9月13日

IMG_8031
trippen    DEER (trippen sole)

color      BK-BK   

price      61000+tax 

SIZE      35  /  36  /  37  /  38  /  39
IMG_8026

IMG_8033
trippenから秋冬の足元を彩るブーツが入荷しています。
今シーズンオーダーをしたモデルは″DEER”と呼ばれる靴の外側に大胆にZIPが付くミドルカットブーツ。
簡単に脱着が出来る為のモノでもありますが、デザインとしての側面もあり機能美溢れる1足です。
trippenの靴は見た目の美しさもさることながら、人間工学に基づいた履き心地にも優れている点、
不具合が出た際にはドイツの自社工場にて修理可能といったアフターケアまできちんと対応する姿勢からも
シューズブランドとしての信念を感じます。
革靴なのでそれなりの値段はしますが、それ以上の付加価値と満足感を得られる1足になると思います。
盛岡の冬道を想定してソールを通常のモノではなく、凹凸が特徴の″trippen sole″に変更をして
オーダーをしています。冬に安心して・きちんと履ける革靴として自分達自身も何年も愛用しています。
IMG_8035

IMG_8039
アッパーに使用されている革は、植物タンニンでじっくりゆっくりと時間を掛けて鞣したカーフレザー。
ワックスコーティングした後シボが出るまで柔らかく揉んだ艶のあるレザーを使用しています。
履き始めから馴染みが良い革なので、時間を掛けずにすっと自分の足に馴染んでくれると思います。
ステッチダウン製法でコバが広く設定されているデザインなので、雨や雪などの条件には比較的強い革靴です。
とは言え、あまりに雨や雪に当たり過ぎれば革の状態は悪くなりますので、履いた後のお手入れも含め
大切に愛情を持って履く事が劣化を防いだり長持ちする条件ですので、決して気負いすぎずに
じっくりゆっくりと付き合って頂きたいです。
IMG_8043

IMG_8047

IMG_8049
3枚革で構成されていて、取っ手の付いたZIPは下まで綺麗に開くので脱ぎ履きがし易いです。
足首の締め付けもキツ過ぎないので、長時間履いても足首やふくらはぎへのストレスが少ないので
出張や旅先に履いて行く靴の選択肢の1つにするのにも良さそうです。
trippenの良さとして長時間歩いても疲れにくいというのは最大の魅力で、そういった革靴は、
探すと意外と少ないのではないでしょうか。

IMG_8176

IMG_8162

IMG_8170
新品の状態ですとWAXが抜けていないので光沢が目立ちますが、徐々に落ち着いてより重厚な革の質感が
楽しめると思います。新しい靴を手にすると無性に何所かに出掛けたくなるのは私だけではないはず・・・
秋の旅行にもお勧めしたい1足です。
IMG_8055

IMG_8053

IMG_8057

IMG_8058
ブーツはZIPより上の部分を折り返して履く事も出来、また違った表情を楽しむ事が出来ます。
折り返すとちょっと重なり合う部分があり、そこもデザインとしてとても自然ですしミドルブーツの恰好良い印象も、
ぽてっとして柔らかくなる様に感じます。お気に入りのタイツや靴下を覗かせて。
IMG_8191

IMG_8214

IMG_8200

IMG_8223
今シーズンは今までrasikuに並んだtrippenとも、ほんの少し視点を変えて選んだものが
並びます。とは言え、自分達が選ぶ洋服に似合う物を・・・と思って選んでいるので、
こういう靴を探していた!いう方に出逢って頂けたらなと思っています。
冬は特に雪が降って道路状況が悪いと、足元をどうしようかと悩みます。
気楽に履けるものであれば幾つか選択肢はありますがワンパターンになってしまったり。
そんな時、自分にとって特別な靴があったら。とびきり素敵な靴があったら。
それだけで、気分も良くなりますしお洒落をして出掛けてみようかなと思えます。
靴は足を守ったり全身を支える意味でも重要ですが、思っている以上に装いの中でも
大切な役割を果たしているのだと、いつも思います。
他のモデルも追ってblogにてご紹介したいと思いますので、お楽しみに。

rasiku sasaki

PageTOP