12月14日

IMG_3406
COMMONO reproducts   CREW NECK KNIT

color      MOSS GREEN          /           GRAY 

price      13000+TAX 

SIZE      C0  /  C1  /  C2  /  C3        C0  /  C1  /  C2  /  C3

IMG_3313
昨日に引き続きCOMMONO reproductsのアイテムを。
COMMONO reproductsの物作りにおいて凄く良いなと思ったのが、ただ良質なものを作るだけに
拘っている訳では無いということ。それは良質じゃない物をつくっているという事ではなく
「素材の質の良い物・値段の高いもの」だけを、″良い物″と言う訳ではないという事。を
伝えてくれるような物作りをして下さるなと感じるのです。
上手く言えないのですが、COMMONO reproductsが手掛ける″collectionライン″と″WORKERSライン″
この対極にある両者の物作りが出来るという所にも僕はブランドの奥行きを感じますし
そういった面白さをお客様にも実感して頂ければと思っています。
IMG_3321

IMG_3323
WORKERSラインから特殊繊維″ドラロン″を用いたクルーネックニット。
この繊維自体は元はドイツの″DRALON社″が開発した乾式アクリル繊維というもので
吸収速乾性に優れ、尚且つ保温性も高いという事でニット製品などに混ぜられて使用をされています。
目のしっかりと詰まった生地感とクルーネックの開き具合そして価格などを含めてバランスの良いニット。
″MOSS GREEN″は他ではあまり見ない深い色合いなのでデニムやチノ、着写の様にグレーのトラウザーとも
相性が抜群に良いです。
ミリタリーのニットなども雰囲気の良い物はありますが、サイズ感で断念せざる得ない物がほとんどなので
そういったニュアンスでグリーンのニットを探している方にもお勧めかなと思います。
シェットランドセーターやスウェットを着るような感覚でデイリーに着用をして貰えたらと思っています。
身長178CM  体重62キロ  着用サイズC3

IMG_3327
袖・裾のテンションはきつ過ぎずな設定をしており、ストレスになることはありません。
肌触りも滑らかでチクチクする質感も殆どありませんので、ニットが苦手な方にも着て頂けると思います。
何か特別なディティールがある訳ではないのですし、圧倒的な存在感がある訳でもありません。
どちらかと言えば量産されるものの持つ冷たさ、そんな空気感を纏っている感じすらありますが、
それが良さであり、この″普通″な感じをどう着こなすのかをイメージするのも醍醐味だと思っています。
物ありきではなく、取り入れ方・コーディネートのバランスの取り方で楽しめる1枚になると思います。
見るからに力や雰囲気がある洋服も好きですが、逆にこういった至ってシンプルなバランスの洋服にも惹かれます。
着るのは人なので、その人の着こなすセンスや醸し出す雰囲気、合わせるアイテムによって大きく見え方が
変わるので、自分ならどう着るのか?を考える″幅″があると思っています。
IMG_3330

IMG_3331

IMG_3362

IMG_3363

IMG_3364

IMG_3365

IMG_3373

IMG_3374

IMG_3377
上質なアイテムという訳ではないですし、これを着たからといってコーディネートがばちっと完成する
といった感じでもないのですが、ベーシックな着回しの効く1枚としてとても重宝すると思います。
店頭に並べていても決して目立つ事も無く、手に取る方の方が少ないと言っても良いくらいですが
気になる方はじっと見ていますし、そういったアイテムだからこその面白さがあると僕は思っています。
こういうアイテムは、古着などを合わせて着ていたらきっと格好良いだろうなと想像をしています。
″COMMONO reproducts WORKERS″は、昔でいう″DICKIES″や″CARHARTT”などのストア系ブランドを
どう着こなしたら良いのかと必死で考えていた10代後半から20代前半の頃の感覚と近いものがあって、
それが今の年齢になった自分の気分や好みに合うというのがなんだかとても嬉しいです。
価格ではない洋服の価値観を改めて感じさせてくれる素晴らしいプロダクトだと思っています。
その辺りに興味がある方は是非一度ご覧になってみて下さい。

rasiku sasaki

PageTOP