は、からっと晴れた暑い夏の日に映えます。
モデル身長166cmで丈は膝よりやや上。
生地には洗いがかかっているので、バスクシャツにありがちなサイズの収縮は無くその点は
サイズ選びもし易く、嬉しいところ。
ただし、やや透けがあるのでワンピースとして一枚で着るにはインナー用のショーツやワンピースの
着用が必要になるかと思います。
IMG_4316

IMG_4321
ワンピースという女性ならではのアイテムに、レギンスなどでも勿論合いますし良いですが
OLIVEのちょっと土臭いイージーパンツを合わせてみたり。
足元もサンダルの王道のビルケン。改めて、普遍的なアイテムが好きだなと感じたり。
じわじわ~と奥底の方から、良いなと思う物達。
IMG_4324
ワンピースにはポケットも。
IMG_4328

IMG_4333
夏を彩る爽やかなボーダーアイテム。
持ってない色。形。ブランドによっても特徴があって着た時の見え方も違えば
着心地も全くちがう。
その中で自分の好きを知るのも一つの楽しみ方ですし、より好きを見つける為に
また今日もボーダーを手に取ってしまうのかもしれません。

rasiku  sasaki

PageTOP