10月31日

IMG_0792
INDIVIDUALIZED SHIRTS     STANDARD FIT   

color       Regatta Stripe Beige     /     Ecru Grund Gingham navy

price       26000+TAX

SIZE        14H  /  15  /  15H         14H  /  15  /  15H
IMG_0711
アメリカの古き良き時代のシャツ作りを今も続けているテーラーメイドファクトリー″INDIVIDUALIZED SHIRTS″
秋冬シーズンは着こなしのメインとなるニットやウール素材のベストといったアイテムに合いそうなシャツをイメージして
オーダーをしました。1つ目はワードローブには欠かす事の出来ないストライプ地。
今までもストライプ地は何度かオーダーをしてきましたが、合わせ易さや汎用性の高さを優先してピッチの細い
タイプを選んできました。今回はインナーで着用をした時の見え方にちょっとしたアクセントが欲しいと思い
数あるストライプの中でもピッチの太いタイプを選びました。今時期はニットのインナーとしてシャツを着用する機会が
増えると思いますので、柄がハッキリと見える事で着こなしのアクセントになりますし、コーディネートの幅も
ぐっと広がると思います。僕自身は冬になると紺色のシェットランドセーターやセーラーセーターを着用する頻度が
圧倒的に増えるので、それに合わせる色目をイメージした際にちらりと覗く明るい″BEIGE″も差し色
として面白いのでは・・・という想いでセレクトしました。
IMG_0720

IMG_0722
モデルは日本人体型に合わせて作られている″STANDARD FIT”を採用。
身頃に適度なゆとりがあり、イン・アウトどちらでもバランス良く着れる長さに設定をされています。
生地に用いられている″Regatta Stripe″は、適度な厚さと張りの強い生地感で洗いざらしで着ても
プレスをしっかりかけて少し緊張感を持たせて着るのも良いかと思います。
ジャケットスタイルのインナーとしても映えそうですし、洗いざらしで軍パンなどの土っぽいボトムスに合わせても
良さそうです。
見た目は綺麗な印象を受けますが、そこまで畏まらずにカジュアルに落とし込むのもお勧めです。
IMG_0712

IMG_0718

IMG_0725
″INDIVIDUALIZED SHIRTS″の代名詞とも言われる衿のロールの美しさは、ミリ単位の調整とバランスから
成り立っていて、新品の状態よりも着用を繰り返す事でより洗練された表情に変化していきます。
ブランドポリシーにもある「私たちのシャツの完成度は90%で、人が着ることで100%になる」その通りの言葉で
袖を通す事によって何か違いであったりシャツブランドならではの作りの良さを実感して頂けると思います。

IMG_0726

IMG_0729

IMG_0731

IMG_0735

IMG_0740

IMG_0743

IMG_0744
SAINT JAMESの肩釦ニットにボトムスはペインターパンツのカジュアルな合わせに、インナーに作りのしっかりとしたシャツを
1枚挟む事でラフになり過ぎずに適度なバランス感で着ることが出来ます。僕自身も肩肘張るような服装は
普段は殆どしないので、色落ちしたデニムや軍パンなど着こなしがラフに見えすぎる時や、
ちょっとだけ緊張感を出したい時にINDIVIDUALIZED SHIRTS はとても重宝します。
手軽に着れてタフであり、尚且つ縫製技術も折り紙つきなので必然的にワードローブに長く残り続ける
大切な1枚になると思います。
IMG_0753

IMG_0757

IMG_0767
もう一色の細かなギンガムチェックは白との組み合わせではなく、生成とネイビーの合わせで深みのある色合いに
惹かれました。今まではこれよりも大きな柄のギンガムチェックを展開してきましたが、1枚で着た際には
良いのですがインナーとして着用した時に柄のインパクトが強すぎてしまって合わせ難さを感じていました。
コーディネートにすっと馴染むギンガムチェックをイメージしていたので″Ecru Grund Gingham″は重ね着をした際に
名脇役としてピッタリの印象を持ちました。目を惹くような派手さであったりインパクトは殆どありませんが、
飽きずに長く付き合っていける1枚になると思っています。
IMG_0770

IMG_0778

IMG_0779
″INDIVIDUALIZED SHIRTS″はタグであったり入荷してくる時の箱が如何にもインポートらしい雰囲気で
いつも心が躍ってしまいます。洗いもかかっていない状態で納品されるので、シャツに水を通す楽しみも
ありますし洋服の醍醐味を感じられる数少ないメーカーの1つだと思っています。
クラシックなシャツメーカーなのでよっぽどない限りモデルチェンジなどはありませんが、それだけ完成されたデザイン
というのを裏付けているのではないでしょうか。何度見ても良いシャツだと実感させてくれる1枚です。
rasiku sasaki

PageTOP