9月8日

IMG_7586
COMMONO reproducts   Frill One Piece       

color        White     

price        28000+tax              

SIZE        c0 SOLD 
IMG_7592

IMG_7597
今シーズンよりrasikuでご覧頂けることになった″COMMONO eproducts″
前回blogにてご紹介させて頂いたメンズに続き、レディスもはじめてのご紹介を。
「はじめて」のことは何にしても緊張します。ただ、それ以上に期待も楽しみも膨らみます。
お客様はどんな反応をされるだろうか、どんな方が手に触れて下さるのだろうか、
そして私達はどの様にして店内でこの洋服を輝かせてあげようか。
COMMONO reproductsの洋服は、rasikuにとっても今までに無かった洋服の広がりを
与えてくれると同時に、これから先にどういう自分で在りたいかを想像したり、夢見たり、
もっと自由に自分らしい装いの楽しみ方を、自分達もそしてお客様にも感じて頂ける、
そんな洋服の様に思っています。
ぜひ、今シーズンより一緒にお楽しみ頂けたら嬉しいです。
IMG_7602

IMG_7607
フロントに大胆にフリルがあしらわれたワンピースは、見ているだけでも不思議とドキドキさせられます。
生地は綿100%のタイプライター。薄手ながらにしっかりと張りがあり、個人的にもこの素材は
気持ちが引き締まる様なそんなイメージを持っていて、着ると清々しい気持ちになります。
そんな生地に、ひらりと並ぶフリルは可愛らしくもありますがそれ以上にきりっとして見えます。
IMG_7615
首元はやや詰まったスタンドカラーでクラシックな雰囲気を漂わせますし、ワンピースの上にジャケットやコートなどを
羽織った時の首元の見え方も、とても綺麗に映ると思います。
IMG_7617

IMG_7618
フリルの真ん中に小さな愛らしい釦が並びます。
釦ホールは丁度生地が重なり厚みのある部分にあるので、初めは釦を留める際に若干の留め難さを
感じられるかもしれませんが、何度か着られると慣れて頂けると思います。
何より、釦の付け方を見れば留めやすいよう釦の足がしっかりと長めに付いていたりと、
かゆいところに手が届くでは無いですが、細やかで丁寧な作りを感じ取れます。
IMG_7621

IMG_7623

IMG_7626
フリルだけに目をやると、どこか仰々しさを感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが全体のデティールは、その″大袈裟に感じられる″部分を上手くカジュアルダウンさせるような
肩のドロップであったり、ウエストラインの切替、また左右に付いたポケットであったりと
決して日常的な装いから大きくかけ離れる事が無い塩梅で其々デザインに落とし込まれているのです。
IMG_7640

IMG_7641
身頃はタイト過ぎず、でも着るとすっきりとした綺麗なシルエット。
薄手の生地なので微かに透けて、涼しげな印象です。カーディガンやジャケットなど羽織り物と
合わせても嵩張りませんし、今時期はカジュアルにベストを羽織りデニム合わせ・・・というのも
この短い秋の洋服がとっても楽しい時期の着こなしとしてお勧めです。

IMG_7648
color        Indigo     

price        29000+tax              

SIZE        c0 SOLD
IMG_7651

IMG_7654
色と生地が変わって、こちらはINDIGOに染色された糸を用い、高密度に織られたツイル地。
落ち着いた深みのあるシャンブレーは涼しくなってきた今時期の気分にも、ぴったりと合います。
黒いパンツや黒い靴を合わせると全体的にマニッシュな印象ですが、胸元のフリルが程よくぴりりとした
甘さを加えてくれるのです。
こうしてblogを書いていると、想いがつたわるのか・・・嬉しい出逢いがあってこちらは既に完売です。
IMG_7659

IMG_7661

IMG_7663
フリルの両端は色が濃くなっていて、そのちょっとしたグラデショーンも良いアクセントになっています。
きっと、ぴたっと似合う方もいるとは思います。ですが、こういった洋服は似合うか合わないか
という部分以前に、着てみたいと思うかどうか、着た自分を想像出来るかどうかな気がします。
有難い事に、結局は自分がどうしたいかだよね!という考えで、着る事を素直に楽しんで下さる
お客様を含む、素敵な方々と関わらせて頂いてるお陰で、自分達も洋服を選ぶ視点が伸び伸びと
してきましたし、憧れる女性がいて下さるから、このワンピースに惹かれ選んだのかもしれません。
IMG_7667

IMG_7668

IMG_7678
COMMONO reproductsの物作りの基盤とされる「モノ」と「ヒト」との関わり方。
物作りに携わるたくさんの方々のバトンを受けて、自分達が選んだ場所から
自分達の納得のいく方法で、提案したり発信したりして健やかにお客様の生活の中へと届けていく。
それが時に喜びとなったり、活力となって頂けることを願いながら。
そういった事の繋がりと関わりをずっと大事にしたいという気持ちを、この洋服を通じて
私達自身も感じさせてもらえている様にも思います。

rasiku  sasaki

PageTOP