10月1日

IMG_9191
FUJITO    O/D Zip parker

color      Mud indogo  

price      28000+TAX

SIZE      S   /   M   /   L SOLD

IMG_9195
FUJITOから楽しみにしていた商品が届きました。
毎シーズン定番アイテムとしてリリースされているFilMelange製のボディを用いたスウェットシリーズ。
程良い肉感のある生地と抜群の肌触り、極上の着心地。
ヴィンテージのディティールをFUJITOらしく踏襲したジップアップパーカー。
こちらのイベントでも特別にTシャツを作製してもらいましたが、奄美大島で伝統的に受け継がれている
泥藍染めを施した1枚は深みのある鮮やかな色合いで、人を惹きつける力強さと天然染料ならではの
柔らかさの2つの感覚を持合わせている気がします。色は濃紺の中の濃紺とでも言うのか、
ぱっと見の印象は黒に近いと思います。光の当たり方によって紺色だと感じるとても深い色合い。
ネイビーとは全く雰囲気の異なる、言葉ではなんとも表現し難く、気品のある色目です。
職人によって1つ1つ丁寧に染色をされている事が、商品からも伝わるようなオーラを纏っています。
IMG_9204

IMG_9207

IMG_9209
ボディは藍染をした事によって目が詰まり、通常のサイズ感よりややコンパクトに仕上がっています。
通常の染めていないタイプと比較すると、ふわっとした着心地というよりもが目が詰まった事によって
がしっとした伸びにくい生地感になっていると思います。その分、好みがはっきりと分かれるかもしれません。
フードは大きく存在感があって、しっかりと自立するので袖を通して頂ければ納得して頂ける
ディティールだと思います。こういった所は服好きのツボをきっちりと押さえた作りです。
IMG_9215

IMG_9216

IMG_9218

IMG_9220
脇の下はリバースィーブの仕様で、生地の編み目を変えて伸びを軽減する役割を果たしてくれます。
ヴィンテージが好きな方などにはお馴染みのディティールだと思います。
IMG_9222

IMG_9228

IMG_9230

IMG_9213
実は2年前くらいの展示会でデザイナーの藤戸さんが、とても雰囲気の良いパーカーを着ていらしたのを見て
質問をした所、サンプルでFUJITOのパーカーを藍染をしたのを着ていると言われました。その時は確か
直営店のみの販売だった様な気がします。いつかは商品化するのでは・・・と思っていた所
今季秋冬での満を持してのリリースとなりました。藍染に限らず染めの商品と言うのは味わい深くなる
メリットとデザインによってはクラシック過ぎたり、どうしてもクラフト感が強く出てしまう商品も目にする事が
多くあります。今回リリースされたFUJITOの製品はそういった事を一切感じさせない、シンプルで無駄の無い
デザインなので普段使いが出来て、経年の変化をじっくりゆっくりと楽しめる1枚になると思います。

IMG_9310
FUJITO    Thea O/D Denim

color      Mud indogo  

price      28000+TAX

SIZE      30   /   32   /   34 SOLD

IMG_9304

IMG_9312

IMG_9317

IMG_9320
FUJITOの顔とも言える505タイプのデニム″THEA”
フロントの合わせはジップアップ、腰からヒップ周りはゆったりとしたデザインで裾にかけて緩やかにテーパードする
穿きやすさと日本人体型に合わせた秀逸なシルエットが特徴の1本です。
今回はホワイトデニムを泥藍で染め上げて、見た目はブラックデニムの様な雰囲気に仕上げています。
僕自身にとっても、今までに穿いた事の無いバランス感のボトムでとても新鮮に感じます。
泥藍染めの特徴として藍染とは違い白っぽく色落ちするのではなく、ややグレーに近い色落ちをするので
インディゴデニムとはまた違った楽しみがあるのではないでしょうか。
IMG_9248

IMG_9255

IMG_9260

IMG_9285

IMG_9274

IMG_9275

IMG_9276

IMG_9281
デザイナーの藤戸さんも藍染めを担当して下さる奄美大島の金井工芸さんを訪ねて自ら染めを体験するなどして
信頼関係を深め、自分のイメージする色や仕上がりを職人さん伝え製品が出来上がってくると話されていました。
人の手を介して作られるものは何処か美しさであったり魅了する力を持っていると僕は思っています。
それら全てが良いかというとそうでは無いのですが、そこに人の想いや熱が込められたものはやはり違います。
真剣に作られた物だからこその、着ていて心の満足感であったり気分が上がったりする洋服。
沢山着たいですし、そして大事にしたくもなりますし、愛着も自然と湧くのではないでしょうか。
パーカー・デニム共に色落ちや色移りもあって気を使う事もあると思いますが
そういった事も楽しみの1つとして捉えて頂ければと思っています。
どちらも素晴らしい仕上がりです。是非。

rasiku sasaki

PageTOP