9月19日

IMG_8421
JUJUDHAU    SMALL COLLAR SHIRTS

color        BLACK DUNGAREE      

price        18500+tax

SIZE        S   /   M   /   L

IMG_8422

IMG_8429

IMG_8434
しっかりとした肉厚の生地に小さいながら存在感のある黒色の釦が並ぶ、凛々しいシャツ。
″SMALL COLLAR SHIRTS″
商品名にある通り衿が小さくワイドに設定されていて、他ではあまり見ない衿元の形状は、
着る人の想像力と欲求を駆り立てます。
全他的に主張をし過ぎない、けれど雰囲気の良さがきちんと伝わるシャツだと思います。
シルエットは身頃に余裕を持たせてリラックスしたイメージを、着丈はタックアウトで長すぎず・短すぎずの
程良い長さに設定をされています。このシャツに関しては断然タックアウトの着方が好み。
重ね着も良いですが、個人的には1枚で着た時のバランスの良さが際立つ1枚だと思っています。
ボトムスもデニム・チノ・軍パンどれに合わせても間違いありません。
IMG_8438

IMG_8439
素材はしっかりと目の詰まったコットン100%の″BLACK DUNGAREE”
ばりっとした固い生地感は、お洗濯などもあまり気を使わずにデイリーに着れる強みがあります。
色もブルーではなくブラックという点に大きく惹かれました。ブルーと比較するとより落ち着きある色目で
パーツの釦も黒に統一すること事で濃淡による色の深みが増し洗練された1枚に仕上がっていると思います。
ブルーのシャツをお持ちの方は多いと思いますが、ブラックのシャツは意外と少ないのではないでしょうか。
IMG_8442

IMG_8445
釦はお馴染みの動物の骨や角を削って作られるボーン釦を採用。
テールのカッティングは角度があって独特な曲線を描きます。
IMG_8431

IMG_8440
ずっと以前よりここに在ったかのような落ち着きを放ち、そっと静かにその存在を漂わせるシャツ。

IMG_8479
JUJUDHAU    TOOL POCKET PANTS

color        HEMP DENIM      

price        23500+tax

SIZE        FREE

IMG_8483

IMG_8485

IMG_8491
HEMP60%・COTTON40%の表面がざらりとした自然味が溢れる肉厚な生地を用いた
″TOOL POCKET PANTS″
ウエストは細くヒップからワタリにかけてゆとりを持たせていますが、膝から裾にかけて強くテーパードをした、
恐らく好みははっきりと分かれるであろう、独特なシルエットのパンツです。
両後ろポケットにツールポケットを配した、一見するとペインターパンツにも似たディティールですがそれともまた違い
jujudhauらしい、何処のでもなく何にも似ていない、異国な雰囲気を感じさせてくれるパンツ。
性別も世代も問わないデザインとシルエットですので、日常使いは勿論の事、可能な方はお仕事でも。
イメージとしては物を創り出す仕事であったり・・・飲食店の方、お花屋さん、美容師さんなどなど・・
作業中心の仕事で汚れてもあまり気にさずに穿けますし、仕事道具をポケットに入れたりと、
そんな方へお勧めしたいなと思えるパンツです。
IMG_8451

IMG_8452

IMG_8455
生地の厚さに負けない様に2本針と3本針を多用した縫製で、力強さとタフさを表現しています。
ネイビーの糸を使用しているので表側にステッチが強調されない点も◎です。
IMG_8456

IMG_8458

IMG_8462
足元は革靴で全体を引き締めるのも良いと思いますし、この手のパンツであればローテクのスニーカーとの合わせも
雰囲気があって良いと思います。少しカジュアルに見えすぎる部分もありますのでバッグや小物でレザーのアイテムを
取り入れたりしてバランスをとると良いと思います。
IMG_8466

IMG_8468
僕自身も毎シーズン手にしているJUJUDHAUの洋服ですが、とてもバランス感の良い服だと感じています。
仕事でも休日でも分け隔てなくどちらでも着たいと思える洋服で、歳を重ねるにつれてより
良いなと思う気持ちが強くなってきています。
僕は良くJUJUDHAUを匂いのある服と表現しますが、嗅覚ではなくどこか異国の雰囲気を纏っている。
という意味合いで、民族服ともまた違うのですが、生地やパターンはやはりどこか独特で面白味が在り、
それらが足し過ぎても無く引きすぎても無くで、良い塩梅で表現されていると思います。
僕自身はこういった何気ない服をさらりと男性に来て頂けたら、格好良いなぁと
そういったイメージをお持ちの方には是非袖を通しにていらして下さい。
rasiku  sasaki

PageTOP