9月5日

季節のはじまりは、先ずはここから!と決めていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?
毎シーズン、ひとつの国ひとつの時代をテーマとし、世界を旅し続けるMARCOMONDE。
旅先で出逢うハプニング様に靴下を楽しんでもらいたいというコンセプトの元生まれる靴下は、
毎シーズン、ユニークで美しくて、可愛いくて楽しい。そんな靴下を今季もたっぷりとご用意いたしました。

″GERMANY″
IMG_7384
MARCOMONDE   SC15A-010                 

price           2600+tax 

SIZE           1(LADY’S)  /  3(MEN’S)
IMG_7385
MARCOMONDE   SC15A-011                 

price           2800+tax 

SIZE           1 

IMG_7388
MARCOMONDE   SC15A-009                 

price           2600+tax 

SIZE           1 
IMG_7390
MARCOMONDE   SC15A-012                 

price           2800+tax 

SIZE           1 

IMG_7391
MARCOMONDE   SS15A-003                 

price           2400+tax 

SIZE           1 

IMG_7392
MARCOMONDE   SC15A-008                 

price           2600+tax 

SIZE           1 

IMG_7394
MARCOMONDE   SC15A-013                 

price           2800+tax 

SIZE           1(LADY’S)  /  3(MEN’S)

IMG_7395
MARCOMONDE   SC15A-005                

price           2400+tax 

SIZE           1 

IMG_7396
MARCOMONDE   SS15A-006                

price           2400+tax 

SIZE           1 

IMG_7401
MARCOMONDE   SC15A-016               

price           2600+tax 

SIZE           2(UNISEX)

IMG_7399
MARCOMONDE   SH15A-014               

price           3200+tax 

SIZE           1(LADY’S)  /  3(MEN’S) 

IMG_7398
MARCOMONDE   SH15A-015               

price           4200+tax 

SIZE           1(LADY’S)  /  3(MEN’S)

IMG_7404

IMG_7409

IMG_7417
″ドイツ″がテーマという事もあって、展示会へと伺う前からわくわくしておりました。

アイボリー、ベージュ、オリーブ、グレー、ネイビー・・・といった渋さ感じる落ち着いた色目。
そして美術と建築の総合的な学校としても知られるバウハウスのデザインや、幾何学模様、
抽象絵画の創始者とされるカンディンスキー。とある美術館の外観、ポストカード、ハーブ・・・など
といったものからインスピレーションを得て落とし込まれたドイツを表現したデザイン。

rasikuに並ぶTrippenやBIRKENSTOCKなどもドイツ生まれ。これは合わない訳が無いとも思い、
早速組合わせています。柔らかで温かみのある生地感もこれからの季節に重宝します。
何より上記にあげた色目は、いつだって好きな色ですし、ついつい選んでしまいます。
その中でもミリタリーをイメージしたという2トーンの配色はどの色も好みですし、釦とテープの付いたハイソックスも
デザインと色目そしてハイソックスという点で心が決まり、メンズ・レディスで展開中です。
IMG_7426

IMG_7428

IMG_7432
レッド、オレンジ、イエローといった色も、洋服との合わせを考えた時に、これからの季節は特に欲します。
黒やチャコールグレーといった色の服が多くなったりした時に、あると楽しいです。
その物だけで見るよりも、靴とボトムの間からちらりと覗く姿をぜひ想像して頂きたい。
今季、どれも心擽られるラインナップですのでお見逃しなく。

rasiku sasaki

PageTOP