12月11日

朝から一日中雨。時折激しさを増しつつ、降り止まぬ様子も無く。
自分達ですらちょっとそこまでのお出掛けを躊躇してしまう程の天気だというのに
こんな足元の悪い中でも遥々来て下さったお客様、本当に有難うございます。
感謝の気持ちとともに、もうそれだけで今日は良い一日だったなと思えます。
そんな雨の音の中過ごす金曜日。明日は晴れる模様。
IMG_3275
ASEEDONCLOUD   HW trousers

color      チャコール 

price      27000+TAX 

SIZE      XS   /   S   /   M SOLD     
IMG_3280
ASEEDONCLOUDのベーシックライン ″hand werker(HW)″は、何とも言えぬ生地の良さと
ASEEDONCLOUDのアイコンとも言える作業服としての機能美を感じさせるデザインが特徴。
今までもシャツなどをご紹介してきましたが、一枚また一枚と袖を通していくと、其処彼処に色々と良さが感じられて
毎シーズン展開していきたいと思えるアイテムとの出逢いに胸が高鳴ります。
その中でも、堪らず全ての生地でオーダーした″HW trousers″
店頭では異なる生地での3色(キナリ・ブラック・チャコール)展開ですが、本日はその中でもチャコールをご紹介。
起毛をかけたコットン素材は、まるでウールの様な柔らかでふんわりとした肌触り。
コットン100%という扱い易さも在り、この時期のウールパンツの代わりに如何でしょうか?
IMG_3283

IMG_3286
写真を見ただけでは一体どんなデザインなの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
簡単に言うと、綺麗なシルエットのトラウザーの腰を覆うように取り外し可能なエプロンが付いているパンツ。
ざっくりとイメージ出来ましたでしょうか?
エプロンが付いたままの状態と外した状態。其々でちょっと雰囲気が変わるのもこのパンツの好さであり
面白さだと感じています。一見、作業着や制服の様な印象もあり、かと思えばどこか上品で
すっきりと綺麗な印象のパンツでもあったり。そんな両者を上手く引き合わせた HW trousers。
実際に穿いてみて、この生地の良さと同時にポケット・エプロンの機能性を実感しているところです。
IMG_3179

IMG_3193

IMG_3196

IMG_3204
個人的に購入し愛用しています同素材を用いた ″HW smock″と合わせてセットアップで着用。
セットアップであったりワントーンでまとめたりが個人的に今好きな着こなしでもあるのですが、
rasikuでもセットアップのアイテムを多くは無いですがセレクトしていて、提案したいスタイルでもあります。
特にASEEDONCLOUDのhand werkerラインは、ユニセックスで男性女性関係なく着ることが出来、
どちらに寄り過ぎてもいないので、男性女性どちらにも楽しんで頂けるアイテムが多く
セットアップもその一つですが、それだけに限らず洋服の面白さや遊び心を感じさせてくれる、
それでいて制服の様な一面もあるので、取り入れ方もその人によって違ってくると思います。
選んで下さった方が着る時にワクワクして頂けると嬉しいです。
IMG_3206

IMG_3210

IMG_3217
ボトムのエプロン部分は少し隠れてしまっていますが、少し着丈の長いトップスと合わせてエプロンを
ちらっと見え隠れするぐらいで着るのも良いです。
IMG_3222
短いトップスとの組み合わせ。
エプロンがアクセントとしても引き立ちますし、エプロンには前・両サイドさらにペン差しの様な小さいのまで
たくさんのポケットが付いていて、実際にちょっとした買い物に出た時などこのポケットがとにかく便利。
バッグいらずとも思える程、ポケットがその機能を存分に発揮してくれるのです。
IMG_3228

IMG_3242

IMG_3247

IMG_3251
こういったデティールは、身に付ける人の想像力次第でその機能は如何様にも広がりをみせます。
普段着としても勿論ですし、実際に制服の様に着て頂くのも嬉しいなと思っています。
IMG_3261
エプロンを外すと、膝下からやや細くテーパードした綺麗なトラウザーに変化します。
だいぶ印象が変わるのでこれはこれでどう着合わせ様かなと考えるのも楽しいです。
エプロン部分にはベルトループが付くのですが、パンツのウエスト部分にはベルトループはなく
その代り、腰の後ろにシンチバックが付くのでアジャストする事でウエストの調節が可能になります。
IMG_3272
ASEEDONCLOUDのボトム。
自分の中でも今までに無かったアイテムを取り入れると、自然と洋服に対する見方も
自由になってきた気がするのです。何か解放された気持ちもあります。
こうじゃなきゃ、というよりも先ず自分達が洋服について色んな角度から触れる事で
お客様への提案の仕方も、変わってきたのではないかなと思います。
それがとても面白いなと感じています。
ぜひ、気になる方には試してみて頂きたいパンツです。

rasiku sasaki

PageTOP