12月8日

IMG_3072
SAINT JAMES の冬の定番として忘れてはいけない肩ボタンセーター。
案外SAINT JAMESのニットの存在に驚かれる方も多くいらっしゃるので、少しずつ浸透して
いってもらえたら嬉しいです。rasikuにとってはこれから先も冬が来る度にご紹介したいアイテムです。
春夏だけではなく、冬にこそブランド本来の持ち味が堪能できるSAINT JAMESのセーラーセーターを
ぜひワードローブに加えて頂けたらと思います。
IMG_3005
SAINT JAMES   BINIC Ⅱ

color          MARINE × ECRU  

price          19000+tax 

SIZE          XS   
IMG_3008
なんとなく馴染みの有るナバルタイプのボーダー柄は、一枚でサマになる万能ニット。
重たくなりがちなネイビーやグレーといったカラーのコーディネートでも、白いラインがぱっと明るさを差し込みます。
手触りの良い上質なピュアウールを用いたセーターは、ちくちくせずに着られるのですが
糸自体はがっしりと太く強靭で、ボディの見た目と着心地のギャップにも驚かされます。
IMG_3013
風の侵入を防ぐ意味もある、きゅっと詰まった首元のデティールからは、漁師や船乗りたちの
作業着としての役割を果たしていたセーターとしての本来の機能を感じて頂けるのではないでしょうか。
個人的には詰まる首の形が大好きですが、好みは分かれるかもしれません。
サイズ表記はXSですが、ユニセックスのXSですのでレディスのMぐらいのサイズ感になります。
女性の方にゆったりサイズで着て頂ければ、そこまで苦しさも感じないのではと思いますし
デザインの特徴でもある肩のボタンを開けて着る事で、見た目ほど詰まった感じにならないかと。
IMG_3016
脱ぎ着にも便利な肩ボタンは、決して目立ちすぎずデザインとしてもさり気なく目を惹く部分。
IMG_3023

IMG_3025

IMG_3027

IMG_3028
裾や袖のリブもしっかりとしていて、着ていくうちにダラーンと伸びる事もありません。
IMG_3039

IMG_3036
こちらのボーダー柄の方はXSワンサイズのみ、レディスでの展開となります。
丈もやや長めなのでコンパクトに着るというよりは、ゆるっとオーバーサイズで着て頂くイメージ。
なんと言うことの無い、デニムやワイドパンツなどとサラリと合わせて頂けたら。
スカートが穿きたくなったら、ギャザーの美しい女性らしいスカートとブーツ。そしてダッフルコートを。
ベーシックなアイテムだからこそ、サイズ感やその人の着方が問われる部分でもありますが、
決して気負わずあれこれと深く考えすぎずに、困った時の頼みの綱とでも言いましょうか
これでいいや!ぐらいの気持ちで、いつものコーディネートで潔く着こなして頂きたいなと思います。

IMG_3043
SAINT JAMES   CANCALE Ⅱ

color          NAVY  

price          19000+tax 

SIZE          XS   /   S   /   M   
IMG_3048

IMG_3054

IMG_3056

IMG_3067

IMG_3057

IMG_3061
僕自身もかれこれ5年以上愛用しているセーター。
保温性とコーディネートを選ばない汎用性の高さに加え、割と雑に着てしまっているのですが殆ど毛玉が出来ないので
メンテナンス要らずな所に魅力を感じています。僕のワードローブに欠かせないニットアイテムの中にANDERSEN ANDERSENの
タートルセーター、GUERNSEY WOOLLENSのガンジーネックセーター、そしてSAINT JAMESの肩ボタンセーターのこの3つは
岩手の冬を乗り越える為に洋服と言うカテゴリーよりもどちらかというと道具に近い感覚でいつも着用しています。
3つのセーターに共通しているのはルーツや背景がしっかりとあるというもの。且つ未だに自国での生産を貫いている点も
(ANDERSEN ANDERSENは糸の質を考慮しイタリア生産)服好きには説得力があるのではないでしょうか。
SAINT JAMESはコットン素材のバスクシャツがアイコンになりがちですが、ニットのクオリティも非常に高いうえにしっかりと
インポートの雰囲気も感じて頂けると思いますので、是非店頭でご覧になってみて下さい。
素晴らしい逸品です。

rasiku sasaki

PageTOP