10月26日

IMG_0552
CRESCENT DOWN WORKS  SEATTLE VEST

color       CHARCOAL

price       42000+TAX

SIZE       S   /   M

IMG_0578

IMG_0556
アメリカのアウトドアブランドが軒並みアジア諸外国へと生産を移行していく中で、今も頑固な姿勢でアメリカ生産を
続けているダウンメーカー″CRESCENT DOWN WORKS″ 。
rasikuではオープンした2012年に一度展開をしていましたが、久しぶりに遊び心のあるインポートを・・・
と考えていた際に真っ先に思い浮かんだのが、アメリカ製に拘り続けるCRESCENT DOWN WORKSでした。
今回は″SEATTLE VEST″というモデルをベースに、ボディを別注色の″CHARCOAL″でオーダー。
スナップボタンも通常のシルバー・真鍮ではなく、ボディと同系色のマットな釦を付ける事で統一感のある
すっきりとした表情に仕上げています。僕が思い描いた通りのアメリカブランドらしい良い意味での
野暮ったさを残しつつもコーディネートがし易い1枚に仕上がったと思っています。
※身長178CM 体重62キロ  着用サイズM

IMG_0557

IMG_0568
表地には経年変化を楽しめるように60/40クロスを用いて、裏地にはリップストップナイロンのコンビで作製し
ちらりと覗く迷彩柄が程よくアクセントになります。
IMG_0569

IMG_0570
前回オーダーした″ITALIAN VEST″と比べると、肩のラインが削られてよりシャープな印象を受けます。
この辺りは好みが分かれる部分だと思いますが、袖を通してみて自分の好みかどうかを判断して
頂ければ良いなと思っております。
フロントのZIPが付かずにスナップ釦だけの仕様になりますので、必要最低限のディティールのみの潔さを
自分なりにどの様にコーディネートに落とし込むかを考えて、楽しんで頂けたらなと思います。
IMG_0585

IMG_0587
スナップボタンはレザーを使ってパイピング処理がされていて、強度を上げると共にモノ作りに対する姿勢を
感じる事が出来る部分でもあります。タフに着れるというのがアメリカブランドらしくて好みな点ですし
実際に僕自身もCRESCENT DOWN WORKSのダウンベストを3年近く愛用していますが、肉まんの様な
ボリュームある膨らみ、暑いぐらいの保温性、多少雑に扱ったとしても一切へこたれない感じが
着ていて本当に安心感がありますし、そういった事も含め、野暮ったい見た目にも愛着が増して
ワードローブに残り続ける理由でもあると思います。
IMG_0572

IMG_0583

IMG_0580
素材やシルエットなどを見ると所謂オーセンティックなダウンベストその物で、現代のハイテク素材と比べると機能や
見た目の洗練された雰囲気は劣りますが、着ていて飽きがきにくいのが根強い人気の理由であると
僕自身は感じています。時代背景に合わせたモノ作りも勿論好きで着ますが、それとはまた違った
古き良き文化や伝統で残り続けているモノ作りのアイテムというのは、表情であったり現地生産だからこそ
作り出せる空気感というのは袖を通すと何かしら感じて頂けるのではないでしょうか。
そういったアイテムをどう今の時代背景に合わせてコーディネートしていくのかを考えるのも洋服の醍醐味であり
楽しみだと思っています。何よりも体幹をしっかりと守り温めてくれるダウンベスト、僕自身好きだから
着るのですが、盛岡という寒さの厳しい土地だからこそ活躍する機会は多いと思っています。
改めてCRESCENT DOWN WORKS良いブランドだと感じました。お勧めです。

rasiku sasaki

PageTOP