info

IMG_1056
6月にrasikuにて行われた、″INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOW″
本日オーダー分のシャツが全て入荷致しました。大変お待たせいたしました。
順次ご連絡をさせて頂いておりますが、一先ずこちらでもご案内させて頂きます。
オーダー頂きましたお客様の、ご都合の良い時にご来店頂けたらと思います。

尚、8日(日曜日)は宮古サーモンハーフマラソンへ出場の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

11月5日

昨日の定休日、そして今日ととっても爽やかで気持ちの良い秋晴れ!
昨日はしっかりたっぷり休み、そしてサーモン(毎年恒例マラソン)に向けての最終調整。
練習不足は否めませんが・・まず、なんとかなる。はず。
きちんとしたお知らせはBLOGにて致しますが、8日(日曜日)はお休みとなりますので
何卒ご了承くださいませ。
IMG_0984
ASEEDONCLOUD  father’s coat

color       カーキ

price       63000+TAX

SIZE       S SOLD

IMG_0987

IMG_0996

IMG_1001
さて、何となく今時期に着て頂きたいなと思う物を選んで写真をとっていたら、
ASEEDONCLOUDが連続で登場中。
これはぜひとも袖を通してみて頂きたいと強く想うコート。
見た目は男性的な雰囲気漂いながらも、生地のしっとりと滑らかで艶やかな表情は美しく、
そしてとにかく袖を通してからの感覚が、なんとも言葉にならない感動と言うのか衝撃と言うのか。
なので、ぜひ袖を通してみて頂きたいコートなのです。
IMG_1007

IMG_1009
ダブルのトレンチコート。と聞いてイメージするのは、かちっと重厚で如何にも!な佇まいのコート。
ワードローブの中に一着は欲しいけれど中々選ぶのが難しいアイテム。自分自身もそんな印象を持っていて
トレンチコートを選ぶ時には、生地感や色などの匙加減の良さでオーダーするかどうかを決めています。
ASEEDONCLOUDのトレンチはバイオ加工を施したとろみのあるコットン生地を使用し、上品さを感じると同時に
しっとりした生地感が優しい雰囲気もあります。
″きちんとしているけれど、畏まりすぎず″
なんて我儘な要求かと思われるかもしれませんが、スーツやワンピースだけでは無く私服と組み合わせる
事を考えると、やはり普段使い出来るのが良いなと思ってしまいます。
そして、トレンチであればいざという時にはフォーマルな場面でも着れる・・・という事も思ったり。
IMG_1011

IMG_1013
やや大きめの凛とした衿。
衿元にはホックが付きます。
釦をきちっと留めて着ると程良い緊張感も一緒に纏う様でとても格好良いですし、
付属のベルトをプラスするとウエストがきゅっとしまると同時に、背中のアンブレラヨークにちょっとした
浮が出てその動きのある表情も、ただ着ているだけなのに見事な格好良さを演出してくれます。
また釦は留めずに前開きでばさっと羽織っただけでも、様になる。

IMG_1015

IMG_1031

IMG_1017

IMG_1019

IMG_1021

IMG_1023
ひとつひとつのパーツや、デザインの細やかな部分もため息が出る様な作り込み。
このコートがあれば、他はもうあれこれ足さずにシンプルなままで良いと思う程。
デザインに関しても、必要な部分と削る部分でしっかりとバランスが保たれているので
着ていて華美に見える事もありません。
内側などもしっかり背あてや袖にも配慮が在り、中に着込めるようにゆったりとしたサイズ感で
厚手のニットなどを挟んでも余裕があります。ですので厳しい真冬でも、中を暖かくして頂ければ
着て頂けると思います。
IMG_1033

IMG_1035
貫通式のポケット。二箇所。
二箇所のうち後方のポケットは、このコートの名前がfather’s coatであるところから
お父さんのコートに子どもが手を入れて手を繋いだり・いたずらをしたり出来るポケット。
寒い冬でも暖かくいられるように。
IMG_1025

IMG_1029
クラシックで伝統的なコートではありますが、どこか角がとれていて丸みを帯びていて
オリジナリティ溢れるコートに仕上がっていると思います。
ただその中にも、古き良き物を尊ぶ気持ちもしっかり込められている様にも感じますし
その口では上手く説明できないちょっとの加減が、本当にすっと自分達の今の気分とも
相まって、心奪われる一着となりました。
気になって頂けたら、嬉しいです。

rasiku sasaki

PageTOP