8月18日

IMG_6250
COMMONO reproducts   Stand Shirt       

color        Olive     

price        8500+tax              

SIZE        c1  /  c2  /  c3 
IMG_6258
前回に引き続きCOMMONO reproductsのワーカーズラインのシャツを2型紹介させて頂きます。
襟元はスタンドカラー、左右にパッチポケットが付いたワークシャツのディティールの中にどこか抜け感を
感じさせるStand Shirt。日常使いに適したアイテムを中心とした品揃えのワーカーズラインは
デイリーに毎日でも着たくなるようなしっかりとした縫製・シンプルさに加え価格も魅力の1つです。
今回選んだカラー″olive”は秋の装いをイメージした際に、渋めのカラーリングがコーディネート全体を
引き締めてくれると思います。男らしいシャツという表現が当てはまりそうな1枚に仕上がっています。
IMG_6262

IMG_6263
襟型はやや高めに設定されたスタンドカラー。
すっきりとした首元の表情が印象的で、スタンドカラーを僕自身がここ最近良く着るようになったので
目に留まるシャツがあれば今後も引き続き提案していきたいアイテムの1つです。見た目がややクラシックな
印象になるのと、ジャケットのインナーとして着てみると意外と使い勝手が良かったりします。
レギュラーカラー、ボタンダウン等、ある程度シャツのバリエーションをお持ちの方にはスタンドカラーはお勧めです。
以前はスタンドカラーを殆ど着た事がありませんでしが、歳を重ねるにつれて段々しっくりと馴染んで
きたように思います。
IMG_6275

IMG_6272

IMG_6267
全体的なシルエットとしては程良く身頃がゆったりとした作りで、着丈はタックアウトして着るとバランスが取り易い
長さに設定されています。特別にこれが良いとか薀蓄が詰まっているシャツという訳ではなく
このバランス感と雰囲気を楽しんで貰えたらという想いと、バッグや靴、ボトムスとのバランスをあれこれ考えて
着るのが楽しみな1枚だと思っています。
IMG_6282
COMMONO reproducts   Workers Shirt       

color        Chambray     

price        8500+tax              

SIZE        c1  /  c2  /  c3 
IMG_6286
もう一型は衿元はレギュラーカラー、薄くフェードしたブルーが良い感じに映る″Chambray”を選びました。
僕の中では洋服の基本となる白とブルーのシャツは、絶対に欠かす事の出来ない存在です。
3本針などを使った所謂″ワークシャツ″とも違った匂いの感じるシャンブレーシャツは新鮮に見えましたし
生地は薄手ですがある程度の張り感もあるので、綺麗にも着こなせそうですしチノや軍パンと合わせて
気負わずラフに着れるワークシャツとしての役割も十分に果たしてくれる幅を出せる1枚になると思います。
IMG_6288

IMG_6289

IMG_6291
軍パンにシャンブレーシャツの合わせは外す事の出来ないスタイルの1つ。
ボトムスにグレーのスラックスを穿いて綺麗なバランスにも着る事が出来ますし汎用性の高さで言えば
申し分のない1枚になると思います。
IMG_6295

IMG_6297

IMG_6294
素材の質・縫製技術・パターン・価格、全てのパフォーマンスが高く誰が見ても良いと思える洋服。
価格は安く設定されているけれども、コストパフォーマンスに優れ良品とされている商品も世の中には
沢山あります。COMMONO reproductsのワーカーズラインの洋服は後者にあたるイメージがあります。
フラットな目線で見て単純に良いと思えるものがラインナップに多く存在し、値段の高い安いやブランドバリュー
洋服にはありがちな作り込み等・・・の理由だけでの判断材料では図れない良さがあると感じています。
頭でっかちにならずにさらっとシンプルに軽快に着て頂きたい、どちらもお勧めのシャツです。
rasiku sasaki

PageTOP