7月9日

IMG_4886
veritecoeur  VC-1103 ノーカラー Aラインコート

color       IND NAVY  

price       23000+TAX

SIZE       F SOLD
IMG_4889
color       IND BLUE
IMG_4797
薄手で軽い羽織り物。
こんなに良く晴れた日に、暑いのではないかと思う方もいるかもしれませんが
今回rasikuでは、この手の羽織を幾つかオーダーしています。
盛岡で過ごす夏は今年で4回目。今までの夏を振り返ると、なんだか毎年印象が違うのです。
夕方を過ぎると、急に風が強くなってぶるっとしたり。
日中と朝・晩の温度差が意外とあったりして、服選びがちょっと難しい。
カーディガンなどもあると良いですが、もう少し違う着こなしが出来る様なもの。
そんな事をぐるぐる考えていて、行き着いたのが薄手のコート。
きっと無くても過ごせるけれど、あるとぐんと着こなしの幅が広がる。
そんな事を思い、夏の装いも楽しめて且つ気温差だったり、日差し対策だったりにも
対応してくれるコートは、きっと沢山着るなぁと思ったのです。
IMG_4804

IMG_4811
veritecoeurから届いたノーカラーのAラインコート。
腰にかかるぐらいの着丈で、身に纏ってもふわっとさらっと軽やか。
むしむしと暑い日には、ノースリーブのチュニックやワンピースのタンクトップの上にばさりと。
少し肌寒い日には、カットソーやシャツ、もしくは薄手のワンピースの上へ重ねて重ねて。
ボトムも選ばずで、汎用性の高さは抜群。
IMG_4817

IMG_4820

IMG_4839
ノーカラーなので、首元がすっきりとしていて長袖でも見た目に暑苦しさを感じさせません。
首の日焼けが気になる方は、さらっと巻物をプラスしても良いですね。
カーディガンのイメージで、フロントの釦を留めたり開けたりでの変化も楽しんで頂けます。
IMG_4822
袖付けはドルマンスリーブで、その手のインナーを合わせても身頃でもたつく事もありませんし、
程良いゆとりがあり、生地と体の隙間に風も一緒に誘い込む様に涼しく。
IMG_4832

IMG_4837

IMG_4834
バックスタイルも、センターベントになっていて動きにも広がりを持たせてくれます。
あくまでも薄手のコート。ジャケット程の畏まった堅苦しさもなく、気楽に羽織れて様になる。
本当に一枚あると、その出番の多さにきっと驚くのでは。
と、密かに思っています。

IMG_4900
veritecoeur  VC-1104  丸衿コートOP

color       IND NVY   

price       30000+TAX

SIZE       F SOLD

IMG_4896
color       IND CHK SOLD
IMG_4842

IMG_4845

IMG_4850
もう一型は、同じ素材を用いたコートワンピース。
個人的にはワンピースで着るにはもう少し丈が欲しい所ですが、インに薄手のスカートやインナーキュロットなどを
重ねたりして裾をちらりと見せて着るのも良いなと妄想が膨らみます。
コートとしても十分な存在感があり、それでいて着丈もある程度の長さ。
それでも決して暑苦しい印象を感じさせないのは、やはり素材感が重要なんだと感じます。
するすると流れる様な落ち感に、動きに合わせて揺れる軽やかさ。
IMG_4853

IMG_4856
フロントの釦は上から5つは表に見える仕様ですが、それより下は比翼になっていて
全部留める事で、丸衿のワンピース姿に。
このコートのポイントでもある丸衿。
どうしても心擽られる可愛さに、あえてメンズライクなパンツやスニーカーを合わせて着たい。
IMG_4860

IMG_4862

IMG_4864

IMG_4865

IMG_4868
可愛さだけでは無く、ちゃんとコートとして羽織った時の姿であったり全体的な見え方、
釦を留める時、ポケットに手を入れた時、歩いた時。そんな瞬間まで見据えたかの様な
わくわくする細かなディテールも、veritecoeurらしさだと思います。
IMG_4869

IMG_4871

IMG_4878

IMG_4879
中に着る物の工夫次第では、秋のはじまりぐらいまでは着れるアイテムだと思います。
気分的には目に留まりにくい袖のある薄手の羽織達。
店内でゆらゆらと涼しげに並んでいます。
ご来店の際に、目に留めて頂けたら嬉しいです。

rasiku  sasaki

PageTOP